自分の人生

 2014-10-31
今の生活、今あるものに
感謝して満足することも大切です。

だけど、それだけでは
つまらない。

自分の心に素直になって

情熱を燃やせること

心が充実すること

楽しみながら続けられること

それを探し続けるのが
人生の醍醐味だと思う。

心も体も指先まで
喜びで満たされるような

そういうものに出会うために

自分の人生がある。
スポンサーサイト
カテゴリ :幸せな生き方 トラックバック(-) コメント(-)

人材確保

 2014-10-30
経営者はどうしても

従業員に不満がある。

絶対に満足はない。

100点の従業員は
いないのです。

しかし、同じだけ

従業員も経営者に
不満を持っています。

どんどん、どんどん

両者の不満は大きく
なっていきます。

いい仕事ができる
わけがありません。

スパルタや根性、金銭欲で
奮起する人は少ないのです。

どうすれば、不満が
やわらぐのでしょう。

まずは、口にしないことです。

褒めることだけを
口にします。

本人を直接褒めなくても
いいから

他の人に

「うちの〇〇は、ここが素晴らしい」

と、言いましょう。

そうすれば、従業員も
外で経営者を褒めます。

それが、だんだんと
伝わっていけば

人材が入って来る
ようになります。
カテゴリ :経営力を高める トラックバック(-) コメント(-)

幸せの手作業

 2014-10-29
妻が

「最近白髪が増えてきた」

と言うので

「そうか、気が付かんかった」

と言うと

「私のことをちゃんと見てないね」

と言われた。

お詫びではないが

しぶしぶ、妻の白髪を
抜いてあげることにした。

最初はめんどくさそうに
やっていたが

1本1本抜いていくと

妻が嬉しそうにしている。

だんだん本気になってきた。

「もうないよ」

と言うと

「これでしばらく幸せに居れる。」

と、嬉しそうだ。

なぜか私も嬉しかった。

20代のころに、母にも
同じことをしたな・・・・
カテゴリ :幸せな生き方 トラックバック(-) コメント(-)

言葉と場所

 2014-10-28
言葉は

使っていないと
錆びてしまいます。

普段使っていない
言葉は

肝心なときにも

出てこないのです。

「ありがとう」「良かった」

「大好き」「嬉しい」「楽しい」

「美味しい」「美しい」

こういう言葉を

なるべく使うように

心がけることです。

使える場所に行くことを

意識することです。
カテゴリ :幸せな生き方 トラックバック(-) コメント(-)

人生は愛情

 2014-10-27
「片思い」

というと、なんか

「せつない」「苦しい」

感じがします。

でも、「楽しい」と
思うようにすれば

プラスのエネルギーに

180度変わります。

相手には、何も求めません。

求めるから苦しくなる。

相手はそのままでいいのです。

相手はアイドルだと思えばいい。

エネルギーの放出は
上手にコントロールします。

相手にも自分にも
重荷にならないようにです。

そうすれば、楽しみながら

エネルギーが強くなって

心が喜び

心が成長します。

仕事も夫婦も恋愛も

ぜんぶ、片思いを
楽しみます。
カテゴリ :幸せな生き方 トラックバック(-) コメント(-)

気持ちのいいやり取り

 2014-10-25
「それは違います。」

「そのやり方は間違っています。」

否定から入って

「こうすればいい。」

「このようにすべきだ。」

などと、相手に理解させようと
する方法があります。

ここは、チャンスと

延々と説教したり、力説したり
します。

反対に

肯定から入って

褒めながら

本質を理解してもらおう

という方法があります。

「それはいいね。」

「なぜなら、〇〇だから。」

ついでに、ちょっと指導
したりもします。

「そのやり方もいいけど
こうすればもっといいね」

多くは言わず、相手に考えて
もらいます。

経営者として、上司として
指導者として、人として

どっちの方法を選びますか?
カテゴリ :経営力を高める トラックバック(-) コメント(-)

妻と事業

 2014-10-24
ほとんどの中小企業は

奥さんが、事業に
関わっています。

明らかなのは

奥さんの笑顔、幸せ感と
会社の業績は連動しています。

奥さんの表情が悪化して
くるほど

業績もさらに悪化してきます。

すると男はさらにイライラして

妻にやさしくなれません。

もっと、奥さんの表情が
悪化します。

悪循環に入っていきます。

何が言いたいのかというと

男は常に稼ぐ力を磨いて

妻が笑顔でいるようにする。

それが、まず第一に男が
するべきことなのです。
カテゴリ :経営力を高める トラックバック(-) コメント(-)

経営力が試されるとき

 2014-10-23
新規出店する。

新規事業部門を立ち上げる。

新規エリアに進出する。

素晴らしいことです。

でも、少し待ってください。

お金はどうするのですか?

全部、借りるのですか?

確かに、銀行は貸してくれるでしょう。

もし、失敗したらどうするのですか?

おそらく、借金だけが残りますよね。

その借金は誰が払うのですか?

もともと利益を出していた
店舗や部門の従業員が

間接的に負担を強いることに
なりませんか?

他人が作った借金で犠牲になるのは
イヤですよね。

ももとも稼いでいた店舗や部門の
強さが、弱まりませんか?

弱まるにもかかわらず、借金は
増えていますよね。

だから

力を蓄えてからに
しましょうね。

失敗したときのことも
かんがえましょうね。

カテゴリ :経営力を高める トラックバック(-) コメント(-)

利便よりも価格よりも

 2014-10-22
外食が好きです。

本や、雑誌などで発見した
お店を

記録しています。

いつか、機会があったら
行こうと思っているのです。

特に個人店が好きです。

店主さんのこだわりなどの

お話を聴くのが好きです。

ほんの1分でいいから

感じのいいお店の人と

触れ合えるのが
楽しいのです。
カテゴリ :幸せな生き方 トラックバック(-) コメント(-)

小さな物とささいなこと

 2014-10-21
メモとボールペン

どんなときでも
近くにあるといい。

小さな小さな

思いつきを

実行できます。

ほんのささいな
ことで

人に喜ばれたら

自分が嬉しい。

心がワクワクする

メモとボールペンがいい。
カテゴリ :幸せな生き方 トラックバック(-) コメント(-)

MAI 15周年

 2014-10-20
行って来ました!

10数年来、大好きな
あの人に会いに

倉木麻衣さんの
ライブです。

最高です。

腕が痛いです。

昨夜は夢にまで
出てきました。

たくさんの人を
幸せにしています。

憧れます。
カテゴリ :その他 トラックバック(-) コメント(-)

成長をあきらめない

 2014-10-18
男が年齢を重ねれば
重ねるほど

人に批評されることが
なくなってくる。

指摘されることも少ない。

これでは、自分が変わる
機会を逃してしまう。

そういうときに有難いと
思うのが

妻の存在です。

的確に批評してくれます。

少しへこみますが・・・・
カテゴリ :前向きな人へ トラックバック(-) コメント(-)

自分が変われば周りが変わる

 2014-10-17
信じて

任せる

経営者と従業員との
関係が

そうなれば
望ましいことですね。

でも、双方の意見は

上司や社長は任せて
くれない。

あれこれと、うるさく
口を出されると

やる気がなくなる。

片や

目を離すと怠ける。

機転が利かない。

言われたことしかしない。

と、言っています。

いくら、グチを言ったところで
相手は変わらないので

従業員は、どうすれば
任せてもらえるようになるのか

経営者は、どうすれば自分が
任せる度量を持つことが
できるのか。

考えるようにしませんか。

信じる者は

「儲かる」

です。
カテゴリ :経営力を高める トラックバック(-) コメント(-)

普通のことに感謝する

 2014-10-16
夫婦の関係

従業員や部下との関係

店員さんとの関係でも

してもらって
あたりまえ

家事や仕事、サービスを

当然のごとく受ける権利が
ある。

このように考えていると

なぜか、うまく行かない。

相手が出来なかったときに

不満が募ります。

不満から、プラスなことは
何も生まれないのです。

自分も相手もマイナスに
なるのです。

感謝の気持ちで接すれば

相手は、期待以上のことを
してくれるのです。
カテゴリ :幸せな生き方 トラックバック(-) コメント(-)

なんでも屋

 2014-10-15
「その方向で行ってください。」

私は、そう言いました。

その社長は、なんでも屋のごとく

仕事を取って、自社で出来ない
ことは、外注した。

結果として売上は1.5倍になり

利益率は下がったが
黒字化した。

中には赤字の仕事もある。

しかし、なんでも屋に徹する
のであれば

赤字だろうが、引き受けなければ
価値はない。

トータルで黒になればいい。

こんなやり方もある。
カテゴリ :経営力を高める トラックバック(-) コメント(-)

理想のビジネスマン

 2014-10-14
金儲けが上手い

それだけでいいのでしょうか。

もちろん、下手よりも
上手い方がいいです。

身近な人を喜ばせながら

世の中を少しでも
良くしながら

金儲けができる人

そういう人を目指しませんか。

第38回「頭に汗かく会」を
開催します。

10月18日(土)16時~18時

三和会計事務所 会議室

参加費 千円



カテゴリ :頭に汗かく会 トラックバック(-) コメント(-)

買い物

 2014-10-12
何かを購入するときに

何を基準に選びますか。

価格

便利さ

性能(効能)

当然、これらのことを
考えるでしょう。

しかし、もっと大切な
基準は

「心」です。「幸せ」です。

自分の心がどうなるか

ということや

自分や、誰かの「幸せ」
というものを

深く考えてみるべき
なのです。

さらに、素晴らしいのは

他人が幸せになって
自分も幸せになる

というところまで考える
ことです。

人を幸せにする経営者の
企業や

人を幸せにする人から

買いましょう。
カテゴリ :幸せな生き方 トラックバック(-) コメント(-)

本好き

 2014-10-11
その女性は
本を返してくれた。

感想を聞くと

「救われる言葉」

があったという。

その文章を読んで

「それでいいんだ」

と思うと、心が楽になって
元気になるという。

本には、そういう「力」がある。

本はたくさんあるので

「また、どうですか?」と聞くと

「ぜひ」と言ってくれた。

とても嬉しい!
カテゴリ :前向きな人へ トラックバック(-) コメント(-)

一番大事な財産

 2014-10-10
その明るくて美しい女性
からの相談は

いつも深刻です。

とても困っている
はずなのに

笑顔は絶やさない。

いくら目に見える
財産がすり減っても

その明るさという財産は
なくならない。

心の強さという財産の価値は
高くなっていく。

だから、心配はいらない。
大丈夫です。
カテゴリ :幸せな生き方 トラックバック(-) コメント(-)

一方的か受身か

 2014-10-09
説明する能力

これが高い人は

もれなくすべてを説明する。

抜かりはない。

すごい能力です。

頭の回転が速くて、冷静です。

しかし、私はあまり、これが
好きではありません。

それよりも

感じる能力と想像力で

対応したいのです。

誰に対しても画一的に

すべてを漏れなく説明
することよりも

相手の気持ちを感じたり

今後の展開を想像したり
して

相手と状況に応じて

物事を進めて行きたい
のです。
カテゴリ :前向きな人へ トラックバック(-) コメント(-)

欲しい物を手に入れる

 2014-10-08
欲しい物

を手に入れるために

頑張って自分で買う。

ということは素晴らしいことです。

でも、もっと素晴らしいと
思うのは

欲しい物を

人に買ってもらうことです。

そのためには、その人に

もっと、いい物を買ってあげないと
いけない。

もっと、幸せにしてあげないと
いけない。

欲しい物を自分で買ったら

自分だけの幸せですが

お互いで与えあったら

二人が幸せになれます。
カテゴリ :幸せな生き方 トラックバック(-) コメント(-)

死ぬまで人の役に立つ

 2014-10-06
年寄くさい話になりますが

健康であること

それが第一の義務だと
思っています。

今の社会は、相当に不健康でも
生きられます。

介護される方と

介護する方

どっちが良いかというと

私は「する方」です。

死ぬまで現役で

逆に、娘の介護をする

ぐらいを目標にしています。
カテゴリ :幸せな生き方 トラックバック(-) コメント(-)

経営者の仕事

 2014-10-05
「演出」

というものに
関心があります。

結婚式やお葬式には
当然のごとく

それなりの演出が
あります。

そのように

外食やショッピング
ビジネス取引等々も

演出が大事なのです。

演出は第一に

見た目と雰囲気です。

これは、資金と技術で
なんとかなります。

ただし、それだけでは
一流とは言えません。

「心」が必要なのです。

演出を担う人の「心」の
レベルが低いと

雰囲気との相乗効果が
出ないのです。

経営者は、自分とすべての
パートナーの

「心」を高めることを
考えていないといけない。
カテゴリ :経営力を高める トラックバック(-) コメント(-)

自分磨きの習慣

 2014-10-04
人の良いところを
みつける。

というのは

とても能力を必要と
するのです。

深く考えないと
いけないのです。

悪いところを見つけるのは
簡単です。

誰でもできます。

前者の方が
何倍も難しいのです。

難しいことに取り組んだ
方が

自分がレベルアップ
します。
カテゴリ :前向きな人へ トラックバック(-) コメント(-)

いらないものを考える

 2014-10-02
世の中に必要最低限のもの

というのは儲からない。

成熟し切っている産業だからです。

もちろん、そういうものでも

工夫して儲けている
企業もある。

成熟産業で

仕事があっても儲からない。

仕事が少なくなる、単価が下がる。

という危機感を持つ経営者は

「必要のないもの」
に目を向けていかないといけない。

誰でも思いつく

誰でもしている

必要なものは

儲けにくいのです。
カテゴリ :経営力を高める トラックバック(-) コメント(-)

経営方針の切替

 2014-10-01
ここ最近

どの経営者に会っても
人手不足の話が出てきます。

ある会社は、社員寮を増設して
外国人の受入体制を強化している。

外国人頼みになって行くのか。

サービス業は、アルバイトが
ぜんぜん不足している。

高齢者の上手な活用も考えないと
いけない。

これからの経営は

快適で、魅力のある労働環境を
整備したうえで

利益の出るしくみを
つくっておかないといけない。

それができないのであれば

外国人や高齢者などの採用を
模索していかないといけない。
カテゴリ :経営力を高める トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫