FC2ブログ

小さい生き方 41

 2018-09-22
猪熊弦一郎現代美術館に行ってきた。「美術館は心の病院」
というテーマの展示があった。そのパンフレットにこんなこ
とが書いてあった。猪熊はMIMOCA(この美術館の別称)
開館時に「子供たちの美術教育など、美のわかる人を作るこ
とが、本当の平和を築くことになると信じます」と述べまし
た。美しいものに共感する心は、その人の人生を豊かにしま
す・・・・
美のわかる人、と言われると、敷居が高くて、とうてい自分
にはムリだと思ってしまうかもしれない。もちろん、知識と
か技術とかが、あるにこしたことはないだろう。だが、大切
なのは「美」を生活の中に取り入れることではないだろう
か。そして、それは、人それぞれ、どんなことでも、どんな
小さなものでもいいと思う。たとえば、時々、美術館に出掛
けることでもいいし、インテリアや食器、服装にこだわるこ
とでもいい。ボランティアの清掃活動に参加することでもい
いと思う。自分が考える、美しいものや、美しい行動にたい
して、知識を深めたり、大切にしたりするということが、心
の平和と世の中の平和につながるのだと思う。
先日、テレビ番組で、歌舞伎町のネイルサロンの特集があっ
た。そこに通う客たちは、爪をアートして美しくすることだ
けが、目的ではないように感じた。客たちのほとんどは、ネ
イルアートを受けながら、悩みやグチを話すのだという。そ
うして、ひとしきり喋って、アートが完成したら、歓喜の声
をあげ、笑顔になって、颯爽と街路へ繰り出して行く。彼女
たちにとっては、外観の美だけではなくて、内面の美を維持
するためにも必要なことなのだろう。
客たちは、ネイルアート製作は、サロンのプロにまかせる
が、デザインは自分で考えている、それも美術と呼べるので
はないか。
「美術とは」をググってみた。〜美術は、視覚によってとら
えることを目的として表現された造形技術(視覚技術)の総
称〜ということだ。私はこの視覚の部分に「感覚」も加えた
い。造形の部分に「無形」も加えたい。たとえば、美しい言
葉づかいをすることや、美しい食事作法、相手を喜ばせたり
癒したり、ラクにしたりする行動など、形はなくても美しい
ことを、美術に含めたいのだ。そして、美を楽しむことや、
人にとっての「美しい」を想像して行動することのすべて
を、美術活動と定義したい。そうすることで、美術が親しみ
やすく、取っつきやすいものになる。美術にたいする敷居が
低くなって、美術活動が盛んに行われれば行なわれるほど、
だんだんと平和を築くことにつながるのではないかと思う。
それにしても、猪熊弦一郎美術館は、けっこう、にぎわって
いた。先日の、モニュメント器物損壊事件が宣伝になったの
だろうか。おかげで、美しい女性の姿もたくさん鑑賞するこ
とができた。作品よりも目の保養になったかもしれない。だ
けど、いろいろ観すぎて、私の頭も壊れたかも。5日前に観
たばかりなのに、作品は、そのモニュメントしか思い出せな
い・・・

スポンサーサイト
カテゴリ :小さい生き方 トラックバック(-) コメント(-)

小さい生き方 40

 2018-09-14
「ベジタリアン」と「ヴィーガン」の違い、ご存じでしょう
か?。ベジタリアンは、野菜しか食べない人たちのことだ
が、ヴィーガンはそれに加えて、服や靴など生活のすべて
に、動物を摂取しないという生き方だ。ネット検索で出てき
た有名人には、ポール・マッカートニーやマドンナがいた。
日本の有名人もけっこういる。最近、ヴィーガンに関する本
を読んで学んでいる。きっかけは、精進料理カフェに行った
際に、店に置いていた「地球から愛される食べ方」という本
だ。カフェのランチがとても美味しかったことも背中を押し
た。ヴィーガンを目指す、と決めているわけではないが、知
識だけでもつけておきたいと思っている。ただ、1つだけ決
めたことがある。とりあえず努力目標だが「玉子を食べな
い」ということだ。なぜか、まっさきに、ニワトリが可哀
想、と思ったからだ。そして、もう少し、想像力をふり絞っ
て考えてみたら、玉子を生産している職場の人たちは、もし
かしたら、心が苦しいのではないか。自分だったら「イヤだ
なぁ」と思ったのが、一番の理由だ。
心が穏やかでないことが、不幸を生み出し連鎖させる。児童
虐待やDVも、心の荒れ、から生じている。虐待を受けた方
も、心が荒れて、悪循環が連鎖する。特に、家庭の中に、心
の荒れがあることが、なによりも幸せを遠ざけることになる
のではないか。それが、あらゆる不幸の根源になっていると
言っても過言ではないと思う。逆に言えば、家庭の中が穏や
かな心で溢れていれば、不幸は生まれない。
どのようにすれば、心の荒れを、家庭から、世の中から、無
くしていけるだろう。夫婦の関係ではどうだろうか。私の場
合は「カタチ」から入ることにしている。例えば、心が荒れ
ていても、笑顔をつくる。料理が気に入らなくても、美味し
いと言う。部屋はキレイにして、雰囲気にこだわる。一緒に
出掛けるときは、身なりを整える。相手を呼ぶときに「さ
ん」をつける。記念日をつねにチェックして、出来る範囲で
なにかを贈る。
最初はカタチだけの行動だったとしても、それが不思議と、
だんだん本当に相手のことが、尊く思えて、大切にしようと
いう気持ちになってくる。相手を変えようとは思わないで、
生きてるだけで充分、と心に言い聞かせれば、少しづつ相手
の良いところしか考えないようになる。そうして、心が穏や
かになってくれば、カタチでしていたことも、楽しくできる
ようになってくる。
しかし、この上なく、玉子が大好物の家内に、どうすれば
「ノー玉子生活」に付き合ってもらうことが出来るだろう。
いきなり、ヴィーガンの話をしたら、間違いなく、こう言う
だろう。「ああ、そう、じゃあ、明日からあなたが料理担当
ね!そのベーコンだか何だかを作ってね、たのしみ〜。」
もしくは、こうだっ!「ああ、そう、わたしにはムリッ!、
だったら、毎日外食するしかないよっ、でも今のあなたの稼
ぎじゃあ足りないわねっ、もっと、稼いできてから言って
ね。」
う〜ん、いっそのこと、玉子が一個、百円くらいになって
ほしい・・・

カテゴリ :小さい生き方 トラックバック(-) コメント(-)

小さい生き方 39

 2018-09-07
「ポリアモリー」という女性が急増しているという。聞き
慣れない言葉だけど、私も先日、テレビで観て初めて知っ
た。ポリアモリーとは、複数の異性と交際するが、結婚は
しない、という人のことだ。NHKドキュメンタリー番組で
紹介された女性は、3人の男性と交際している。そのうちの
一人と同棲、趣味の合う男性二人とデートを重ねる、とい
うぐあいに、関係を続けている。しかも、3人の男性は、
そのことは承知の上で付き合っているという。さらに、3人
の中には、他の女性と交際している男性もいるということ
だ。だが、4人の当事者たちは、独占欲をどうやって納得さ
せ、心の整理をしているのだろう。男性は、恋人にとっ
て、ナンバーワン、かつ、オンリーワンの男でありたい、
と言ったら、若者たちに、化石あつかいされるだろうか。
いまどきの若い女性に「彼氏とうまく行ってる?」と、尋
ねたら「どの?」と、聞き返されるのかもしれない。
番組では、もう一人「結婚しない」女性が紹介されてい
た。その女性は、ポリアモリーではなく「選択的シングル
マザー」だ。場合によっては賢い選択なのかもしれない。
足手まといな夫との関係に労を取られる、というリスクが
ない。子供がつらい思いをするかもしれないリスクはある
が、夫がいることによって、子供に良くない影響を与える
リスクを考えれば、相殺されるのかもしれない。 だが、子
育てするのに、エサを運んで来るしか能のない男は、エサ
も間に合っているし、子供にとっても、リスクにしかなら
ない、ということになれば、どうやって、夫としての存在
価値を見出せばいいのだろう。男性は、結婚するために、
とてつもなく、ハイレベルな人格を求められる時代になり
つつあるのではないか。
義務教育の科目に、男子だけの授業で「夫学」(私が勝手
に作った)というのを導入してはどうだろうか。かつて、
理想の結婚相手として、高学歴、高身長、高収入の「3高」
という言葉があった。だが、今は死後になっているとい
う。3高をググってみた。結婚したい男性像のランキングに
よると、高学歴16位、高身長13位、高収入7位、という結
果だ。ちなみに、トップは「家事や育児をしてくれる
人」、2位「浮気と無縁で自分だけに優しい人」、3位
「仕事を頑張る人」、4位「会話が面白い人」だ。学力
(学校の勉強が優秀なこと)やルックス、経済力は、あま
り関係ないようだ。まあ、学校教育に夫学を取り入れるの
は無理かもしれないが、親は(特に3高世代の)、男の子
を育てるのに、学力よりも、優しさやユーモア、社会貢献
を大切にするべきなのかもしれない。父親は模範となりた
いところだ。
しかし、このまま行くと、育児アプリの方が、育児の役に
立つし、浮気もせず(できない)、優しい、そして、24時
間休まず仕事を頑張るし、会話のセンスもいい。なので、
人間の夫はいらない、ということになりかねない。近い将
来、子供に「お父さんのお名前は?」と尋ねると「育児ア
プリ◯◯2034年バージョンです。」と答えるような社会に
なるのではないか。人ごとではない、そのうち「熟年夫
アプリ」なるものも発売されるかも。
お願いだから、それだけはつくらないでほしい!。
売れそうだけど ・・・

カテゴリ :小さい生き方 トラックバック(-) コメント(-)

小さい生き方 38

 2018-08-31
先日、26になる娘(彼氏はいるがまだ独身)が遊びに来
た。お土産に「ミモレット」というチーズを買ってきてく
れた。実は私、このミモレットを、この上なく愛してい
る。ワインとこれがあれば、至極の晩餐になる。ミモレッ
トは、熟成期間が長いほど美味だ。お土産は、22ヶ月もの
で、熟成の証である、なんとも言えない濃厚な香りは、安
ワインを高級ワインと思わせるほどだった。ウキペディア
によると、熟成18ヶ月以上のものは「からすみ」にたとえ
られることも多く、日本酒との相性も良い、ということ
だ。
ふたりの娘は、それぞれ、すでに独立している。会うのは
一年に2回ぐらいだ。もう少し会いたいとは思うが、この
ぐらいが丁度いいのかもしれない。しょっ中、会いたいと
は思わない。娘との付き合い方は、放置playに近い。もう
大人だし、教えることもない。私たち夫婦の関係が良好な
らば、彼女たちはそれを見て、勝手に学ぶと思っている。
父としては、つべこべ言うより、自分の生き方で導きた
い。それよりも、逆に、彼女たちから学びたい。娘に限ら
ず、年長者は、年少者に合わせる方がいい。その方が、カ
ッコいいではないか。圧倒的余裕感を醸し出したいのだ。
そのためには年少者の生態を研究したうえで、彼らの上を
いかなければならない。まあ、えらそうなことを言うわり
には、いとも簡単にミモレットで骨抜きにされているわけ
だが・・・
以前読んだ本に、こんなことが書いてあったのを記憶して
いる。娘は、父親に似た男性で、しかも父親よりも少しだ
け、ランクが下の男性をパートナーに選ぶ。その理由は、
娘は無意識のうちに、そうやって、父親を立てているのだ
という。ということは、娘にとって、父は、結婚相手より
も上の、最高の男ということになるではないか。なんとい
う、とてつもないほどの、プレッシャーだろう。娘をもつ
父というのは、それほどまでに重要な役職なのか。「たの
む!娘たち。父を立てなくていいから、数段格上の男性を
選んでくれ!。」まあ、こんなこと実際、言えるわけもな
いし、彼女たちも、父を立てたりはしないだろうが・・・
ともかく、娘たちには素敵な男性を選んでもらいたい。そ
のためには、やはり、指標である私がランクアップした方
が、よさそうだ。だけど、どのような、カテゴリーでラン
クアップすればいいだろう。金持ちにはなれそうにない
し、何一つ、秀でるものがない。そうだ、一つだけ出来そ
うなことがあった。配偶者を喜ばせることだ。この分野で
かなり上位のランクまで登り詰めれば、ワンランク下の男
性を彼女たちが選んだとしても、幸せになってくれるかも
しれない。でも、どうやって喜ばせよう??。ああっ、そ
うかっ、配偶者が苦手なことを、私がやればいい。うちの
場合、整理整頓、掃除、段取り、記憶、マメさ、事務処
理、まだありそうだがこのぐらいにしておく。しかし、な
んと不思議なことに、けっこう私が得意なことばかりだ。
これなら楽しくできそうだ!
かくして、私の朝は、ゴシゴシと、便所掃除から始まるの
であった。


カテゴリ :小さい生き方 トラックバック(-) コメント(-)

小さい生き方 37

 2018-08-24
女優のミムラが出演していた対談番組で、彼女が、とても
興味深いことを話していた。ミムラは、フェルメールの名
画「女主人と召使」の中の、女主人を目標にしているとい
う。その絵は、召使いが女主人に手紙のようなものを渡そ
うとしている場面が描かれている。絵の中の女主人は、と
てもリラックスしていて、召使いとの親しい距離感や信頼
が、とてもうまく表現されていると、ミムラは語る。ミム
ラは、良い芝居をするために「無意識」の状態を作りたい
と考えているという。ミムラにとって「ふうっ」と脱力し
た瞬間を切り取ったような、絵の中の女主人は、無意識を
目指すための一番の目標になるということだ。
さて、私も美術鑑賞は好き(特にフェルメールは大好き)
だが、ミムラほど一つの作品に、こんなにも重要な意義を
もたせているものはない。せいぜい「美しい」とか「好
き」とかいった感想をもつ程度だ。ミムラの感性がすごい
と思うのは、ひとつの作品から感じ取ったものを、女優人
生の目標にまで進歩させているところだ。
「オタク」の私の、数少ない外出のきっかけのひとつが、
美術館だ。展覧会の情報は、TV番組、新聞、ネットのチェ
ックを欠かさない。だけど私は、ミムラのように、美術鑑
賞を人生の目的につなげているだろうか。平和主義の私
は、ただ、静かな場所を好んでいるだけなのかもしれな
い。美術品を愛する自分に酔っているのかもしれない。実
は女性にモテたいのかも(これは、確実にあると思う)。
話は変わるが、先日、災害で行方不明となっていた2歳の子
供を、ボランティアの男性が救出したというニュースがあ
った。それを観て、ボランティアの男性みたいな人になり
たいと思った。だが、現実、自分がなれるとは到底思えな
い。なる努力もしないだろう。だけど、そういう人の存在
を知っただけでも刺激になる。そして、自分が出来ること
を考えたい。人のためになることを、楽しみながら、した
い。だが、楽しみながらできることはなんだろう。
人生後半の生き方として、肩肘張らずに、楽しみながら、
美しい行動をすることを目標にしている。美術鑑賞は、美
しい行動につながるのではないか。美的センスが磨かれれ
ば、誰かに素敵なプレゼントを選ぶことができるかもしれ
ない。美術品(美しいもの)を話題にすれば、会話が明る
くなる。さりげなく、小さいことで、人を明るい気持ちに
させることが、美しい行動だと思っている。
いつも申し訳ないと思っていることがある。百貨店に行っ
た際には、必ず画廊を覗くが、買ったためしはない。とい
うか私の小遣いでは買いたくても買えない。そのうえ、店
の人の説明は、しっかり聞いて、タダ観、タダ聞き、を洒
落込んでいる。まあ、いつも空いているから、店員さんの
暇つぶしになるだろう、ということで許してもらうことに
する。そんな私も唯一、美術館に行った際にはポストカー
ドを買う。10枚買っても2千円でおつりが来る。そして、
それを100円ショップで買った額縁に入れて家に飾ってい
る。世界最貧コレクターとして、ギネスに載る日も近いだ
ろう。コレクターと呼べるかどうかは疑問だが・・・

カテゴリ :小さい生き方 トラックバック(-) コメント(-)

小さい生き方 36

 2018-08-17
「刑務所しか居場所がない人たち」著者、山本譲司。この
本は読み進むごとに関心が高まってきて、あっという間に
読み終わった。しかも、心にしばらく余韻が残るぐらい、
感動の一冊だった。刑務所というと、凶悪な殺人犯や暴力
団がたくさん居る、というイメージだが、実際には、そう
いう人たちは一握りだという。この本で、特に問題にして
いるのは、知的障害者だ。なんと、全受刑者の2割相当に
ものぼるという。内容の詳細は割愛するが、文章も子供向
けに書かれていて、とても読みやすかったところも素晴ら
しい。
ところで、受刑者を更生させるために必要なのは、刑罰だ
ろうか。「恐怖」というのは、人の行動を支配するのに、
最も効果があるだろう。だけど、恐怖では人の心を、根底
から支配することはできないのではないか。やさしさや、
楽しさ、感動で、人の心と行動をコントロールできれば、
すごく素敵なことだと思う。刑罰が、まったく無意味だと
は思わないが。
話は変わるが、最近、「アマゾンにだけは支配はされない
ぞ!」と、かたく心に誓っている。だから、やつらが毎
日、毎日、うっとうしいくらい、推奨メールしてくる本や
CDは、意地でも買わないことにしている。だけど、くやし
いのは、その推奨が絶妙なことだ。やつらは、妻よりも私
の好みを熟知しているし、世界中のだれよりも私の行動を
覚えていてくれている。しかし、やつらも時々、見当ちが
いな推奨をしてくる。そのときは、親の仇でも取ったよう
に勝ち誇った気分になる。まるで子供だ。さらには、「俺
が必要なときだけ、お前らを利用させてもらう」と、心の
中で息巻いているが、妻よりも私のことを理解しているや
つらに、ひれ伏す日が来るのも、近いような気もする。そ
の証拠に「ご一緒にポテトはいかがですか?」的な、つい
で買いの商品の提案には、いつも、まんまと乗せられてい
る。「AI」おそるべし!。だけど、だれよりも気の合
う、そして喧嘩もできる(一人でだが)友人になるかもし
れない。(生身の友人がいない私は、本当にそうなる可能
性が高い)
しかし、AIや便利なアプリは、どんどん人間の能力を弱
めているような気がする。AIにはできないことで、人が
人を幸せにするためは、どのような能力を高めていけばい
いのだろう。AIは、おそらく友人にさえ、なれるように
なるだろう。というか、AIの友人の方が、生身の人より
も、引く手あまたになるのではないか。なんか、ちょっと
腹立たしい。(AIに嫉妬している)これからの人生、A
Iに負けないための闘いになりそうだ。
「AIにできないこと」をググってみた。・・良かった!
「ない」とは出てこなかった。トップにこんなのが出てき
た。機械にもAIにも奪われないスキルとして、クリエイ
ティブ(0から1を作る能力)、リーダーシップ、起業家
の3つがある・・・だけど、この3つに該当しない人の数
は、いったいどれくらいになるのだろう。それが、全部、
AIに取って代わられると思ったら、だんだん恐怖さえ感
じてくる。やはりAIとは友だちになっておこう。そし
て、つねにAIくんを横目で見ながら、AIくんよりも、
やさしさや、楽しさ、感動を与えることができる人を目指
すことにしよう。

カテゴリ :小さい生き方 トラックバック(-) コメント(-)

小さい生き方 35

 2018-08-10
「棺桶ボックス」って、何だと思いますか?。先日、ボク
ラの時代というテレビ番組に「中尾彬、池波志乃夫妻」と
「佐々木健介、北斗晶夫妻」が出演していた。それぞれが
夫婦生活などを自由に語り合う対談番組だ。話題の中心に
なったのは、いま流行りの「終活」。佐々木夫妻は、終活
のひとつとして「棺桶ボックス」と命名した箱を、おたが
いが準備しているという。その棺桶ボックスなる箱には、
それぞれ、自分の棺桶に一緒に入れてほしい物を入れてあ
るということだ。ネーミングはとても暗いが、あえて、そ
うしているのは、実際にその時が来たときに、思い出しや
すいようにするためだという。良いアイデアだ。私も、家
内に提案してみようかな。終活もそろそろ考えておいた方
がいいかも知れない。終活と言えるかどうか分からない
が、グチや暗い話を言わない老人になりたい。そのために
何よりも大切なのが健康維持。体も心もだ。心の健康は、
どうやって保っていけばいいのか。私が、気をつけている
のは、大切にすることと捨てることの取捨選択。迷いと不
安を無くしたいからだ。しかし、言うのは簡単だが、実行
するのは難しい。特に、捨てるのが難しい。思っていても
実際には、なかなかできない。だから、私の場合「捨て
る」ではなくて「捨ててもいい」と、ハードルを下げてい
る。まったく、中途半端この上ないが。そして、機会のあ
るたびに、その「捨ててもいい」フォルダの中から、少し
づつ捨てることにしている。たとえば最近では「マッチョ
な肉体を目指すこと」を捨てた、つもりだ。どう考えても
運動の嫌いな私には向いていない。と言いながらも心の奥
底には、もしかしたら、また、拾うかも知れないという思
いも潜んでいる。なんとも、未練がましい。まあ、もとも
と、捨てるも何も、マッチョになるための努力は、なんに
もしていなかったのだけど・・・
つねに明るい話だけをするというのは、案外、できそうで
できないものだ。どうしても、災害や犯罪など、マイナス
なことの方が目に付くし、話題にしやすい。反対に、プラ
スのことを見つける、というのは、かなり感度を高めない
といけない。「その○○素敵ですね!」などと、すぐに言
葉に出せる人に、とても憧れる。仕事でおつきあいのあ
る、Aさんという女性は、グチでさえも、明るく楽しそう
に話して、爆笑の渦を巻きおこす。ネタだったのかと思う
くらいだ。そして、会う度に必ず、一回以上は褒めてくれ
る。しかも、それが、すごく自然だ。今度、お会いしたと
きには「爪の垢を少しください」と、頼んでみることにす
る。
さて「終活」を、ググってみた。人生の終わりのための活
動の略。人間が自らの死を意識して、うんぬんかんぬん、
とある。早くも読む気がしなくなってきた。死を意識する
時点でモチベーションが上がらない。しかし、佐々木夫妻
は、とても明るく楽しそうにやっている感じがする。私も
早速「棺桶ボックス」を作って、そこには、家内に、現金
を入れてもらうことにしよう。地獄の沙汰も金次第という
ではないか。まあ、一円足りとも入れてもらえる気はしな
いが・・・


カテゴリ :小さい生き方 トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫