FC2ブログ

小さい生き方 51

 2018-11-30
先日の「らららクラシック」は、愛の名曲集だった。ベート
ーベンの名曲「エリーゼのために」は、元々「テレーゼのた
めに」という曲名だったという。ベートーベンが、テレーゼ
という名前の女性に、贈ったとされている。もちろん、ベー
トーベンは、その女性を好きだった。ベートーベンは、イメ
ージからは想像つかないが、かなりの、ナンパ師だったよう
だ。しかも、恋の相手は、貴婦人ばかり。彼は音楽を武器
に、相当な数の貴婦人を口説き落としたようだ。番組のゲス
ト解説者として出演していた、ピアニストの清塚信也は、冗
談まじりに「反則技だ」と語っていた。ベートーベンが、そ
の才能を駆使して音楽で酔わせれば、攻略できない女性はい
なかったのかもしれない。たしかに反則技だ。
ところで、実力派のイケメンピアニストで、俳優としても活
躍している清塚信也は、トークのセンスも素晴らしい。音楽
一筋で、頑固職人のような人がいる一方、彼のように、他の
分野に進出する人もいる。どちらも、素晴らしいことで、優
劣はつけられない。ただ、彼を観ていると、ピアニストであ
りながら、俳優をしたり、テレビに出演したりという行動
が、相乗効果をもたらして、彼の魅力をさらに高めているよ
うに感じる。
「魅力」とは、なんだろう。コトバンクによると、人の心を
引きつけて夢中にさせる力、ということだ。男性が自分の魅
力を高めて女性の心をひきつける、というのは、男性にとっ
て永遠のテーマと言えるのではないか。ベートーベンほどの
才能があれば、ほかには何もいらないかもしれない。だけ
ど、私たち普通人は、そうはいかない。私たち普通人は、女
性の心を引きつけるために、どのような「力」を高めていけ
ばいいのだろう。わたしの場合は、三つの力を目標にしてい
る。ひとつ目は「包容力」。笑顔で接すること、怒らないこ
と、話を聴くこと、ゆるすこと、満足すること、感謝の言葉
をかけることだ。ふたつ目は「実行力」。言ったことを実行
すること、マメに小さなプレゼントをすることだ。みっつ目
は「適応力」。明るく生きること、楽しむこと、習慣を変え
ることだ。ああ、でも、ぜんぜん効果がないような気もす
る。やっぱり、ピアノでも習おうかな・・・
思い出せば、むかしむかし、20代始めのころ、真っ暗なバー
のカウンターで、必死に隣の美しい女を口説いている男がい
る。バーで、たまたま隣に座った女だ。男はあらん限りのネ
タを披露して、その美女をなんとかモノにしようとしてい
る。ネタもそろそろ尽きはじめてきたころ、匂い立つような
妖艶な美女は、ハスキーな声で、こう言った。
「あんたっ◯◯◯やろ!」
男は、たじろぎ、さっきまでのテンションは消え失せた。
なっ、なぜ、僕の名前を知っている?。美女はドスのきいた
声で、さらに言った。
「俺やっオレオレ!◯◯◯◯」
男は、うろたえた。飲み過ぎたか、それとも詐欺か?
だが、少し間をおいて、だんだんと真実がわかってきた。
こっ、こいつはっ、もしかして、同級生の、アイツか?。
そしたら、さっきまでの美女は、、、、アイツが美女で美女
がアイツ、、、映画みたいになってきた。そうして、秋の夜
の夢物語はここから始まるのであった・・・おわり。

スポンサーサイト
カテゴリ :小さい生き方 トラックバック(-) コメント(-)

小さい生き方 50

 2018-11-23
先日のNHK俳句で一席に選ばれた作品が素晴らしかった。
浮寝鳥
起こさぬように
書を閉じる
なんとも、しんみりと優しさを感じる。そして、その書を閉
じるときの、静かで柔らかな動作が目に浮かぶ。ゆっくり寝
られることの貴重さを、作者自身が身にしみているのかもし
れない。だから、鳥にさえも、ゆっくり寝させてあげたいと
いう気持ちになるのだろう。
だれにも気付かれないかもしれないけど、やさしいこと、そ
ういうことを、日々の生活の中で、していきたい。たとえ
ば、朝、植物に水をあげるとき、小さな声で「おはよう」
「かわいいね」などと声をかけている。そんなことをして
も、植物に何の効力も与えないかもしれない。だけど、自分
の行動とか思考に、いい影響を及ぼすと思っている。
ところで、最近、歳のせいか、笑うことより、泣くことの方
が楽しくなってきている。テレビを観ていても、泣けそうな
シーンを予感した時点で、すでに涙腺がゆるんでいる。番組
の録画も、泣けそうなものを選んでいるような気がする。
「泣ける番組」をググってみた。ランキングが出てきた。
1位「情熱大陸」、2位「世界の果てまでイッテQ!」、
3位「サザエさん」だった。ちなみに私は、1位「ETV特
集」、2位「日曜美術館」、3位「ハートネットTV」だ。
しかし、サザエさんで泣けるという感性は、すごいと思う。
私も毎週観てるけど、泣いたという記憶はない。まあ、でも
「泣こう」と思って観れば、泣けるかも。そういえば「THE
カラオケバトル」も、泣ける。やはり、音楽は「泣きオタ
ク」には欠かせない。
先週のETV特集(アンコール)は、とても、考えさせられる
内容だった。精神科病院大国と呼ばれる日本は、なんと、世
界の病床の二割が集中しているという。しかも、その多くが
長期入院を余儀なくされている。福島の原発事故をきっかけ
に、ようやく退院することができたある男性も、40年近く
入院していた。その男性をテレビで観る限りは、どう見て
も、それほどの入院が必要だとは思えないほど、ちゃんとし
た、紳士だ。そんな人が、もし、原発事故がなかったら、生
涯、福島の精神病院で暮らすことになっていたかもしれない
と思うと、とても心が痛む。しかし、なぜ、そんなことにな
っているのだろう。過去の国策(隔離収容政策)、患者の家
族や病院の事情などが、理由になっていると考えられる。思
うに、家族の負担を最小限にしたうえで、社会に受入先を確
保することが、なによりも入院者を減らすことになるのでは
ないか。無力だが、そういうものに対する支援を、心に留め
ておきたいと思う。
話はかわるが、わたしの休日といえば、まるで寝たきり患者
のごとく、万年床で、テレビ、読書、CDをローテーション
している。そんなわたしを見て家内は、こんな質問を投げか
けてきた。
「ひとつ聞いてもいい?」
「ああ、どうぞ」
「あなたのしたいことは、なにっ?」
う〜ん、、見てのとおりだけど・・・

カテゴリ :小さい生き方 トラックバック(-) コメント(-)

小さい生き方 49

 2018-11-16
先日のNHK日曜美術館は「フェルメール」だった。フェルメ
ールは、1600年代のオランダの画家で、その作品は日本人
にとても人気がある。人気の理由は、やはり、美しさと、分
かりやすさだろう。現在残っている作品が35点ほどと、少な
いのも理由の一つだ。フェルメールの作品には、女性に光り
を当てているものが多い。そして、その光りは、スポットラ
イトのような強い光ではなくて、おだやかな自然光だ。フェ
ルメールの人柄も、もしかしたら自然光のような人物だった
のかもしれない。そんなことを想像すると、作品がさらに魅
力的に感じてくる。スペインの有名な画家「ダリ」は、フェ
ルメールをとても高く評価していて、こんな言葉を残してい
る。「アトリエで仕事をしているフェルメールを10分でも観
察できるなら、この右腕を切り落としてもいい」
まあ、わたし、まだ本物の作品を直に観たことないので、チ
ャンスがあれば、観に行きたいと思っている。
「人気画家ランキング」をググってみた。日本人が選んだラ
ンキングは、1位「ゴッホ」、2位「ピカソ」、3位「モ
ネ」、4位「ダヴィンチ」、5位「フェルメール」という結
果だ。わたしの予想では、なんとなく「モネ」「ルノワー
ル」「フェルメール」「ゴッホ」「ピカソ」の順かな、と思
ったのだが、少し違っていた。1位のゴッホ自身、とても日
本が好きだったようだから、相思相愛ということになるかも
しれない。ちなみに私の1位は、やっぱり、フェルメール。
ところで、もう、どこの店もクリスマスムードになってい
る。それにつられて、気分がクリスマスモードになってく
る。プレゼント選びは悩ましいけど、楽しい。このころにな
ると、店のショーウィンドウや、雑誌に目がいく。ネット検
索も活発にするようになる。けれど、結局最終的には、お気
に入りの店で買うことが多い。プレゼントを選ぶポイント
は、相手の心が暖まるということ。ただ、懐事情もあるので
高価なものはさけている。そして、ちょっとしたメッセージ
をそえることにしている。
わたし、マメなことだけが取り柄だ。一度、記念日に、なに
かしたら、たいがい継続する。相手が期待しているかもしれ
ない、という想いもある。対して、うちの家内は、突発的
だ。記念日に何かしてくれたことは、ほとんどない。でも、
ある日、突然に「安売りしてたから買って来た」とか、一緒
にショッピングモールを歩いている最中に、なんの前触れも
なく「これ、似合いそうやね」などと言って、買ってくれた
りする。だから、私は、彼女のその性質を利用して、ある戦
略を遂行している。その戦略とは、私が欲しいと思っている
ものを、彼女の頭にすりこませておくことだ。そうしておい
て、彼女が、ふとしたきっかけで思い出してくれることを祈
りながら待ち続けるという、かなりセコい方法だ。「買って
欲しい」と言わないところが、ミソになる。それを言って却
下されてしまったら、ジ・エンドとなるからだ。
さて「そろそろ、新しいスーツが○○○」と、言いたいとこ
ろだが、やはり「そのスーツ、かなり年季が入ってますね」
と、お客さんから、つっこまれたことにしよう。ほんとにセ
コい・・・
カテゴリ :小さい生き方 トラックバック(-) コメント(-)

小さい生き方 48

 2018-11-09
まだ、少し早いかもしれないが、こんな本を読んでみた。
「欧米に寝たきり老人はいない」著、宮本顕二、宮本礼子。
終末期医療の是非について、書かれている。欧米では、一般
的に延命治療は行わないという。食べられなくなって、判断
能力もなくなったら、過度な治療は行わず、安楽死させると
いうことだ。私も延命治療はしてほしくない。だから、今の
うちに書面に残しておいた方が、いいかもしれないと思って
いる。
この本を読んで、あらためて「食べる」ということの大切さ
を感じた。あと何回食べられるかわからないけど、一回一回
を、より良い食事にしていきたい。バカみたいなことを言う
ようだが、なんのために食べているのだろう。お腹を満たす
ため、心を満たすため、健康のため、筋肉をつけるため等、
色々とある。私の場合は、三つのことに、重きをおいてい
る。「心の満足」「健康」「自己啓発」だ。心の満足は、た
だ、楽しく食事することだ。とくに夫婦の食事を楽しくした
い、毎日のことだから。食事中に、グチや悪口を言わないよ
うにすること、食材を褒めること、調理方法を褒めること、
食器を褒めることを心がけている。家での食事も楽しくなる
ように、テーブルクロス、食器、生花を飾るなど、食卓を美
しくすることを意識している。健康は、最近、なるべく肉と
魚を食べないようにしている。たんぱく源は、大豆など豆類
から摂取する。野菜と穀物を中心にすると、腸内環境が良好
になる。それが、健康を維持するうえで、とても大切なこと
だと考えている。自己啓発は、楽しい食事を演出する習慣を
持つことで、人を喜ばせる技術が磨かれる。健康を意識し
て、知識の習得や体験を重ねることで、誰かの役に立つこと
があるかもしれない。食材や調理方法などが、自然環境や人
の心に、どのように影響するのかを考えている。もちろん、
なるべく、いい影響を及ぼすような食生活にしたい。そうし
て、得た知識を、誰かに伝えることで、少しでも世の中が良
くなればいい。
しかし、こうやって書いてみると、食べることには、たくさ
んのテーマがある。食事を充実させること、イコール、幸せ
な人生と言っても過言ではないかもしれない。配偶者を幸せ
にする、というテーマも、食事の時間を楽しくするというこ
とが、最大のポイントだと思える。
そう言えば、この前、家内と、健康診断の通知書の、見せ合
いをした。それぞれの項目をひとつひとつ、お互いの数値を
見比べる。なんと、二人とも、コレステロール値が危険領域
に入っていた。ただ、若干、彼女の方が、危険値が高い。
「勝った!」つい、うっかり、そんなことを口走ってしまっ
た。家内は、よほど腹が立ったのか「ワインを1年間やめ
る」と言い出したのだ。まあ、どうせ、3日ももたないだろ
うとタカをくくっていたのだが、それから、3週間、食卓か
らワインが消えている。そのかわり、ビールをゴブゴブと飲
んでいるけど・・・意味がわからん。

カテゴリ :小さい生き方 トラックバック(-) コメント(-)

小さい生き方 47

 2018-11-02
NHK番組、ハートネットTVで盲ろう者が取り上げられてい
た。盲ろう者とは、視覚と聴覚の両方に障害がある人たちの
ことだ。番組では、盲ろう者に、通訳の方が同行していた。
通訳の方法は、とても変わっている。当然、喋るわけではな
いし、見えないから、手話でもない。通訳者が自分の指を、
盲ろう者の指にトントンと軽くタッチして、言葉を伝えてい
く。やさしく手を握って、指から指へと言葉が運ばれて行く
様子は、とても愛情に満ち溢れている。ちょっと大げさかも
しれないけれど、世の中に、こんな素晴らしい仕事があるだ
ろうかと思うほどだった。もしかしたら、私も、通訳者にな
ることがあるかもしれないから、指先の手入れだけは、心が
けておこう。
手もとを美しくしておきたい。フェチかもしれないが、素敵
な手もとを見ると、すこしドキドキする。だから、できれば
自分もそう思われたい。かと言って、たいした努力はしてい
ない。毎日、保湿クリームと日焼け止めを塗るだけだ。ボー
ルペンとシャープペンは、ほんの少し、いい物をつかってい
る。自分はいつも相手の手もとを見るから、相手もそうだろ
うと思っている。素敵な手もとや手ぶりを見ると、気持ちが
いいから、相手もそうかもしれないと考えている。手の使い
方も美しさのひとつだ。たとえば、レジで釣り銭を受け取る
ときに、両手で受け取るようにしている。レジ係の人の心
が、ほんの一瞬でも暖かくなれば嬉しい。ぞんざいに、もぎ
取るように釣り銭を取られたら、クシャクシャのお札で支払
いをされたら、人を嫌いになるかしれない。仕事が楽しくな
くなるかもしれない。少なくとも、いい気分はしないだろ
う。
上品な客になりたい。仕事をしてもらうことに感謝しなが
ら、それを態度にも現していきたい。「嬉しい」「楽しい」
「良かった」「美味しい」「素敵」「いい感じ」、いい言葉
を出し惜しみなく使いたい。そんな、小さなことが世の中を
良くする気がする。少しくらい不快なことがあっても、気に
しない。機転を利かせて、自分もまわりも明るくしたい。自
分の思い通りになることなんて、少ない。ならなくても楽し
く生きれる方法を考えていけばいい。
ところで、先日、ジュエリーの展示会に行ってきた。家内が
職場で招待券をもらってきたからだ。美しい指輪、きらびや
かなネックレス、センスのいい時計などが、ところ狭しとな
らべられていた。もちろん、見て楽しむだけだ。とても私が
手を出せる値段ではない。店の人が近づいてこないように
と、呪いにも近い祈りを、心の中で唱えていた。思うに、
100万円のジュエリーと、1万円のそれとの違いはなんだろ
う?。付けない私が論ずる資格はないかもしれないが「優越
感」ではないだろうか。まあ、なんにしても、私が入り込む
世界ではない。うちの家内には、他のことで優越感を満足さ
せてもらうことにする。こんなのは、どうだろう。
「うちは、エサ(小遣い)をじょうずに、両手で受け取るペ
ットを飼っているのよ、オホホホッ。」
ダメだなこれは・・・・
カテゴリ :小さい生き方 トラックバック(-) コメント(-)

小さい生き方 46

 2018-10-26
大相撲高松場所を観に行った。テレビでしか観たことなかっ
たけど、本場所とちがって、コミカルでおもしろい。観客は
老若男女さまざま、外国人もチラホラ見かけた。観客を観る
のも楽しい。お酒やビールを飲んだり、力士を追っかけて、
サインを求めたり、ひたすらスマホで撮影したりと、様々に
楽しんでいる。人気力士が登場したときには、女性客のかけ
声が響く。なかには誰もが声をかけないような、あまり人気
のない力士にばかり声をかける、マニアックな女性もいた。
取組の終わった人気力士が、花道を帰るとき、子供や女性が
手を出して、スキンシップをもとめる。その時に、やさしい
対応をする力士をみると、見ているこっちまでが、微笑まし
くて嬉しくなる。ちなみに私の同行者は、酔っ払いオヤジ
(飲んではいない)のごとく、取組が始まるたびに、誰彼か
まわず声援を送っていた。あれは、たぶん、ただのストレス
解消だとしか思えない。
さて、先日のNHK番組「日曜美術館」は素晴らしかった。巨
大な絵画を描く画家「遠藤彰子」の特集だった。番組の中
で、すごく心に残ったコメントがある。司会者の質問にたい
して、彼女は、巨大な絵の前に立って、こう答えた。「大き
な絵は動きがないといけない、この絵は、このへんから、
グワァーときて、ガーっと行って、ブワーっと来
る。」???。う〜ん、意味不明、はっきり言って、ぜんぜ
ん説明になっていない。だけど、不思議に納得するし、天才
的な感性と情熱を感じる。考えてみれば、ああいうものは、
説明などしない方がいい。逆に言えば、説明が必要なもの
は、作品とは言えないのではないか。観た人が何かを感じる
ことができれば、それが、その作品の価値だと思える。観た
人それぞれに、感じ方は違っていてもいい。もしかしたら遠
藤氏は、先入観を持たせないために、あのようなコメントを
したのかもしれない。だけど、そうされると、なぜか、もっ
と話を聞きたくなる。番組は司会者と遠藤氏の対談の途中で
終了したが、とても名残惜しかった。私の性根がねじ曲がっ
ているのかもしれないが、細かく説明されると、うんざりす
るけど、ひと言で終わってしまうと、もっと聞きたくなる。
そして、そのひと言が魅力的な人は、聞けば聞くほど、好感
度が高まってくる。
じつは私、ほんとうは、相撲はあまり好きではない。だか
ら、取組よりも、力士のキャラクターを楽しんでいる。家内
は、決まり手を覚えるほど、相撲の取組が大好きだ。そし
て、それ以上に、懸賞旗の本数をかぞえるのが好きらしい。
「勝ち」にこだわる世界も素晴らしいけど、勝敗を考えない
世界も素敵だ。勝敗を意識すると、心が苦しくなることが多
い。勝つことにこだわりすぎると、自分本意になってしま
う。相手を喜ばせることを考えると、穏やかな心でいられ
る。相手のことだけを考えて、自分のことは天にまかせるの
が理想的だと思う。
隣からこんな声が聞こえてきそうだ。「なに、ねむたいこと
を言うてるんや!、理屈はええから、サッサと稼いでこんか
いっ、理想でメシが食えるかっ。ああっー、白鵬がまた勝っ
た、すごい懸賞金や!」・・・たしかに、それも一理ある。

カテゴリ :小さい生き方 トラックバック(-) コメント(-)

小さい生き方 45

 2018-10-19
かなり早いけど、忘年会をおこなった。勉強会(頭に汗かく
会)の忘年会だ。年末に入ると気持ちがおちつかないので、
毎年、10月に開催させてもらうことにしている。会の最中、
参加者のひとりと、こんな話をした。その方は、私の家内の
ことを「可愛い方ですね」と言ってくれた。思わず、無意識
に「あの笑顔があれば、ほかには、なにもいらない。」と答
えた。初めて、そんな言葉を口にした。自分で言っておい
て、バカみたいだけど、とても心がじんじんと温まった。後
で考えてみたら、笑顔とか、良い言葉というのは、とても価
値のあることだなと、あらためて思った。笑顔には「他に何
もいらない」とまで思わせるパワーがある。良い言葉は、言
った自分の心にまで、良い影響をあたえる。極端なことを言
えば、笑顔で接することと、良い言葉を発することだけを目
標にして、生きていけば、いいのではないかとさえ思う。
話は変わるが、先日、TV番組で、マラソン解説者の増田明美
がこんな話をしていた。「できるだけ選手の良いところを伝
えたい。選手のファンを増やすために。」彼女は、自らの経
験から、日々、過酷なトレーニングに耐えている選手にとっ
て、なによりも励みになるのは、ファンの応援だと知ってい
る。それが、この言葉を生み出しているのだろう。そんな彼
女の解説は、とても人気があるという。その裏側には、コツ
コツと地道な取材活動がある。そして、選手やファンを喜ば
せようという、愛がある。番組の最後には「次の目標は東京
オリンピック、特にパラリンピックの観客数を増やした
い。」と語っていた。私は、番組が終わるやいなや、早速、
アマゾンをクリック、彼女の著書「認めて励ます人生案内」
を買物カゴに入れてしまっていた。著書を買うことで、ささ
やかだが、応援になると思っている。
そういえば、最近読んだ本で、野田あすか著「発達障害のピ
アニストからの手紙」はすごく感動した。著者とその家族
は、著者が20歳をすぎるまで、発達障害とは知らずに生き
てきたという。もしかしたら、そういうことが、自分のみじ
かなところでも、あるのかもしれない。知的障害とか、うつ
病の人は表面に現れにくいから、周りの人は気付きづらい。
本人でさえ気づいていないのであれば、なおさらだ。誰かが
気づくことで、彼らの苦しみが、緩和されるかもしれない。
その誰かは、健常者の方であるべきだと思う。だけど健常者
は、私もそうだが、弱者から目を背けてしまいがちで、関心
が薄い。だから、せめて、ある程度の知識をつけておきた
い。気づくことができるように、感度を高めておきたい。い
つか、どこかで、彼らの役に立つかもしれないから。
さて、忘年会が終わったら、次はクリスマスだ!。思うに、
年々、どこもかしこも、白くなってきて、だんだんサンタに
近づきつつある。お腹も・・・・ヤバいっ、衣替えの前に、
これをなんとかしないと、スーツのズボンが入らないっ。
もし「スーツを新調したい」と家内に言ったら、まちがいな
く、笑顔は消え失せ、悪魔の形相に変わるだろう。

カテゴリ :小さい生き方 トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫