気くばり、発見!

 2014-09-30
「気くばり」

聞くと、簡単なことが多いですが
奥が深い。

まだまだ、学ぶことは
あるようです。

ある社長は
飲み会などで

初めての飲食店に
行ったときには

必ず、自分が先に
トイレに入っておくという。

連れがトイレに立つ際に

場所を案内できる
ようにするためです。

脱帽でした!
スポンサーサイト
カテゴリ :前向きな人へ トラックバック(-) コメント(-)

女性の能力

 2014-09-29
男女の違い

というものが色々ある。

妻と私がある女性と
面談したときのことです。

妻も私もその女性とは
初対面です。

面談の後

その女性について
話したところ

妻は、その女性の
ありとあらゆるところを

見ているのです。

持っていたバッグの
ブランド名

携帯ケースの色と
服の色とのコラボレーションなど

私の方はというと

顔と体型と手

ぐらいしか見ていません。

おそらく、男性はそんなもん
ではないでしょうか。

物などの全体を観る眼力

物への関心度

という点において

女性の方が男性よりも
能力や意識が高いと思う。

女性は男性を観るのも
つぶさに見ているのでしょうか・・・
カテゴリ :その他 トラックバック(-) コメント(-)

簡単な経営戦略

 2014-09-28
「スタバ」と「タリーズ」に
よく行きます。

同じスタバでもタリーズでも
とても感じの良いお店と

そうでもないお店が
あります。

感じの悪いお店は
ないと思います。

もちろん、その差は
人です。

「笑顔」と「声掛け」
ですね。

良い店は人に
教えたくなります。

通ってしまいます。

チェーン店でも

同じ商品でも

差別化が図れるのです。
カテゴリ :経営力を高める トラックバック(-) コメント(-)

経営者が思うべきこと

 2014-09-26
経営者が一番大事に
すべきもの

それは

売上でしょうか

利益でしょうか

お客様でしょうか

社会貢献でしょうか

どれも一番ではありませんよね。

一番は、「従業員」ですよね。

その結果、売上も利益も
付いて来ます。

経営者が、自分のことを一番と
思ってくれない会社に

従業員は、会社を儲けさそうと
思うでしょうか。
カテゴリ :経営力を高める トラックバック(-) コメント(-)

思う習慣

 2014-09-25
自分を高めるための
一番の方法は何でしょう。

最も簡単で
誰でもできることです。

それは、

「学ぼう」
と思うことです。

第37回、「頭に汗かく会」を開催します。

9月29日(月)19時~21時

三和会計事務所 会議室

参加費 千円

ここから年収1億円プレーヤーを
出すのが夢です!


カテゴリ :頭に汗かく会 トラックバック(-) コメント(-)

最上級のプレゼント

 2014-09-19
素晴らしい「笑顔」に
出会うと

その日、一日が
いい日になります。

考えてみれば

ものすごくシンプルなことです。

人を笑顔にすることだけ
実践していれば

幸せに生きていけるのかも
しれない。
カテゴリ :幸せな生き方 トラックバック(-) コメント(-)

褒めるタイミング

 2014-09-18
人間、他人のわるいところには
とても気が付く。

仕事に関しても

部下や従業員に
指摘するところは

たくさん気が付く。

もちろん、それは、指摘して
改善していかないといけない。

ただ、これは誰でも
出来ることなのです。

ここで、大事なのは

褒めることなのです。

指摘するときに必ず

褒めるところを探します。

これが、難しいのですが

そういう習慣を付けていると

自分の人間力を高めることに
なるのです。

相手も仕事が楽しく
なるのです。
カテゴリ :経営力を高める トラックバック(-) コメント(-)

人生の目的

 2014-09-17
大好きな

大好きな

「絢香」のライブに

行ってきました。

一晩明けても

まだ、感動が覚めません。

エネルギー充電になった。

こういうものを

目指したい!
カテゴリ :幸せな生き方 トラックバック(-) コメント(-)

第一歩

 2014-09-16
パーティーなどで

となりに座った
見知らぬ人に

すぐに話しかけてくる。

これが出来る人は
素晴らしい。

まごまごと、相手の
人物などを推測していると

話しかけられなく
なってしまう。

考えれば考えるほど

悪いように考えて
しまうのです。

何も考えずに

まずは、声をかけた
方がいい。

後からゆっくり
考えればいいのです。
カテゴリ :前向きな人へ トラックバック(-) コメント(-)

天才

 2014-09-14
最近、「ピカソ」に
はまっています。

ピカソに関する本を
読みあさっている。

天才すぎる人の生き方
考え方は

想像を超えるものが
あるのでしょうが

ピカソは、芸術の世界で
迷いなく、まっしぐらに生きている。

そうでないと
あれだけの膨大な創作数は
ありえない。

そして、その「変化力」が
すごい。

「情熱」と「変化力」

「超越的な感性」

見習いたいものです。
カテゴリ :前向きな人へ トラックバック(-) コメント(-)

バランス

 2014-09-13
「強さ」と「やさしさ」の

両方を備えることが好ましい。

ですが、強い人は厳しくなって
しまい

やさしい人は弱い。

経営者にとって

「強さ」と「やさしさ」は

どちらが、大事なのでしょう。

私は、「強さ」の方が
大事だと思っています。

収入を多くして、支出を
少なく抑える。

という活動は、現在の社会では
どちらかというと厳しさの方が必要です。

まずは、経営を成り立たせないと
いけないからです。

ただし、経営が成り立ったと
しても

それを、長く続けていくため

関わる人を幸せにするためには

「やさしさ」が必要です。

両方備えてこそ

真の経営者です。
カテゴリ :経営力を高める トラックバック(-) コメント(-)

2つの経営者タイプ

 2014-09-12
毎月、事務所で経営哲学の
勉強会を行っています。

新しい仕事をするさいに

楽観的な人と

慎重な人がいます。

経営者として
どちらが好ましいでしょうか。

賛否両論があると
思いますが

私はどちらでも良いと
思っています。

ただし、経営者は、自分が
どちらのタイプであるかによって

楽観的な人は
慎重な人の意見も聴き

慎重な人は
楽観的な人の意見も聴く

ということです。

楽観的な人が楽観的な人と
話し合って決めてしまうと

失敗が多くなりすぎる。

慎重な人が慎重な人と
話し合って決めると

何も始まらない。

ちなみに私は

両方を備えていたいと
思っています。

楽観的すぎる経営には
慎重な意見を

慎重すぎる経営者には
楽観的な意見を

ということです。
カテゴリ :経営力を高める トラックバック(-) コメント(-)

後悔の一言

 2014-09-11
久しぶりにゆっくり娘と
話しをした。

娘が

今、付き合っている彼氏が

「私に似ている」

と言ってくれた。

それに対して私は

「それは、ダメやね」

と言ってしまった。

すごく後悔している。

「良かった、嬉しい」

と言えばよかった。
カテゴリ :その他 トラックバック(-) コメント(-)

世代別コミュニケーション

 2014-09-10
年配の方と話すとき

昔話が一番、盛り上がる。

「すごい、すごい」と
相槌をうっていると

どんどん話してくれる。

最高のコミュニケーションになる。

若い人には

昔話をしない方がいい。

若い人からは

今のことを教えてもらおう。



カテゴリ :前向きな人へ トラックバック(-) コメント(-)

連鎖反応

 2014-09-09
昨日、とても素敵な美容師さんの
ことをブログに書いた。

それを観てくれた人が

その美容室を教えてくださいと
聞いてくれた。

みんな、素敵な人に
会いたいと思っている。

素晴らしい人と関わりたいと
思っている。

そうすることで

自分が磨かれると
思っている。

ですから

自分を磨くということは

人を幸せにすることに
なる。
カテゴリ :前向きな人へ トラックバック(-) コメント(-)

自分も喜び相手も喜ぶ

 2014-09-08
素晴らしい美容師さんが
います。

その人は

仕事が楽しくて
仕方がないという。

お客さんが、ただ
そこにすわっていて
くれるだけで

嬉しいという。

それは楽しいでしょうね。

すわっているだけで
いいのですから。

お客さんにヘアーの
お手入れ方法などを教えて

次に会ったときに
変化があったら

褒めてあげるという。

この人からは

プラスのオーラしか
出ていない。
カテゴリ :幸せな生き方 トラックバック(-) コメント(-)

往生際

 2014-09-05
事業がうまく回らなく
なってきた。

借金が返せなく
なってきた。

もう、あきらめて
やめてしまうか。

しかし、そういうわけには
いかないのが

会社というものです。

従業員を含め、関係者が
たくさんいる。

すべての関係者の助けを
借りながら

会社を建て直す方向に
進むしかない。

ここで、社長は覚悟を
決めないといけない。

生まれ変わったつもりで
やらないといけない。

この状況で

他人や政治のせいにしたり

頭を下げるのを
ためらったり

わがままを言ったり

嘘をついたり
していては

誰も助けて
くれなくなってしまう。

謙虚になるしか

道はないのです。



カテゴリ :事業再生 トラックバック(-) コメント(-)

負の後継対策

 2014-09-04
社長も一定の年齢になって
くると

相続のことを意識する
ようになる。

会社の後継者問題は
もちろん

相続税や財産の分割の
問題もある。

これらのことを
考えるときに

会社の株や
社長個人の土地建物など

財産の方にばかり
意識が行きがちです。

しかし、とても重要で
忘れてはならないのが

借金の方なのです。

中小企業の場合は

ほぼ確実に、社長が
会社の借入金の
連帯保証をしています。

これも、負の相続財産
なのです。

会社の後継者は

これを引き継ぐという
ことを

十分に理解して

覚悟ができていないと
いけないのです。

また、社長は、現役のときに

連帯保証対策を講じて
おくべきなのです。
カテゴリ :後継者対策 トラックバック(-) コメント(-)

体の健康管理と心の健康管理

 2014-09-03
昨日は、毎月楽しみの
歯科クリニックに行ってきた。

先月に、お礼のハガキを
出していたので

そのお礼を、クリニックの
みんなが言ってくれた。

「モチベーションが上がる」

と言ってくれた。

楽しみながら健康維持ができて

とても良い習慣に
なっている。
カテゴリ :幸せな生き方 トラックバック(-) コメント(-)

一番大事なところを即答する

 2014-09-02
事業計画を作っていて

売上計画を

即座に出せる経営者と

そうでない経営者がいる。

どちらが、売上を上げる
能力があるかというのは

どちらとも言えない。

即座に出す経営者は
楽観的に考えすぎている
場合がある。

なかなか出せない経営者は
慎重になりすぎている場合がある。

ただし、従業員や周りの関係者の
立場でみると

即座に出せる経営者の方が
安心感がある。

正確でなくてもいいから

方針や目標を即座に出す
ということが

重要な局面があるのです。
カテゴリ :事業再生 トラックバック(-) コメント(-)

社長の思考力と実行力

 2014-09-01
経営を建て直そうとする社長は

具体的なことが
言えないといけない。

あれが悪い、ここが良くない

あんなふうになりたい。

こんな感じにしたい。

などと、何万回言っても

業績も、従業員も、社長自身も

なにも変わらないのです。

具体的なことを考えて

少しづつでも実行する
しかありません。

ただし、そこで「考え方」が
正しくないといけない。

具体的に行動するけれど
考え方が間違っている。

考え方は正しいけれども
具体的に実行しない。

どちらも経営改善は
できないのです。

当たり前のことなのですが

結局、突き詰めると
これにたどり着くのです。
カテゴリ :事業再生 トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫