気迫が伝わってきました

 2014-06-20
独立・開業のご相談があった。

私のところへ来る相談は

開業の場合は、資金調達に
関することが多い。

資金調達できないと
開業はできない。

私も真剣にならざるを得ない。

相談だけなら、料金はサービスする
場合が多いが

事業計画書をつくるとなると
料金をいただくか

顧問契約を結んで
もらうことになる。

ただし、原則として
成功報酬でいただくことにしている。

その女性はとても「勢い」が
あるように感じた。

気迫がある。すでに経営者の
ようなオーラが出ている。

なんとか成功させてあげたい。
スポンサーサイト
カテゴリ :資金調達 トラックバック(-) コメント(-)

資金調達先の選択

 2012-05-31
おはようございます。

今朝は少し曇り空ですが
涼しくて気持ち良いです。

最近、新聞より早く事務所に
来てます。

さて、設備投資や出店の際

資金調達が必要になって
きます。

その場合に

資金をどこから調達しようか
迷うところでしょう。

なるべく金利が安い方がいいし

早いペースで返済したい場合も
あれば

ゆっくり長い期間で返済したい
場合もあるでしょう。

基本的に、中小企業や個人事業者の場合

地域の銀行さん、もしくは

日本政策金融公庫(旧国金)さん

からの資金調達となるでしょう。

では、どっちが良いの?

金利については

政策金融公庫さんは

固定的です。

条件をクリアして
有利な制度に合致すれば

安い金利で調達できます。

ほとんど、交渉の余地は
ありません。

これに対し、銀行さん、信用金庫さん
信用組合さんは

企業の信用力や経営者の信用力
などによって

金利交渉の余地があります。

返済期間については

比較的、政策金融公庫さんは

長い期間の制度があります。

したがって、どっちを選ぶかと
いうことになった場合

まず、政策金融公庫さんに
アプローチし

返済期間や担保、保証人の
ことを相談し

金利などの条件がどうなるかを
把握したうえで

お付き合いのある銀行さん等に

アプローチして

比較、検討する手順が

基本的に

ベストな方法になるでしょう。

カテゴリ :資金調達 トラックバック(-) コメント(-)

日本公庫さんのメルマガ

 2012-05-25
おはようございます!

今日は週末、なぜか、少しワクワク
しますね。

さて、今日は、情報のお知らせです。

創業を考える方や

設備投資、出店、不動産購入を
考える方は

資金調達として

日本政策金融公庫(旧国金)さん

を利用したいと思っている方も
多いでしょう。

その国金さんが

メールマガジンで

融資制度の情報や

金利の情報を

送付してくれています。

役に立つと思いますよ。

 メールマガジン配信サービス
 http://www.jfc.go.jp/k/mailmagazine/mail_top.html

カテゴリ :資金調達 トラックバック(-) コメント(-)

資金調達難とコスト上昇

 2010-04-25
経営方針と資金繰りの転換時期です


中小企業の財務にとって非常に厳しい状況に
なってきています。

銀行の融資姿勢は、非常に消極的です。

来たる銀行の3月決算においても収益性は
非常に厳しい結果となっているでしょう。

メガバンクは、新規のビジネスローンを出す気配は
ありません。

地銀は、かなりの優良先にのみ、銀行引受の社債などの
資金提供を行なっています。

中小企業が、無担保プロパーの借入を行なうことは
非常に困難な状況となっています。

手形取引も制限されて来るでしょう。

そして、特に製造業などが大きくダメージを受けることが
予想されるのですが、材料費が高騰してきています。

燃料費や光熱費も高騰してきています。

資金調達難の状況において新規に
取引量を増やすことは困難でしょう。

コストパフォーマンスを考えれば、競争の激しい
薄利の取引には手を出すべきではありません。

いっそうのコスト削減と取引の選別が急務です。

営業マンを先頭に、量よりも質を重視した
取引を意識すべきでしょう。

そして、このような傾向になってくれば、経営状態に
不信感を持たれる中小企業は、与信取引が困難に
なってくるでしょう。

自社が健全な財務内容であるほど、質の良い
取引を行なうことができると考えておくべきです。

しかし、人材だけは買い手市場です。

マンパワーを活用することに経営の軸足を
置くべきでしょう。


「社長さん!」
もっと経営財務の知識をつけませんか?
無料メルマガ登録はこちら

   http://www.mag2.com/m/0000276311.html

カテゴリ :資金調達 トラックバック(-) コメント(-)

資金繰り表をつくる

 2010-02-23
向こう半年間の資金繰りを予測
してください。



運転資金の銀行借入が必要な会社は
資金繰り予定表の作成が非常に効果的です。

資金繰り予定表を常に作成している会社は
金融機関からの信用度が上がります。

資金繰り予定表を作成することを習慣付ける
ことによって、早めの資金対策を採ることができます。

資金がギリギリの状況になってから銀行に借入を
申し込むのと、早めに資金ショートを予測して
借入を申し込むのとでは、取引の余裕感が違ってきます。

資金繰り表の作成は、そんなに難易度の高いものでは
ありません。

経営者は、まず、売上を予測してください。
手持ちの受取手形の金額と期日、振り出した支払手形の
金額と期日を確認してください。

上記の数値を資金繰り表に入れてください。

売上予測によって、掛売上の入金額を資金繰り表に
入れることができます。

手形に関しては、確定しているので、そのまま金額を
入れていきます。

これが終わったら、仕入予測をたててください。

売上予測を基に、過去の仕入原価率を利用して仕入額
を予測することもできます。

仕入予測ができれば、掛仕入の支払額および現金仕入を
資金繰り表に入れることができます。

そして、これが終わったら、給料や諸経費、借入金の
返済額などを入れれば完成です。これらは、賞与時を
除き、ほぼ毎月大幅な変動はありません。


「社長さん!」
もっと銀行取引の知識、経営財務の知識をつけませんか?
無料メルマガ登録はこちら

   http://www.mag2.com/m/0000276311.html


財務知識で会社を強くするブログ
          http://kimikoto.ashita-sanuki.jp/

カテゴリ :資金調達 トラックバック(-) コメント(-)

借入枠の把握

 2009-10-10
借入枠にはさまざまな
ものがあります。



自社の借入枠を知っておくことは
有用です。

しかし、「枠」といってもさまざまな
種類があります。

分かりやすいのは、「当座貸越の限度枠」
「手形割引の限度枠」ですね。

これらは、ほとんどの経営者や財務担当者は
把握している場合が多いでしょう。

しかし、次のようなものも把握しておくべき
でしょう。


手形貸付の融資枠」

 経常運転資金の枠と言えますね。自社の経常運転資金
 (受取手形+売掛金+在庫-支払手形-買掛金)を
 把握しておきましょう。


不動産担保余力による融資枠」

 不動産の時価が借入金を上回っている場合は
 その余剰部分の範囲で、融資枠がある場合が
 あります。


「信用保証協会の保証枠」

 信用保証協会の保証枠があれば、銀行等からの
 融資を受ける可能性が高いです。

 保証協会は、企業ごとに、信用力などに応じて
 保証枠を決めています。


また、銀行は、企業の決算書を受け取ったさいには
その企業に対する「格付け」を行なっています。

「格付け」は、次の決算書が出るまでの間の融資方針
に、大きく影響します。

決算書を提出したさいには、「格付け」を聞いておくことも
有用なことです。


「社長さん!」
もっと銀行取引の知識、経営財務の知識をつけませんか?
無料メルマガ登録はこちら

   http://www.mag2.com/m/0000276311.html


財務知識で会社を強くするブログ
          http://kimikoto.ashita-sanuki.jp/

在庫を担保とした融資

 2009-09-26
食用大豆を在庫担保とした融資を
日本公庫中小企業事業が実施



日本公庫など政府系金融機関や
銀行なども不動産担保に依存しない融資に
取組んでいるところです。

今回、実施された食用大豆を担保とした融資も
在庫管理体制がポイントとなっているようですね。
(日本公庫HP)

適切な在庫管理を行なっていて、流通市場が確立
している物であれば、担保の対象になる可能性が
高いです。

在庫担保融資は、すでに、所有不動産はすべて
担保に入っている企業や不動産を所有しない企業が

長期の運転資金や開発資金の融資を受けるのに
適しています。

将来的に事業の縮小が見込まれる企業が
リストラを行なわずに、存続・発展していく

ためには、新しい事業を模索することや
新しい取組みをして、新たな需要を創りだす
ことが不可欠です。

そのためには、色んなことにチャレンジする
必要があります。失敗も多々あるでしょう。

その過程においては、必ず、資金が必要です。
しかも、失敗を想定する取組みですから
長期の運転資金が必要となります。

在庫担保融資を受けるためのポイントは
市場性と管理体制です。

市場性を有する商品や材料の在庫を多く抱える
卸売業や製造業は、在庫担保融資を受けることも

視野に入れて、在庫管理を強化してみるのも
経営に有効なこととなるでしょう。


「社長さん!」
もっと銀行取引の知識、経営財務の知識をつけませんか?
無料メルマガ登録はこちら

   http://www.mag2.com/m/0000276311.html


財務知識で会社を強くするブログ
          http://kimikoto.ashita-sanuki.jp/

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫