金融機関の時価会計凍結

 2008-10-25
金融危機・株価下落・倒産増加による

地域金融機関のダメージは

相当なものです。



先日、新聞記事にて金融機関の時価会計を

一部凍結する方向へと掲載されていました。


これにより、金融機関のダメージを軽減し

財務内容の悪化を防止するという趣旨です。


ご存知の方も多いと思いますが、これが

どういうことか簡単に説明します。


・そもそも当該時価会計とは、金融機関が

 資金運用目的で所有する株式や債券など

 の有価証券を、決算期時点の時価で

 決算の数値に計上することです。


 ですから、例えば1億円で購入した株式の

 決算日の市場価格が8千万であれば

 銀行等のBSには8千万円で計上され

 PLには2千万円の損失が計上されます。


・上記のような時価会計をしないということは

 2千万円の損失の計上をしなくて済むという

 ことになります。


・損失を計上しないで済むので利益が出しやすく

 なり、金融機関の財務内容の悪化を防ぐ

 ことになるわけです。


しかし、このように時価会計の凍結によって

所有有価証券の損失を計上することは防ぐ

ことができたとしても、地方銀行などは

企業倒産の増加による不良債権の拡大により

その損失の計上も大きなものとなりそうです。


特に、昨今の不動産デベロッパーの倒産は

予期せぬ黒字倒産が多いことから損失の計上

は多大なものとなる可能性が高いでしょう。


はげみになります。下記ランキングをクリックお願いします!

       
スポンサーサイト

制度融資の要件緩和

 2008-10-18
香川県保証協会の制度融資の

要件緩和が行われています。



緩和の主な内容は次の通り。


1.融資対象者の拡大

  ・最近3ヶ月又は6ヶ月の売上高が、前3年のいずれか

   同月の売上高に比較して5%以上減少した場合


  ・原材料や燃料の高騰の影響により経営が

   著しく悪化した場合


  ・取引先の倒産により債権回収が困難になっている場合


2.融資限度額の引き上げ

  3,000万円から、5,000万円に


3.融資期間の延長

  7年以内から、10年以内に


上記の中で、特に融資期間の延長は喜ばしいことですね。

融資期間が長ければ、毎月の返済負担が軽く

返済のための資金繰りに四苦八苦することなく

経営の立て直しに集中することができます。


要件緩和の詳細はこちら
  http://www.kagawa-cgc.com/information/kenkanwa.pdf


はげみになります。下記ランキングをクリックお願いします!

       

金融相貸し渋り対策を早急に

 2008-10-11
中小企業への貸し渋りにより

さらなる倒産増加の悪循環が



メガバンクの中小企業融資からの撤退

地銀・信金等の地域金融機関の財務悪化による

中小企業への貸し渋り


このような状況が続けば、さらに中小企業の倒産が

増加し、これを受けて不良債権の増加する地銀等が

さらに貸し渋るという悪循環が起こります。


中川金融相は、先日

「金融機関のリスク回避を誘導するような

 金融監督行政では駄目だ」と言っています。


しかし、民間金融機関に対して、「貸し渋るな

だけど、不良債権は増やすな」といっても

無理があるでしょう。


昨年導入された信用保証協会の責任共有制度も

地域金融機関の中小企業融資への貸出の障壁と

なっています。


中小企業は、どうすればいいのか。政策を待って

国がなんとかしてくれるだろうと考えていては

間に合わないでしょう。


借入が出来なくなったら、リスケジュールを選択する

ことが会社が生き残る最善策です。

極力、消費者金融から借りたり、従業員や取引先に

迷惑をかけないようにするべきです。

これをやれば、企業は力を弱めます。

金融機関の返済を待ってもらっても企業の力は

弱まりません。


会社はそう簡単に潰れるものではありません。

銀行が貸してくれなくなった。返済が困難になってきた。

このような状況になっても冷静に対処して

企業パワーを弱めないように、経営改善策を真剣に

考え、実行すれば、必ず立ち直ることができます。

経営を継続することができます。


関連記事はこちら


私たちは、借入金問題を抱える中小企業を応援しています。

  地 域 企 業 再 生 実 践 会


はげみになります。下記ランキングをクリックお願いします!

       

在庫削減を図る

 2008-10-04
在庫管理はお金の管理と同じです。


中小企業ビジネス支援サイトより、余剰在庫を削減する

ことにより、隠されていた問題点が明らかになる

という話が掲載されていました。

興味深く、参考になると思うので取り上げました。


在庫を減らすことにより、次のような改善例が考えられる

と記載されていました。


①不良品発生に備えてもっていた在庫を少なくしてみる。

  不良品が出ると他工程がストップする→不良発生に

  よる停止の状況が一目瞭然に分かる→品質管理の

  強化や作業工程の改善を行う。


②外注部品の納期遅延に備えてもっていた在庫を

 少なくしてみる。

  外注部品の遅れで自社工場の工程がストップする

  →外注管理不備による工場への影響がよくわかる

  →外注管理の改善に着手する。


③機械故障に備えてもっていた在庫を少なくしてみる。

  機械故障があると他工程がストップする→機械故障

  による停止状況がよく分かる→設備保全を強化する。


在庫はお金と同じです。上手に使うことによって

企業の資産を有効利用することになり、企業の財務基盤の

強化につながります。


中小企業ビジネス支援サイト同記事はこちら


はげみになります。下記ランキングをクリックお願いします!

       
 
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫