役員退職金の活用

 2012-08-31
おはようございます。

8月も今日で終わりですね
早いものです。

さて、今日は、「役員退職金」
のお話です。

「役員退職金」は節税対策として

非常に有効です。

退職金として受け取れば

給与よりも所得税が安いのです。

例えば、次のような一連の
対策が考えられます。

①現社長の退職に備えて
 損金算入が可能な生命保険に加入する。
 (法人の節税になる)

 解約返戻金を退職金の資金とするため。


②後継者が育った段階で
 社長は、非常勤会長職へ

 この時点で社長に退職金を支給する。
 生命保険を解約して退職金に充てる。

 非常勤会長としての給与は社長時の給与の
 半額以下に減額する。(そうしないと
 退職金が否認される可能性がある。)

この対策の注意点は

社長退職金の金額の決定です。

あまりにも過大な金額にすると

否認される可能性があるからです。

否認されない金額の許容範囲は

社長の退職時の給与額が
関係します。

退職直前の給与額が多いほど
許容範囲が大きいのです。

ですから、節税対策として
役員退職金を活用するのであれば

なるべく、退職前の社長の給与は

下げないことがポイントです。

そして、引退して会長職へ異動
となった時に

一気に半額以下に下げるのです。

その分、退職金を多く出すという
考え方をするのです。

もう一度言いますが
退職金に対する税金は安いのです。



「無料ニュースレター読者登録」
毎月、財務・税制の情報や、経営に有用な
情報を郵送します。

登録は下記をクリックしてお申込を!
   
 http://form.mag2.com/trutraheph



スポンサーサイト
カテゴリ :財務対策 トラックバック(-) コメント(-)

負債の部

 2012-08-29
おはようございます。

今朝は曇り空ですね。

雨が降って空気が綺麗に
なっています。

さて「決算書の見方シリーズ」です。

今回は、貸借対照表の全体像の続き
になります。

貸借対照表は大きく3つに
区分されていて

「資産の部」

「負債の部」

「純資産の部」

という構成になっています。

その中の「負債の部」に
ついてお話したいと思います。

「負債の部」には

基本的に

企業の「借金」が
記載されています。

一目で「借金」と分かる
ような項目

「短期借入金」「長期借入金」

というようなものは
分かりやすいですが

「買掛金」「未払費用」「預り金」

などの項目は

分かりにくいかも
しれませんね。

「買掛金」は、借金とは
言いにくいですが

企業が業者から仕入れをして

その仕入代金を翌月等に
支払う場合で

決算時の時点で

仕入れはしているが

支払がまだ行われていない金額が

「買掛金」となるのです。

なので、企業にとって

払わなければならない借金
のようなものと

考えることができます。

そして、「預り金」は

例えば、従業員の給料から
所得税を差し引いて

支給している場合に

その所得税は、一時的に
従業員から企業が預かって

後日、税務署に企業が納付
するものです。

ですから、これも、後日企業が
税務署に払わなければならない

借金のようなものと
考えることができるのです。

「未払費用」他の項目に
ついては

個別項目のお話の中で
説明していきます。

ようするに、「負債の部」には

直接的な「借金」の他に

将来的に、企業の支払義務が
あるものが含まれていると

理解していただければと
思います。

次回は、「純資産の部」について
お話したいと思います。


「無料ニュースレター読者登録」
毎月、財務・税制の情報や、経営に有用な
情報を郵送します。

登録は下記をクリックしてお申込を!
   
 http://form.mag2.com/trutraheph



カテゴリ :決算書の見方 トラックバック(-) コメント(-)

SRC総会

 2012-08-28
さて、今回、岡山にてSRCの総会&セミナーが
開催されますので、この機会にぜひ、ご参加ください。

全国から事業再生コンサルのスペシャリストが
たくさん集まってきます。

10月6日(土)の開催となります。

詳細・申し込みはこちら
 http://www.srcnet.jp/news/n_16.html
カテゴリ :事業再生 トラックバック(-) コメント(-)

手紙

 2012-08-25
こんばんは。

今日は、ビジネスパートナーの
結婚披露宴でした。

とにかく、感動しました!

中でも一番感動したのは

「手紙」です。

披露宴のテーブルに着くと

参列者全員に手紙が
置かれていたのです。

当然、手書きで

一人一人に対する
思いを

書いてくれています。

いまだに、感動が

醒めません

どんな余興よりも

最高のサプライズです。

あらためて手紙のパワーを
感じました。


「無料ニュースレター読者登録」
毎月、財務・税制の情報や、経営に有用な
情報を郵送します。

登録は下記をクリックしてお申込を!
   
 http://form.mag2.com/trutraheph




カテゴリ :幸せな生き方 トラックバック(-) コメント(-)

貸借対照表

 2012-08-22
おはようございます。

朝は涼しいです。

朝焼けで雲が紫に輝いて
とても綺麗でした。

さて、今日は「決算書の見方シリーズ」
です。

今回から、「貸借対照表」に
入っていきます。

まず、貸借対照表の全体像を、何回かに渡って
お話したいと思います。

貸借対照表は大きく、3つの区分に
分かれています。

貸借対照表の形式にもよりますが

左右に数字が記載されている
形式の貸借対照表であれば

左右の左側に「資産の部」が
あります。

資産の部には、会社が所有する
「財産」が記載されます。

ただし、その名称を見て
一目で「財産」と分かるようなもの

例えば、「現金・預金」「建物」
「土地」「車両」などがありますが

一目見ても、「財産」なのか
何なのか、分かりにくいものも
あります。

例えば、「前払費用」「繰延資産」
「仮払金」「立替金」「建設仮勘定」などです。

これらの項目は、基本的に
処分してお金に換えられるような
ものではありません。

では、なぜ、これらの項目が会社の
「財産」に含まれるのでしょう。

これらの項目は

現時点では、「財産」とは言いにくい
ですが

将来に、現金等の財産に変わったり

将来に、会社の営業活動に対して
貢献するものなのです。

例えば、「立替金」は一時的に
立替払いしている金額なので

現金として戻ってきます。

「繰延資産」は、会社の営業活動に
貢献する費用の数年分の金額が
記載されています。

まあ、これでも分かりにくいと
思いますが

これらについての詳細は
また、後日、各項目についての
お話をさせていただきます。

なので、今回は

「資産の部」には、一目で
「財産」と分かるもの以外に

そのようなものも記載されている
という理解でお願いしたいと
思います。

次回の「決算書の見方」シリーズは
貸借対照表の「負債の部」

について、お話をしたいと
思います。


「無料ニュースレター読者登録」
毎月、財務・税制の情報や、経営に有用な
情報を郵送します。

登録は下記をクリックしてお申込を!
   
 http://form.mag2.com/trutraheph



カテゴリ :決算書の見方 トラックバック(-) コメント(-)

24年9月 SRC瀬戸内定例セミナー 

 2012-08-21
一般社団法人事業再生支援協会(SRC)
瀬戸内支部では

毎月、香川県・岡山県の参加者を中心に、

事業再生コンサルタント講座及び親睦会を開催しています。

平成24年9月度の開催内容は次のとおりです。


日時:平成24年9月13日(木)18:00~20:00

場所:岡山国際交流センター 会議室3

受講料:(SRC会員)無料
    (一般参加)1万円*ただし、初回は無料
     *懇親会費は別途4000円

テーマ:事業再生コンサルタント講座

事務局:三和会計事務所(担当)坂本勇治
    TEL 087-862-6715

参加のお申込み、お問い合わせは事務局まで

カテゴリ :事業再生 トラックバック(-) コメント(-)

「頭に汗かく会」参加者の声

 2012-08-20
第23回「頭に汗かく会」を
開催しました。

参加者の皆さん
ありがとうございました。

今回のテーマは

「とことん、やる!」

という内容でした。

参加者の皆さんからアンケートを
頂きましたので

ご紹介します。


・飲食店経営者

「本日はお招きいただき、誠にありがとうございます。
今回のこの会への参加をHさんからお伺いした時に
ぜひ、参加したい!と思っていましたが、参加して
本当に良かったと思っています。毎日の生活の中で
自分だけの考えではわからないこと、解決できないことが
たくさんありますが、みなさんのお話を聞かせて
いただいて、また、新しいことをいろいろ考えるきっかけ
づくりになりました。ぜひ、次回も時間の都合が合えば
参加させていただけたらと思います。
今日は、ありがとうございました。」


・福祉関連企業経営者

「初めての参加で、今まで他業種の経営者と深く
接することも少なく、情報や知識を得られる場が
出来て、すごく勉強になりました。新たなビジネスが
広がればと思います。」


・医療関連社長

「今日も色々な方と知り合えて楽しかったです。
だいぶ、脱線しましたがフェイスブックを見てください。
今日得たものは、コミュニティを作るのが大事なこと
だと思いました。ありがとうございました。」


・福祉関連経営者

「今日の参加メンバーの考え方、行動が
とても勉強になりました。」


・製造業社長

「今後の経営戦略(ヒント)につながりました。
色々な意見は大変、楽しく思います。」


・不動産業社長

「違う考え方、人の使い方等、新鮮な考えが
できてきました。」


ありがとうございました。

次回の「頭に汗かく会」は、9月24日(月)
19時からとなります!

メール申込みはこちら
     http://form.mag2.com/prupouridr


カテゴリ :頭に汗かく会 トラックバック(-) コメント(-)

「捨てる」という選択

 2012-08-18
こんにちは。

今日も暑いですね。

でも、もうすぐ夏も終わります。
それまで、夏を楽しみましょう。

さて、今日は「捨てる」ことが
「変わる」ことになる

というお話です。

自分が成長していくために

「変わる」ということは

非常に大切なことの1つです。

「変わる」ためには

新しいことにチャレンジしたり

交友関係を変えてみたりと

いろいろあると思いますが

まず、自分が今までこだわって
いたことを

「捨てる」ことで

自分が「変わる」ことが
あります。

当たり前のようにしていたこと

良いと思って
行っていた習慣など

時々、じっくり、冷静に
考えてみてください。

たしかに、継続は力なり
ということもあります。

信じて続けることも
大事ですが

ときには、変えてみることで

新しいステージが立ち上がる
かも知れません。

「変わる」ために

新しい自分になるために

「捨てる」という選択も

時には必要なことだと
思うのです。


「無料ニュースレター読者登録」
毎月、財務・税制の情報や、経営に有用な
情報を郵送します。

登録は下記をクリックしてお申込を!
   
 http://form.mag2.com/trutraheph





カテゴリ :幸せな生き方 トラックバック(-) コメント(-)

返済猶予の再依頼

 2012-08-17
おはようございます。

先日から車での出勤コースを
変えています。

理由は、「サンフラワー通り」
という道の名前が好きだからです。

さて、今日は「リスケ」に
関するお話です。

「リスケ」とは、企業が
銀行等に対して

借入金の返済を猶予してもらう
ことをいいます。

昨今は、その「リスケ」の
再猶予を銀行さんに

お願いするケースが
増えています。

1年間の猶予をいただいたが

思うように業績が回復
しないので

もう1年間、待ってもらう
というお願いです。

これに対して

金融機関のお返事は

明らかに
銀行さんは

少し厳しい対応に
なっています。

今後は、もっと厳しく
なっていくことが

予想されます。

これに対し

日本政策金融公庫さんは

まだ、対応が優しい
感がありますね。


「無料ニュースレター読者登録」
毎月、財務・税制の情報や、経営に有用な
情報を郵送します。

登録は下記をクリックしてお申込を!
   
 http://form.mag2.com/trutraheph


カテゴリ :事業再生 トラックバック(-) コメント(-)

当期純利益

 2012-08-16
おはようございます。

今朝は涼しいですね。
少し秋の気配を感じます。

さて、今日は「決算書の見方」
シリーズです。

損益計算書の最終項目である
「当期純利益」についてです。

当期純利益は

「税引前当期純利益」から

「法人税等」を差し引いた

最終利益です。

会社の1年間の利益という
ことになります。

「法人税等」には

法人税の他に

法人住民税、法人事業税が
含まれます。

「法人税等」は

中小企業であれば

おおむね、税引前当期利益の

30%~40%ぐらいですね。

なので、企業が稼いだ1年間の
利益のうち

3割~4割を国や地方に納め

後の6割~7割が企業の自由に
出来る。

ということになりますね。

そして、「当期純利益」は

株主に配当を行えば

配当を行った後の金額が

行わなければ、そのままの金額が

「貸借対照表」の方の

「純資産」に含まれる
こととなります。

これは、「貸借対照表」の
見栄えを良くすることになり

反対に、赤字であれば

貸借対照表の純資産を
減らすこととなるので

見栄えを悪くすることに
つながるということに
なるのです。


「無料ニュースレター読者登録」
毎月、財務・税制の情報や、経営に有用な
情報を郵送します。

登録は下記をクリックしてお申込を!
   
 http://form.mag2.com/trutraheph


 
カテゴリ :決算書の見方 トラックバック(-) コメント(-)

人生のステージ

 2012-08-13
こんばんは。

お盆休みも中盤ですが
ウォーキングしながら観た
花火も格別でした。

さて、今日は

「人生のステージ」について
考えてみました。

時々、自分の人生のステージ
について

考えてみることも

必要かなと思うのです。

過去を振り返ってみて

今を確認してみたり

でも、やっぱり

一番大事なのは

これからのステージですよね。

ステージはおおざっぱに

10年単位で考えてみます。

これからの10年ごとの

ステージを

どんな魅力的なステージに
したいのか

ワクワクしながら
考えてみましょう。

そして

そんなステージに
するために

自分をどのように
成長させていくのか

何に、力を注いで行くのか

考えてみましょう。


経営者、起業予定者、後継者、経営幹部
のための経営実践勉強会


 参加者募集中!!
http://sanwasakamoto.blog119.fc2.com/blog-category-15.html


カテゴリ :幸せな生き方 トラックバック(-) コメント(-)

相談の受け方

 2012-08-11
おはようございます。

おぼん休みが嬉しいのか

ゆっくり寝れるのに

いつもより早く目が覚めて
しまいました。

さて、今日は、相談を受けた
ときの対応のお話しです。

男性から相談を受けた
ときには

なるべく

すぐに結論を答える
ようにします。

理由は後から
説明します。

お互いのやり取りの中で

最初に答えた結論を
修正することもあります。

そして、最終的に
相手が動けるように

具体的な解決策を
話します。


女性から相談を受けたときには

結論は言わないで

「それで?」

「なぜ、そうなったの?」

「そうだね」

「どう思うの?」

相槌を続けます。

そして、相手から

「で、どうしたらいいですか?」

と言われて初めて

結論を答えます。

その後は、男性と同じです。

結論を言わないことも
あります。


経営者、起業予定者、後継者、経営幹部
のための経営実践勉強会


 参加者募集中!!
http://sanwasakamoto.blog119.fc2.com/blog-category-15.html


カテゴリ :幸せな生き方 トラックバック(-) コメント(-)

特別損益について

 2012-08-10
おはようございます。

今朝は、空気が少し冷たくて
気持ちが良いです。

さて、決算書の見方シリーズです。

今日は、損益計算書の項目の中で

最下部の項目である

「特別損益」についてです。

特別損益の項目の中には

毎期、毎期に発生するような
ものでない

利益や損失が記載されます。

よく出てくる科目に

「固定資産売却損益」

があります。

これは

会社の貸借対照表に記載されている

土地、建物、機械や車両などを

処分・売却した場合に

その売却した時点での

その機械等の帳簿価格よりも

売却等によって収入したお金が

多ければ「固定資産売却益」

少なければ「固定資産売却損」

となるのです。

また、「固定資産除却損」又は

「固定資産廃棄損」

という科目も「特別損益」項目の
中で登場することがあります。

これらの、除却・廃棄は

その名前のとおり

使っていた機械等を

廃棄等した場合に

その廃棄にかかった
運搬料等のお金と

その時点での帳簿価額との

合計額が「固定資産廃棄損」等の
金額になります。

さらに、実際に廃棄を行って
いなくても

すでに、使用していない機械等を

倉庫等で保管していて

今後、使用する見込みもなく

売却することもできないような

ものがある場合には

その帳簿価格を

「固定資産除却損」として
費用にすることが可能なので

節税の観点からも

このような固定資産について

帳簿価額がどうなっているか

ということを確認することも

意義あることですね。


「無料ニュースレター読者登録」
毎月、財務・税制の情報や、経営に有用な
情報を郵送します。

登録は下記をクリックしてお申込を!
   
 http://form.mag2.com/trutraheph


 
カテゴリ :決算書の見方 トラックバック(-) コメント(-)

社長の連帯保証

 2012-08-09
おはようございます。

今朝はとても涼しくて
気持ち良いです。

さて、今日は「社長の連帯保証」
についてのお話です。

時々、質問を受けるのですが

会社の決算書の成績も良く

業績も好調で

銀行の方から「借りてくれませんか」

という話なのに

「なぜ、社長個人の連帯保証が
必要なのでしょう?」

「連帯保証は絶対にしなければ
いけないものなのでしょうか?」

という質問です。

それは

銀行の立場に立って考えれば
分かります。

中小企業の場合は

社長と会社が一体です。

株主(会社の所有者)も社長
であり

経営権も社長にあります。

ようするに、会社のお金を
どう使おうが

社長の裁量で

自由にできるわけです。

ですから、銀行は

会社にお金を貸す

イコール

社長にお金を貸す

ということと同じ

ということが考えられる
わけです。

例えば

会社が銀行から借りた
お金を

社長が会社から借りて

愛人に貢ぐ

ということもできるわけです

ただし、銀行も絶対に

社長個人の連帯保証を取らなければ
ならない

ということではないですから

会社と社長個人に対する

大きな信頼関係があれば

連帯保証なし

ということもあり得ます。

社長は、そこを目指しましょう。



「無料ニュースレター読者登録」
毎月、財務・税制の情報や、経営に有用な
情報を郵送します。

登録は下記をクリックしてお申込を!
   
 http://form.mag2.com/trutraheph


 

カテゴリ :銀行取引 トラックバック(-) コメント(-)

SRC瀬戸内セミナー

 2012-08-08
24年8月度SRC瀬戸内セミナーを
開催しました。

今回は

㈱フィナンシャル・インスティチュート
 代表取締役 川北英貴氏

の講演でした。

事業再生コンサルタント35名を有する
㈱フィナンシャル・インスティチュート
のビジネス内容

銀行出身である川北氏から
金融円滑化法の今後について

素晴らしいお話をいただきました。

また、川北氏は事業再生コンサルタントの
信頼度、認知度をもっと高めたい

という熱い想いがあり

我々、SRCのメンバーとも

志が一致するところでした。


次回のSRC瀬戸内セミナーの開催は

9月13日(木)

岡山開催になります。

事業再生のパイオニア

CTP(認定事業再生士)

 立川昭吾氏

の講演になります。

ご期待ください!

カテゴリ :事業再生 トラックバック(-) コメント(-)

第23回 「頭に汗かく会」

 2012-08-07
最大の経営戦略は変化し続けることです

「どうやって変化するか」のヒントをつかむ
ために、一緒に勉強しませんか

「頭に汗かく会」は企業の成功事例や成功者の考え方を題材に
参加者同士が考え方や体験談を「話し」「聞く」ことによって
企業の収益力アップのスキルを高めていく勉強会です。

「頭に汗かく会」3つの目的

「自分を高める」「つながる」「変化する」

○ 聞くことで考え方を参考にし、話すことで自分の考えをまとめ、自分を高めます。

○ 参加者同士が交流を深めることで、人脈形成や経営のメリットにつなげます。

○ 考え方に刺激を受けて、変化するための行動のきっかけとします。

今回の内容

「とことん、やる!」

日本トップレベルの経営者が成功するまで

とことんやってきた、その仕事術について

徹底研究・議論していきます。


開催日 平成24年8月18日(土)15時~18時 終了後懇親会

場所 三和会計事務所 会議室

参加費 1,000円(懇親会費別)

お問合せ 三和会計事務所(087-862-6715)担当:坂本


メール申込みはこちら
     http://form.mag2.com/prupouridr


カテゴリ :頭に汗かく会 トラックバック(-) コメント(-)

消費税改正にかかる経過措置

 2012-08-06
おはようございます。

少し涼しい朝です。

太陽のまわりの雲が
アートのように綺麗です。

さて、今日は消費税の改正に伴い

経過措置されるものについての
お話です。

その内容は

「建設工事請負契約」と

「不動産等の賃貸借契約」

についてです。

消費税の増税が開始されるのは

平成26年4月1日からですが

上記の契約について

その契約締結日が

平成25年9月30日
(消費税増税スタートの半年前)

までの契約については

増税前の消費税率である

5%の適用となるのです。

なので

例えば

26年4月10日に完成・引き渡しを

受けた店舗で、25年9月30日までに

契約していたものや

26年4月5日に納品された

機械や車両等のリース物件で

そのリース契約が25年9月30日までに

行われたものについては

5%の消費税で済むという

ことになるのです。


「無料ニュースレター読者登録」
毎月、財務・税制の情報や、経営に有用な
情報を郵送します。

登録は下記をクリックしてお申込を!
   
 http://form.mag2.com/trutraheph


経営指導が強み!
 三和会計事務所

   http://www.sanwa-ac.com/


 


カテゴリ :税金 トラックバック(-) コメント(-)

明るく、元気に

 2012-08-05
おはようございます。

夏ですね。

朝から虫の合唱が
心地よく聴こえてきます。

さて、今日は、やっぱり
「明るく元気に」のお話しです。

昨日、私は、商店街へ
買い物でブラブラしました。

色々なお店に入りましたが

暗い店は、お客さんがいない

明るくて元気な店は
お客さんが多い

お客さんがいないから
暗くなってしまう

お客さんがいるから
明るく元気になる

結果として、そうなるの
でしょうが

どっちが先かを
議論する話ではなくて

言いたいのは

「明るく元気に」は
演出できる

ということです。

演出でもいいから

そのようにしていれば

人が集まってきて

本当に、明るく元気になる。

みんな

明るく元気になりたい
と思っています。

だから、先に、自分から

「明るく、元気に、笑顔で」

ということを

忘れないように

したいですね。


「無料ニュースレター読者登録」
毎月、財務・税制の情報や、経営に有用な
情報を郵送します。

登録は下記をクリックしてお申込を!
   
 http://form.mag2.com/trutraheph


経営指導が強み!
 三和会計事務所

   http://www.sanwa-ac.com/


 


カテゴリ :幸せな生き方 トラックバック(-) コメント(-)

自分だけの成功

 2012-08-04
おはようございます。

週末ですね。
たいした予定はないですが

ワクワクします。

さて、今日は「成功」に
ついてのお話しです。

仕事を頑張って

たくさん働いて

考えて考えて

アイデアを出して

うまくいった

収入も増えた

でも、どうしても

他人が気になります。

「あの人には負けている」

「あの人には勝っている」

そう考え出すと

永遠に「幸せな成功」が

来ないかも

自分だけの「成功」

自分だけの「幸せ」

密かに、それを
想っていれば

他人を気にする
ストレスから

開放されるかも

しれませんね。


「無料ニュースレター読者登録」
毎月、財務・税制の情報や、経営に有用な
情報を郵送します。

登録は下記をクリックしてお申込を!
   
 http://form.mag2.com/trutraheph


経営指導が強み!
 三和会計事務所

   http://www.sanwa-ac.com/


 
カテゴリ :幸せな生き方 トラックバック(-) コメント(-)

消費税の中間申告制度改正

 2012-08-02
おはようございます。

今朝も少し風がふいて
気持ち良いです。

さて、今日は消費税の
お話です。

消費税の話は聞きたくない

という方も多いとは
思われますが

今回の消費税率引き上げ案の

衆議院可決に伴って

消費税の納税に関して

見直しさせることが
いくつかあります。

まず、1つに

中間申告制度について

新しい制度ができます。

消費税の中間申告制度とは

企業が、前年の消費税の年額を
計算のベースにして

あらかじめ、消費税を前払い
しておく

というものです。

この、中間申告制度の適用を
受けるのは

決算で計算された消費税の年額が

60万円超の場合に限る

というものでした。

しかし、今回の新しい制度は

60万円以下であっても

中間申告をすることができる

という制度が創設されるのです。

これは、企業が、毎月の資金繰りに

消費税を使ってしまっていて

決算で、1年分の消費税を

納付する際になって

手持ち資金が無くて

納税出来なくなってしまう

ということを

なるべく防止するために

創設される制度でしょう。

これが、見直し制度の1つですが

もう1つ、消費税に関連して

次回は、建設業者等の請負工事契約
を行う企業に関連する

経過措置制度についての
お話をします。


「無料ニュースレター読者登録」
毎月、財務・税制の情報や、経営に有用な
情報を郵送します。

登録は下記をクリックしてお申込を!
   
 http://form.mag2.com/trutraheph


経営指導が強み!
 三和会計事務所

   http://www.sanwa-ac.com/


 

カテゴリ :税金 トラックバック(-) コメント(-)

従業員負担の経費について

 2012-08-01
おはようございます。

今朝は少し風が吹いて
気持ち良いです。

さて、今日は従業員負担の経費
についてです。

会社がすでに支払をした

ガソリン代や電話料金などで

従業員が個人的に負担する部分
について

その負担部分の金額を、従業員から
会社が受け取った場合に

会計上、どのような処理を
すればよいか

というご質問が時々あります。

この場合は

旅費交通費や通信費などの

マイナス項目として

処理してください。

ただし、会社が利益を上乗せ
していない

ということが前提に
なりますが

例えば、仮に、この金額を
「雑収入」という項目で

処理した場合は

「雑収入」は営業外収益で
あることから

結果として

旅費交通費等が
過大になってしまい

正確な「営業利益」が
算定されないこととなります。

せっかくの「営業利益」を
減らすこととなってしまうのです。

もちろん、最終的な当期純利益は
変わりませんが

また、「雑収入」は

消費税の課税売上項目に
なる場合もあり

「簡易課税制度」を採っている
会社の場合は

消費税の負担上、不利に
なってしまう場合が
あるのです。


「無料ニュースレター読者登録」
毎月、財務・税制の情報や、経営に有用な
情報を郵送します。

登録は下記をクリックしてお申込を!
   
 http://form.mag2.com/trutraheph


経営指導が強み!
 三和会計事務所

   http://www.sanwa-ac.com/


 

カテゴリ :決算・会計 トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫