目の前の人を癒す

 2011-03-27
幸せな生き方と経営

「目の前の人を助ける、癒す、元気づける
 喜ばせる、感動させる」

結局、突き詰めて行くと、これを意識して行なう
ことによって、自分が幸せになれます。

これは、仕事も、生活も、遊びも同じです。

毎日の行動の全てを、このことに関連させて
行なうことが修行であり、喜びであり
生きる満足感です。

会社経営においても、社長は、お客様、従業員
取引先に対して、こうすべきです。

そして、それを、従業員が同じように
実践するのです。

そうすれば、幸せでいっぱいの会社に
生まれ変わることが出来るのです。

簡単なことです。

そして、お金が儲かったら、社長から率先して
それを、身近な人の幸せのために使いましょう。

そして、従業員も同じようにする。

この連鎖で、社会全体に幸せが広がって
行きます。

会社もさらに儲かるようになります。


「無料ニュースレター読者登録」
毎月、財務・税制の情報や、経営に有用な
情報を郵送します。

登録は下記をクリックしてお申込を!
   
 http://form.mag2.com/trutraheph


スポンサーサイト
カテゴリ :幸せな生き方 トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫