清濁併せ呑む寛容さ

 2013-11-30
たとえ自分自身の心が積極的に
なりえたとしても

自己の心の状態を基準にして

他人の心を推し量ることがあっては
絶対にいけない。

よりわかりやすく言うと

自分に対しては常に厳しく
あらなければならないが

これを他人に押し付けては
いけないのである。

すなわち他人に対しては

清濁併せ呑むという寛容さを
持つことである。

もしもこれを失うと

他人との勝ち負けにこだわる心が
瞬時に現れてきて

積極心の保持を妨害するからである。

(中村天風一日一話より抜粋)


「私見」
前向きに、自分を高めるようにつとめて
いると、ついつい、他人と比較する心が
現れてくる。これは、本能的なものだと
思う。だから、こういう心が出現しないように
つとめるのも、自分を高める修養だと
思うようにするしかない。
そして、いつも、自分は他人と戦って
いるのではない。自分と戦っているのだと
思うようにすることです。

スポンサーサイト
カテゴリ :天風研究 トラックバック(-) コメント(-)

生命の力

 2013-11-24
「人生建設に絶対的に必要とする
生命の力」とはどんなものかというと

次の六つに分類することができる。

①体力

②胆力

③精力

④能力

⑤判断力 

⑥断行力

である。

この六つの力のいずれか一つでも
欠乏し、または、不完全であると

人生の根本理想は根底から
覆されることになるのは

必至であるのを見逃すことは
できない。

(中村天風一日一話より抜粋)


「私見」
①体力
毎日の食事や運動を意識して勉強し
自分に合った体力づくりを心がける。
②胆力
難しい言葉ですが、私の解釈は、心の
余裕だと思っています。
心に余裕(安定感)を持たせるためには
人にやさしく、地球にやさしく、人の幸せ
のためにということを意識してすべての
ことを考え、行なっていくことです。
③精力
何に対しても「やる気」というものが
ないとうまくいかない。
「やる気」を出すためには、好きなことを
することと、なるべく好きになることです。
④能力
「やる気」があっても、何でもできるという
ものではない。やはり、勉強、修養、経験
というものが必要です。
⑤判断力
良い考え方というものを身に付け、その
考え方からぶれないように、物事を判断
する力を磨いていく。
そのために、積極的に行動し、反省し
成功体験を活かす。ということを繰り返す
ことです。
⑥断行力
自分が信じる行いを「続ける」ということ
です。
このような六つのことを、いつも、どんな
ときでも、何をするにも意識して、反省して
生きていくのと、しないのとでは、自分自身の
成長がまったく違ってくると思う。
自分という財産の価値が違ってくるという
ことです。
カテゴリ :天風研究 トラックバック(-) コメント(-)

言葉を選択しよう

 2013-11-23
人間が人生に生きる場合に
使う言葉を選択しなきゃだめなんですよ。

一言、一言に注意してもいいくらい

いくら注意しても、あなた方はヒョイと
気づかずに消極的なことを言ってますぜ。

あくまでも自分の心というものを

颯爽、溌剌たる状態にしておく
ためには

消極的な否定的な言葉は
だんぜん用いないこと。

(中村天風一日一話より抜粋)


「私見」
心がけているつもりでも、ついつい
言ってしまいます。
目の前の人がそうだとつられることも
多い。だから、なるべく前向きな
人と関わるようにすることが、消極的な
ことを言わないようにする最良の
方法ですね。
それから、心の中が消極的、否定的な思いで
いっぱいだと、それが言葉に出てしまいます。
だから、心をコントロールすることも大事
ですね。
心は、変えられないものではなくて
自分次第でどうにでも変えることが
できます。
カテゴリ :天風研究 トラックバック(-) コメント(-)

幸福は苦悩から生まれる

 2013-11-21
人生の幸福というものを

安易な世界に求めてはいけない。

言い換えれば無事平穏を幸福の
目標としないということである。

本当の幸福は、多くの人が忌み嫌う
苦悩というものの中にある。

すなわち、その苦悩をたのしみに
振り替えるところにあるのである。

(中村天風一日一話より抜粋)


「私見」
「これは大変だろうな。」「なんかいやだな。」
というような感じだったら、案外やって
みれば楽しめますね。それは気持ちの
持ちようだけのことであって、「楽しもう」
「楽しくやろう」という気持ちを持てば
本当に楽しめるものですね。
だから、やるべきなのです。
ただ、「これは絶対無理だ。」「絶対にいやだ。」
というようなことを苦しみを乗り越えて
楽しめるようになるには、相当な苦労がいる。
気持ちの持ちようだけで、簡単に楽しみに
変わるものではない。
だから、こういう場合は、少し考えた方が
いいと思う。途中でやめたら、つらいだけで
終わるかもしれないし、周りに迷惑を
かけることになるかもしれないから。
少しだけ無理をするというのが、幸せな
生き方だと思うのです。
カテゴリ :天風研究 トラックバック(-) コメント(-)

働くということ

 2013-11-17
世の多くの人々は

働くのは、学校を卒業して
就職試験に合格したからとか

あるいは生きていくために
というのが大抵の人の目的では
なかろうかと思います。

しかし、お互い人間がこうして
働くのは

人間の生まれついた役目なんです。
どんな身分になろうと

健康である限り

働かなくてはならないように
できています。

これ、人間として生まれた者に
与えられた大きな恩恵であり

慈悲であります。

(中村天風一日一話より抜粋)


「私見」
健康で働けるということは
本当に素晴らしいことだと思います。
働くこと、それ自体が人を幸せに
する行為にもなるし、働いて得たお金
で、人を幸せにすることもできる。
そして、働くことで人から感謝される
こともあるし、手伝ってくれた人や
助けてくれた人に対して感謝する
こともできる。
また、毎日働くからこそ休日が楽しい。
仕事というのは、本当に人間の幸せ
を大きくするものですね。


カテゴリ :天風研究 トラックバック(-) コメント(-)

消極的言葉の厳禁

 2013-11-16
絶対に消極的な言葉は
使わないこと。

否定的な言葉は口から
出さないこと。

悲観的な言葉なんか

断然もう自分の言葉の中には
ないんだと考えるぐらいな

厳格さをもっていなければ
だめなんです。

(中村天風一日一話より抜粋)


「私見」
消極的な言葉は、使っていると
くせになってきます。
でも反対に、積極的な言葉も
使っているうちにくせに
なってきます。
ですから、後者の方がくせに
なるようにすればいい。
小さなことから始めよう。
まずは、何を食べても「美味しい!」
と言葉に出すようにしよう。
人が聞いて、心地よいと思う言葉を
使うようにしよう。
そうすると、だんだん消極的な言葉が
少なくなってくる。
カテゴリ :天風研究 トラックバック(-) コメント(-)

時は金よりも貴重なり

 2013-11-15
事実を慎重に考察すると

極言すればあくびする時間も
とりかえせないのである以上

瞬間といえども軽々に徒費
すべきでなく

心として有意義に使って
活きるべきだと

厳かに自戒していただきたい。

そしてここに、時は金よりも
貴重なりという真の意義も

はっきりとわかってくると思う。

(中村天風一日一話より抜粋)


「私見」
時間をムダに使うべきでは
ないということは理解できます。
かといって、あくせくと時間を削ることも
ないと思う。
お金と時間をてんびんにかけたときに
時間の方を重視するというのは、どういう
ことかと考えてみると、例えば余裕な
お金があるとして、そのお金を使うことに
よって有意義な時間が過ごせるのにも
かかわらず、その時間を捨てて、お金の
減少を防ぐというのは、時間の方を
重視したことにならない。
また、自分を成長させるためや周りの
人を幸せにするためにお金の使い方を
考えたり経験することは、お金を貯める
ことよりも大きな財産になると思う。
カテゴリ :天風研究 トラックバック(-) コメント(-)

人間に年齢はない

 2013-11-14
いいですか、私はね、人間に
年齢はないと思っています。

年齢を考えるから年齢が
あるように思うけれども

六十、七十歳になろうと
自分が十七、八歳時代と考えてみて

違っているのは体だけ。

そして、もう一つ違っているのは
心のなかの知識だけの話で

心そのものはちっとも
変わっていないはずです。

ですから、四十や五十はもちろん

七十、八十になっても情熱を
燃やさなきゃ。

明日死を迎えるとしても

今日から幸福になって遅く
ないのであります。

(中村天風一日一話より抜粋)


「私見」
若い心と情熱を失わないために
なるべく若い人と関わるようにします。
そのためには、若者のマネをするのでは
なくて、若者に合わせるということです。
合わせるというのは、形をマネること
ではなくて、心を合わせるという
ことです。若者の情熱や吸収力や
素直さを感じ取って自分の心にも
それを思い出させるということです。
若者と関わるために、若者と同じことを
しなくてもいいのです。
年長者には年長者にしか出来ないこと
考え方がありますから、それを
上手に若者にアプローチすればいい。
カテゴリ :天風研究 トラックバック(-) コメント(-)

自分とは何者か

 2013-11-13
人間、この世に生きるのに何が
一番必要かといえば

人生に対する考え方です。

これを人生観という。

生きていれば絶えず何事かが
陰に陽に自分の人生を脅かす。

そのときに人生観があやふやだと

惨憺たる人生を歩むことになる。

だから、確固とした、強固として
動かざる人生観を持つことが必要なのだ。

そのためには、何をおいても、まず第一に

「自分が何者か」ということが
わからなければだめなんだ。

(中村天風一日一話より抜粋)


「私見」
「自分はこういう人間だ」ということを
ある意味決めつけてしまえばいい。
自分がどのようなことで人の役に
立てるのか、自分がどのように人を幸せに
できるのかということを毎日考えながら
選択していくということです。
選択するのですから、ああなりたいし
こうもなりたいという思いを改め
あきらめることや捨てることもします。
絞り込むということです。
そうして描く自分の理想像が人生観となり
それが生きて行く中での
判断基準や目標となります。
カテゴリ :天風研究 トラックバック(-) コメント(-)

求道とは実行である

 2013-11-11
いくら素晴らしい教えであっても

これを実行しなければ

それは絵に描いた餅にすぎない。

例えば、積極心を身につけるに
あたって

感謝の念が重要であることは
よく知っているはずだが

いざとなると
不平不満が先行して

なかなか実行が伴わない。

積極心を本当に絶対的に
したければ

その手始めに、一切の不平不満を
感謝に置き換える努力を
怠らないことである。

(中村天風一日一話より抜粋)


「私見」
不平不満を感謝に置き換えるというのは
言葉にすると簡単だが、実際現実的には
とても難しい。
思いどおりにならなかった時に
感謝の気持ちを持たなければならない
と思っても、なかなかそうは思えない。
その時は、くやしさや情けなさという
感情がとても強いから、それを感謝に
切り替えて、前向きになって、明るく
嬉しいという気分にはなれないのが
実際です。だから私の場合はそういう
時には、その日眠るまでの間は
おもいっきり、落ち込むようにして
翌日に感謝に置き換えるために
前向きに考えるようにしています。
その日は、自分をとことん責めて
どん底まで落ち込ませてから
次の日に立ち直らせて、さらに
自分がレベルアップしたと思える
ようにするのです。

カテゴリ :天風研究 トラックバック(-) コメント(-)

川下だけ掃除してもだめ

 2013-11-09
心と体という、命を形成している
ものの関係は

ちょうど一筋の川の流れのごとく
切れず、離れない。

そうして、常にこの川の流れの川上は
心で、川下は肉体だということに
気がついたならば

心というものはどんな場合が
あろうとも

積極的であらしめなければならんのは
当然だと気がつくでしょう。

(中村天風一日一話より抜粋)


「私見」
健康であるということが幸せに
生きるために重要であることは
だれもが理解するところです。
しかし、いくら体だけを癒したり
鍛えたりしても、心が病んでいれば
健康は損なわれていく。
ですから、第一順位は心ということ
になる。心を病ませないようにする
ために、明るく、前向きな考え方を
持つということが健康のために
一番大事なこととなる。

カテゴリ :天風研究 トラックバック(-) コメント(-)

生活の情味を味わう

 2013-11-08
生活の情味をあじわわずに
活きている人は

本当の人生生活は
ないといえる。

もっと極言すれば

人間の幸いとか、不幸とか
いうものは

結果からいえば

生活の情味を味わって活きるか
否かに所因するといえる。

貴賎貧富などというものは
第二義的なものである。

実際いかに唸るほど金が
あっても

生活の中の情味を味わおうと
しない人は

いわゆる本当の幸福を味わうことは
絶対にできない。

(中村天風一日一話より抜粋)


「私見」
単純に言えば、何でも喜ぶ心を
持つことですね。しかし、これが
案外難しい。不平不満の方に心が
向いてしまいがちなのです。
だから、そっちに心が向かないように
するために
ささいなことでも喜ぶように
小さなことに感謝するようにして
「嬉しい」「ありがとう」「美味しい」
「楽しい」「良かった」「すごい」
を毎日毎日たくさん言うことですね。
そうするとだんだん毎日の生活が
楽しくて幸福感が大きくなってきます。
考え方を変えるだけで、それまでなんにも
思わなかったことが嬉しいと思えたり
ありがたいと思えたりするのです。
自然に笑顔が増えて周りを明るくします。
周りを明るくすると嬉しいことが
増えてきます。
カテゴリ :天風研究 トラックバック(-) コメント(-)

精神的な筋骨を鍛える

 2013-11-05
人間の能力は、どんなことにも
気を打ち込んで行なう

という、ちょっと見ると、とても
平凡なような心構えから実現される。

従って、どんな小さなことでも
おろそかにしないという心構えを実行し

真剣に気を打ち込んで何事にも当たる
という心がけを切磋琢磨し

完全に精神的筋骨を鍛え上げるように
しなければならない。

(中村天風一日一話より抜粋)


「私見」
「小さなことをおろそかにしない」
というのは、私は、自分を、もう一人の
自分の心で、客観的に観ることだと思う。
それはどういうことかというと
自分が普段、ごくごく自然に、習慣的に
なんの気もなく、行なっていること
言っていることに対して、疑問を
持ってみる、反省してみる、相手の反応を
思い返してみるということです。
そして、それによって、改善をこころみる
ということを繰り返すということです。
それが、小さなことをおろそかにせず
切磋琢磨して生きていくことだと思う。
そのように生きていれば、例えば
「生活習慣病」というものには
ならなくて済むかもしれません。

カテゴリ :天風研究 トラックバック(-) コメント(-)

思考そのものが人生

 2013-11-04
厳格に考定すれば、人生とは
実は思考そのものなのである

否、極言すれば人生即思考とも
いえるのである。

これをもっと釈言すれば

思考の量と質の両者の総合現象が
人生なのである。

思考そのものが人生である以上は

およそ思考ほど人としてこの世に
活きる場合

これ以上重大なものはないと

厳格に考えるべきだと
いわねばならない。

(中村天風一日一話より抜粋)


「私見」
思うこと、考えることが自分の人生
を決めるほどに重要だとすれば
その思考の「質」が何よりも大事だと
思います。
その「質」をより良いものにするためには
自分が接し、関わるすべてに対する選択を
なるべく良質にするということも一つの
方法だと思います。
その「良質」というのは、けっして
「高級」や「高格」ということではなくて
人の体に心に良いもの、地球に良いもの
ということを、自分の良心に照らし合わせて
判断するということです。
カテゴリ :天風研究 トラックバック(-) コメント(-)

天才になるためには

 2013-11-04
おはようございます!

今朝は曇り空ですが、暖かくて
気持ち良いです。

さて、普段はTVをあまり観ない私も
休日の朝は観るのですが、今朝はNHKの
将棋の谷川浩司9段へのインタビュー番組を
観ていました。

数々のタイトルを取って、天才と言われた
谷川9段ですが、インタビューで「素晴らしい!」
と感じたのは、次の一言です。

天才と呼ばれたことについての質問に対し
谷川9段は、こう答えたのです。

「毎日、毎日、将棋に向き合うことができた
ことは才能だと思う。」

やっぱり、毎日、毎日、飽きもせず、同じことに
向き合うことが大切なんだと、あらためて
感じました。「感動です!」

毎日、毎日、同じことに向き合うことで
天才になれるんだったら、自分でも
出来そうな気がする。「やる気が出ます!」

そして、もっと言えば、その同じことに
創意工夫を重ねて

深めていく。

変化していく。

ということが必要なんだろうなと
思いますね。

朝から元気が出て、今日は良い一日に
なりそうです。「嬉しい!」

カテゴリ :幸せな生き方 トラックバック(-) コメント(-)

自己統御

 2013-11-03
本当に幸福な人生を生きるには
自己統御を完全にしなきゃだめだ。

自己統御を完全にするには
完全にする土台となるべき
認識力というものが

また完全であらねばならない。

認識力のほうをおいてきぼりにして
知識ばかり説いていると

学べば学ぶほど苦しくなり

極めりゃ極めるほど迷ってくる。

なぜかというと

正しい知識を分別する力が
なくなっちまうからであります。

回帰百万遍、理屈をべらべら
言うやつが

案外人生をのたうち回って
生きてる場合が多い。

(中村天風一日一話より抜粋)


「私見」
「認識力」、すなわち物事の本質を理解する
能力というのは、あくまでも自分の経験から
蓄積された、善悪を区別する考え方や価値観
人生観というものだと思う。それは、けっして
教科書に書いてあることや、他人から聞き知った
ことをそのまま当てはめたものではない。
ですから、その自分独自の感覚や理念があれば
どんなことに当たっても判断をすることができる。
何をすれば良いかがわかる。
何をしてはいけないかがわかる。
さらに、自分の体も心もコントロール
することができる。
「認識力」を高めるためには
人を幸せにするためにどうすればよいか。
人の役に立つためにはどうすればよいか
ということを、毎日考え、実行して、反省する
ことを繰り返すことが必要だと思います。
これは、大きなことをすることではなくて
ほんのささいなことでいいのです。


カテゴリ :天風研究 トラックバック(-) コメント(-)

理想と信念

 2013-11-02
理想には信念が必要なんですよ。

信念がつかないと、万難を突破しても
その理想の完成成就へと猛進しよう
とする力が、分裂しちまうんだ。

信念が出ると理想の完成成就へと
勇猛邁進させる力が

その心にひとりでにもたらされる
というより、ついてくる。

だから、常に理想を明瞭にその心に
描いて、変えないこと。

しかもその理想はあとうかぎり
気高いものであらなきゃいけない。

つまり、理想が人間を偉大にも
くだらなくもする

原動力となるのである。

(中村天風一日一話より抜粋)


「私見」
自分にとっての理想とは、人生を生きて行く
ための目標、目的のことです。
自分はどういう人間になりたいのか
どういう人間でありたいのか
何を成し遂げたいのか
それを、とことん考え抜いて、導き出す
のが、人生の第一目標といえる。
そのためには、まず、自分がどういう
人間であるのかを知らないといけない。
そして、第一目標である自分にとっての
理想が導き出されたら、それを達成できると
いうことを、絶対に信じて、とにかく
自分を信じて、生きて行く。
さらに、その理想をいつも頭に
イメージしていることが必要だという
ことだと思う。
そして、気をつけないといけないのは
その理想が悪い方向にならないように
しなければいけないということです。
だから、正しい考え方を身に付ける
努力もしないといけない。
カテゴリ :天風研究 トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫