ローンorリースの選択

 2008-06-29
設備投資に当たって、ローンorリース

の選択は、会社の現状・財務内容

方向性・将来予測によって決定する



クライアントの設備投資計画を検討するに

当たって、設備の購入方法を、ローンにするか

リースにするかシュミレーションしている。


1億円の設備(法定耐用年数10年)を、ローンおよび

リース共、期間は7年、ローン年利率1.8%・元金均等返済

でシュミレーションしてみた。


シュミレーションに当たっては、その設備にかかる法人税

住民税、消費税の支出も考慮した。(定率法による減価償却)

ただし、償却資産税・特別償却・税額控除・再リース料

保険料・据付費・値引きは考慮しないこととした。


現金収支を比較すると、以下のような結果となった。

① 総現金収支での比較

   リースの方が、340万円程支出が多い。

② 初年度の現金収支比較

   リースの方が、819万円程支出が多い。

③ 2年目の現金収支比較

   リースの方が、168万円程支出が多い。

④ 3年目の現金収支比較

   今度はローンの方が、7万円程支出が多い。

⑤ 4年目の現金収支比較

   ローンの方が、135万円程支出が多い。

⑥ 5年目の現金収支比較

   ローンの方が、226万円程支出が多い。

⑦ 6年目の現金収支比較

   ローンの方が、291万円程支出が多い。

⑧ 7年目の現金収支比較

   ローンの方が、336万円程支出が多い。


結果を見ると、設備投資当初はローンの方が

資金繰りは楽だが、後半はリースの方が

資金繰りが楽になる。(ただし、8~10年目は

減価償却があるため、ローン有利となる)


ただ、表面上の資金繰りだけで、選択を決定する

わけにはいかないと考えられる。

例えば、リースの場合はリース債務が会社の

BSには計上されないため、会社の現状によっては

金融機関の評価を低下させないというメリットがある。


したがって、選択に当たっては、将来の売上予測

資金繰り予測、他の設備投資・修繕の予測も

検討しなければならないと考えられる。


はげみになります。下記ランキングをクリックお願いします!

       


中小製造業の設備投資は
機械の維持・補修、更新が中心


財務会計・税金・開業手続・法人設立手続
資金調達・その他事業に関するご相談は

三和会計事務所ホームページ
スポンサーサイト

速報!セーフティーネット保証発動

 2008-06-24
連鎖倒産等を防止するため

保証協会が別枠の保証枠を設定



詳しくはこちら


はげみになります。下記ランキングをクリックお願いします!

       


地域小企業の有力借入方法である
保証協会付融資が減っています


財務会計・税金・開業手続・法人設立手続
資金調達・その他事業に関するご相談は

三和会計事務所ホームページ

事業承継シリーズ第3弾

 2008-06-22
事業承継は相続税対策だけではない

トータル的な対策を考えましょう



20年7月度 月例セミナーのご案内!

会社後継者、若手経営者、若手経営幹部など

20~40歳代の方を対象に毎月、経営に関する

勉強会を開催しています。


今回のテーマは「事業承継を考える。シリーズ第3弾!」

今回は、シリーズ3回目になりますが

前回分に参加されていない方でも、事業承継に関心のある方

にとって意義ある内容ですので、遠慮なくご参加ください。


事業承継シリーズは特に2代目経営者様に

大変ご好評頂いております。

第3弾のテーマは、「相続税・贈与税の計算方法」

「自社株式の評価方法」、「会社の機関設計」

について考察していきます。


<講師> 三和会計事務所 税理士 米田守宏

開催日:7月14日(月)19:00~

お問合せは 三和会計事務所 担当:坂本まで


はげみになります。下記ランキングをクリックお願いします!

       


代表者が60歳代で40%、70歳代では
30%の企業が後継者が決まっていない



財務会計・税金・開業手続・法人設立手続
資金調達・その他事業に関するご相談は

三和会計事務所ホームページ

中小製造業の設備投資スタンス 2008年度計画

 2008-06-14
中小製造業の設備投資は

機械の維持・補修、更新が中心



中小公庫より

中小製造業設備投資動向調査
 2008年度当初計画

が公表されています。


調査によると業種別では

「非鉄金属」「鉄鋼業」「プラスチック」が

増加の見通しです。


設備投資内容は

昨年に引き続き、「建物・構築物」のウェイトが

低下する一方、「機械・装置」のウェイトが上昇

しています。


設備投資の目的は

「更新・維持補修」の割合が最も高くなっています。

ちなみに昨年までは、「能力拡充」の割合が

最も高かった。


これらのデータと私の感覚により想像されることは

中小製造業は

「売上高・販売先の拡大」よりも、「コスト競争力」

に注力する傾向がうかがえます。


したがって、中小製造業の今後のテーマとして

「省エネ対策」 「IT化」 「内製化」 「人材育成」

が重要なキーワードになっていくと考えられます。


中小製造業設備投資動向調査


はげみになります。下記ランキングをクリックお願いします!

       


製造業では、電子商取引が売上の
50%を占める企業も、旅館・ホテル業
では、ネット利用客が25%の企業も


財務会計・税金・開業手続・法人設立手続
資金調達・その他事業に関するご相談は

三和会計事務所ホームページ

実践勉強会6月度

 2008-06-08
中小企業の再生・資金繰り・その他財務

をテーマに月例勉強会を開催しています



当勉強会は、会計事務所を中心メンバーとして

毎回、弁護士などの専門家、銀行・保険会社等の

金融機関の方々なども参加して、実務に基ずく

スキームや事例を議論・検討しています。


今回は、以下のような内容でした。


「企業再生コンサルタント S氏の講義」

 銀行出身のS氏の講義は非常に実務的であり

 現在の再生実務を実践できる内容でした。

 また、企業が窮境に陥る前にしておくべき

 銀行取引対策も、お話しいただきました。


「信用組合行員とのディスカッション」

 保証協会付融資の現状など、小企業向け

 融資実務についてディスカッションしました。


はげみになります。下記ランキングをクリックお願いします!

       


  実践勉強会5月度

財務会計・税金・開業手続・法人設立手続
資金調達・その他事業に関するご相談は

三和会計事務所ホームページ
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫