小企業の設備投資スタンスは?

 2008-04-26
国金から、従業員20人未満の

小企業の設備投資動向調査が

発表されています。



調査によると、小企業の設備投資姿勢は

非常に慎重で、実行した設備投資のうち

41.5%が「更新・補修」となっています。


この傾向について、推測しますと

小企業の経営者は、事業の拡大は今の状況では

非常にハードルが高く、困難だと考えているようです。


ですから、拡大のための投資を行うのではなく

現状の事業規模での効率化(コスト削減)および

売上の拡大を目指しているのだと考えられます。


実際、私の周りの小企業もその傾向です。

動向調査によれば、設備投資の内容として最も

多いのが「コンピューター・ソフトウェア」、ついで「車両」

「什器・備品」となっています。


また、調達資金の中心は金融機関からの

借入ではなく、自己資金となっています。


小企業を自己のビジネスの顧客ターゲットと

する企業は、上記のような動向を分析・判断して

「何を売っていくべきか」の経営戦略を立てて

いくべきでしょう。


小企業の設備投資動向調査はこちら


はげみになります。下記ランキングをクリックお願いします!

       


日銀支店長の話

財務会計・税金・開業手続・法人設立手続
資金調達・その他事業に関するご相談は

三和会計事務所ホームページ

個人営業の方も法人営業の方もお気軽にご相談ください

ご相談メールは下記をクリック
 http://form1.fc2.com/form/?id=245316
スポンサーサイト

物流コストの削減

 2008-04-24
卸が提供する手厚い物流サービス

の時代から、卸・小売の双方が

メリットのある物流サービスの時代へ



中小企業庁から、卸・小売間の物流サービスの

見直し事例が公表されています。


卸が提供する、「1個からでも配送」、「毎日配送」は

ほんとうに小売にとって意味があるのか

もっと、双方のメリットを検討して、物流コスト総額を

引き下げる方法はないのか、という観点から

見直しを行い、物流コストの削減を達成した事例が

紹介されています。


紹介されている事例のうち、食品スーパーおよび卸の

両社の事例では、食品スーパーにおいては

類似スーパーの1.3倍の売上効果が、一方

卸においては、類似店舗への納品コストの

半分の物流コストが実現した。


その他の事例はこちらから


はげみになります。下記ランキングをクリックお願いします!

       


幹線道路沿いにホテルを出店し
マイカー家族旅行客をターゲットに


財務会計・税金・開業手続・法人設立手続
資金調達・その他事業に関するご相談は

三和会計事務所ホームページ

個人営業の方も法人営業の方もお気軽にご相談ください

ご相談メールは下記をクリック
 http://form1.fc2.com/form/?id=245316

3月の中小企業景況

 2008-04-22
3月度の中小企業景況調査

では、「売上高」「販売価格」

「資金繰り」がやや改善



売上高の項目では、「印刷」「化学ゴム」「紙・紙加工品」

「サービス業」「運輸業」が前月比で大きく上昇。

前年対比では「輸送機器」「化学ゴム」がプラスと

なっています。


その他の詳細はこちら

  http://www2.chuokai.or.jp/keikyou/kei0803.pdf

  http://www2.chuokai.or.jp/keikyou/hou0803.pdf


はげみになります。下記ランキングをクリックお願いします!

       


2月度の中小企業の景況指標は
若干改善しているようです


財務会計・税金・開業手続・法人設立手続
資金調達・その他事業に関するご相談は

三和会計事務所ホームページ

個人営業の方も法人営業の方もお気軽にご相談ください

ご相談メールは下記をクリック
 http://form1.fc2.com/form/?id=245316
カテゴリ :その他 トラックバック(0) コメント(0)

5月度方谷塾

 2008-04-19
事業承継を考える。シリーズ第2弾!


20年5月度 月例セミナーのご案内!

会社後継者、若手経営者、若手経営幹部など

20~40歳代の方を対象に毎月、経営に関する

勉強会を開催しています。


今回のテーマは「事業承継を考える。シリーズ第2弾!」

事業承継は相続税対策だけではない。

民法・会社法・税法を含みトータル的に対策を

考える必要があります。


今回は、シリーズ2回目になりますが、1回目に

参加されていない方でも、事業承継に関心のある方

にとって意義ある内容ですので遠慮なくご参加ください。

おかげさまで事業承継シリーズ第1弾は

好評につき2回開催しました。


<講師> 三和会計事務所 税理士 米田守宏

開催日:5月12日(月)19:00~

お問合せは 三和会計事務所 担当:坂本まで


はげみになります。下記ランキングをクリックお願いします!

       


中小企業の円滑な事業承継を支援する
制度が「経営承継円滑化法制」です


財務会計・税金・開業手続・法人設立手続
資金調達・その他事業に関するご相談は

三和会計事務所ホームページ

個人営業の方も法人営業の方もお気軽にご相談ください

ご相談メールは下記をクリック
 http://form1.fc2.com/form/?id=245316
カテゴリ :その他 トラックバック(0) コメント(0)

国金の保証人要件緩和融資

 2008-04-16
国民生活金融公庫の第3者保証人

を不要とする融資が増えています。



第3者保証人を不要とする融資とは

法人であれば代表者の保証のみで

よく、個人であれば保証人はいらない

ということです。


このような融資が増加しているという

ことは、1つに、融資を申し込む企業が

若干高い金利を払ってでも、関係ない

人を巻き込みたくないという意思の表れ

だと考えられます。


第2に、国金さんの融資審査において

第3者保証人を付けなくても、融資が

受けられやすくなっていることが

考えられます。


金融庁は、過度に保証・担保に依存しない

融資を金融機関に奨励していますので

当然の傾向だといえますね。


詳細は<u>こちら


はげみになります。下記ランキングをクリックお願いします!

       


担保となる不動産が無い
企業の資金調達手段として



財務会計・税金・開業手続・法人設立手続
資金調達・その他事業に関するご相談は

三和会計事務所ホームページ

個人営業の方も法人営業の方もお気軽にご相談ください

ご相談メールは下記をクリック
 http://form1.fc2.com/form/?id=245316
カテゴリ :資金調達 トラックバック(0) コメント(0)

契約の留意点と売掛金の回収

 2008-04-15
甘く見られないためには

知識を付けておくことです



先日、当事務所が主催する月例勉強会

方谷塾にて、地元の弁護士、吉田先生に

契約と売掛金の管理・回収をテーマに

お話しいただきました。


先生は、さまざまな内容の知識を

教授してくださいましたが、何点か

取り上げて紹介します。


○基本中の基本として、まず契約書を極力作成
 
 することです。そもそも「契約書などない」という

 ケースがよくあります。契約書を作るという作業

 は、頭を整理する効果もあるので、なるべく

 作成するよう心がけるべきです。


○契約の相手が法人でなく、個人の場合は

 自筆のサインを書いてもらうべき。

 名前がワープロ打ちで、三文判だけを

 押すようなケースは後のトラブルを

 招きやすい。


○後の売掛金の回収不能に備えるためには

 取引開始時に相手の資産・収入状況を

 把握するべき。相手方の売掛先を把握して

 おくことも、後の回収に役立つ。(差押ができる)


売掛金には時効もあるので、時効に関する知識

回収方法に関する知識なども付けておくことが

経営者に必須だと思います。


はげみになります。下記ランキングをクリックお願いします!

       


中小企業の円滑な事業承継を支援する
制度が「経営承継円滑化法制」です


財務会計・税金・開業手続・法人設立手続
資金調達・その他事業に関するご相談は

三和会計事務所ホームページ

個人営業の方も法人営業の方もお気軽にご相談ください

ご相談メールは下記をクリック
 http://form1.fc2.com/form/?id=245316
カテゴリ :その他 トラックバック(0) コメント(0)

課題解決コンサルティング事例№1

 2008-04-13
P/L、B/Sと社長との会話で

会社の最優先課題を見極めます



「課題解決コンサルティング」手順

ステップ① 社長との対話

ステップ② 月次P/L、B/Sおよび決算書の分析

ステップ③ ②の分析を基に社長との対話

ステップ④ 社長との対話により最優先課題を洗い出し

ステップ⑤ 社長との対話により最優先課題の解決策策定

ステップ⑥ 社長・社員と共に最優先課題解決施策の実行



○ 課題解決コンサルティング事例 ~ №1

A社の最優先課題は「資金繰り」であった。

着手時において、個人事業の形態であったA社の

事業は、間違いなく、利益は出ているはずであった。

しかし、資金繰りは悪かった。その理由は

過剰な広告・販促費、それに伴う交際費

そして、資金不足を補うために、消費者金融からの

借入と税金の支払遅延で対応している状況であった。


次のように課題解決施策を実行し、現在資金繰り状況は

大幅に改善している。

・法人組織への移行による節税

・銀行からの資金調達

・幅広く行われていた広告・販促費の絞込み

・値上げ(顧客ターゲットが明確であり、差別化されていた)


はげみになります。下記ランキングをクリックお願いします!

       


経営数値の分析・管理は
売上総利益(粗利益)から


財務会計・税金・開業手続・法人設立手続
資金調達・その他事業に関するご相談は

三和会計事務所ホームページ

個人営業の方も法人営業の方もお気軽にご相談ください

ご相談メールは下記をクリック
 http://form1.fc2.com/form/?id=245316
カテゴリ :その他 トラックバック(0) コメント(0)

中小公庫と農林公庫の連携支援

 2008-04-09
中小公庫と農林公庫が連携して

中小企業に対し融資と販路開拓を



日本政策金融公庫への統合に向けた

シナジー効果の第2号、第3号案件が

公表されています。


2号案件では、中小公庫が熊本県の製造業に

経営革新支援融資を実施し、同社の製品情報を

農林公庫が職員に周知することで、その購入先

企業を開拓し、紹介することで取引が成立している。


さらに、農林公庫は、その購入先企業に対して

融資も行っている。


3号案件では、同じく熊本県の企業に

地域資源活用支援融資を実施、そして

農林公庫は、同公庫が主催する展示商談会

にて同社の販路開拓支援を実施、すでに

数社との商談が具体化しているという。


詳しい内容はこちらから


はげみになります。下記ランキングをクリックお願いします!

       


日本政策金融公庫に統合する中小公庫
と農林公庫が連携して中小企業支援


財務会計・税金・開業手続・法人設立手続
資金調達・その他事業に関するご相談は

三和会計事務所ホームページ

個人営業の方も法人営業の方もお気軽にご相談ください

ご相談メールは下記をクリック
 http://form1.fc2.com/form/?id=245316
カテゴリ :資金調達 トラックバック(0) コメント(0)

価格比較サイトビジネス

 2008-04-08
商品知識に精通した

「オタク」を社員に起用



先日、日経新聞にて掲載されていた

ユニークな企業を紹介します。


運営する価格比較サイトには、月間600万人の

ユーザーがアクセスするという。


収入の80%が顧客企業からの情報掲載料と

店舗への送客代で、得意とするのは

パソコンとその周辺機器などの

マニアの多い商品領域


そのため、各分野の詳しい知識を持つ

「オタク」を1本釣りで社員として採用

している。


その採用方法がユニークで、マニア用語を

検索エンジンに打ち込み、行き着いた

サイトに、「うちで働きませんか。有給で

いつでも好きなことができますよ。」と

メールを出すという。


「購買支援」というテーマに、とことん

こだわったそのユニークな企業はこちら


はげみになります。下記ランキングをクリックお願いします!

       


本来、くっつかないはずの
金属と樹脂を接着


財務会計・税金・開業手続・法人設立手続
資金調達・その他事業に関するご相談は

三和会計事務所ホームページ

個人営業の方も法人営業の方もお気軽にご相談ください

ご相談メールは下記をクリック
 http://form1.fc2.com/form/?id=245316
カテゴリ :その他 トラックバック(0) コメント(0)

機械担保ローン

 2008-04-07
担保となる不動産が無い

企業の資金調達手段として



製造業などで、担保提供資産が

不足しているため、資金調達が困難で

あった企業の金融機関からの新しい

資金調達方法として機械担保ローンが

増えてきています。


四国の金融機関では、伊予・四国・阿波・愛媛

の各行が興銀リースと組み、機械担保ローン

を開始しています。


はげみになります。下記ランキングをクリックお願いします!

       


日本政策金融公庫に統合する中小公庫
と農林公庫が連携して中小企業支援


財務会計・税金・開業手続・法人設立手続
資金調達・その他事業に関するご相談は

三和会計事務所ホームページ

個人営業の方も法人営業の方もお気軽にご相談ください

ご相談メールは下記をクリック
 http://form1.fc2.com/form/?id=245316
カテゴリ :資金調達 トラックバック(0) コメント(0)

使用者賠償特約

 2008-04-05
企業が負う使用者責任に

備えるための保険



使用者賠償責任補償特約という任意労災保険

のオプションをご存知でしょうか。


これは、従業員等が業務上の事故等によって

身体障害を被った場合に、慰謝料など企業が

法律上負担することとなった金額について

一定金額の保険金が支払われるものです。


製造業や建設業の現場では、ちょっとしたケガ

程度では済まない、大きな事故も起こりえます。


このような事故が起きた場合、安全配慮義務を

有する企業の使用者責任は、ほとんどのケース

において、100%回避することは不可能です。


しかも、大事故の場合、その慰謝料は莫大な

金額になります。

しかし、政府労災および通常の任意保険金の

範囲内では、その全額を、カバーできる

ケースは、まれです。


製造業および建設業の経営者はもちろん

大事故につながる業種や、ストレスの多い

職種の経営者は、使用者賠償責任補償特約

について、検討してみてはと思います。


はげみになります。下記ランキングをクリックお願いします!

       


手形の電子化により
コストの削減を期待


財務会計・税金・開業手続・法人設立手続
資金調達・その他事業に関するご相談は

三和会計事務所ホームページ

個人営業の方も法人営業の方もお気軽にご相談ください

ご相談メールは下記をクリック
 http://form1.fc2.com/form/?id=245316
カテゴリ :その他 トラックバック(0) コメント(0)

実践勉強会4月度

 2008-04-04
080403_1819~0001



税理士、中小企業診断士、弁護士、公認会計士

司法書士、銀行員、保険代理店など、若手メンバー

が参加する月例勉強会「スーパービジョン2008」

を先日開催しました。


今回の勉強会のテーマは次の2つでした。

 「個人民事再生手続」

 「不慮の事故に備える企業防衛」


実践勉強会スーパービジョン2008では

地域企業の事業再生に関心のある

若手メンバーの参加者を募集しています。

興味のある方はご一報ください。


はげみになります。下記ランキングをクリックお願いします!

       


うちの会社はいくら売上があれば
回っていくんですか?


財務会計・税金・開業手続・法人設立手続
資金調達・その他事業に関するご相談は

三和会計事務所ホームページ

個人営業の方も法人営業の方もお気軽にご相談ください

ご相談メールは下記をクリック
 http://form1.fc2.com/form/?id=245316
カテゴリ :その他 トラックバック(0) コメント(0)

挑戦支援資本強化特例制度

 2008-04-02
中小公庫が中小企業向けの

劣後ローン貸出制度を創設



劣後ローン貸出とは、企業の立場からすれば

他の借入金よりも返済順位の劣後する借入金です。


ですから、より資本金に近い性質のものです。

中小公庫が取り扱う、この劣後ローン貸出の

特徴は、その金利設定にあります。


貸付後1年ごとに、直近決算の成功度合いに応じて

9.95%、5.30%、0.40%の3区分の利率が

適用されます。


企業が成功すれば金利が多くなるということです。

この点も、資本金に類似するシステムだといえますね。


くわしくはこちらから


また、この劣後ローン貸出は、金融機関の査定(評価)

においても、資本とすることができる旨が

金融庁から公表されています。


詳細はこちらから


はげみになります。下記ランキングをクリックお願いします!

       


小規模企業共済で事業リスクに備える

財務会計・税金・開業手続・法人設立手続
資金調達・その他事業に関するご相談は

三和会計事務所ホームページ

個人営業の方も法人営業の方もお気軽にご相談ください

ご相談メールは下記をクリック
 http://form1.fc2.com/form/?id=245316
カテゴリ :事業再生 トラックバック(0) コメント(0)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫