伝え方を考える

 2015-04-30
「言葉」によって
人生が変わる。

そういうことがあると
信じています。

素晴らしい人になりたいと
思ったら

素晴らしい言葉を
聴かないといけない。

素晴らしい言葉を使うように
心がけないといけない。

そして

そういう言葉が

自然に人の心に
入って来ることが望ましい。

さりげなく伝わる
感じです。

スポンサーサイト
カテゴリ :幸せな生き方 トラックバック(-) コメント(-)

人生を賭けてすること

 2015-04-27
「顧客満足」

「社員満足」

「社会貢献」

素晴らしいことです。

ただ、忘れてはいけないことが
あります。

「家族満足」です。

人生を賭けて、一人が

ただ、「一人」を

幸せにすればいい。

全員がそれさえできれば

不幸な人が世の中に
いなくなる。

そこに自分の幸せが
あると思います。


カテゴリ :幸せな生き方 トラックバック(-) コメント(-)

間接的な表現力

 2015-04-23
先日、表現力セミナーの講師の方が

こんな感じの話しをしてくれました。

日本人は欧米人に比べて
表現力が低いと言われている。

しかし、日本人は、赤い物を
「赤」と言わなくても

ニュアンスで「赤」を想像してくれる
能力がある。

だから、日本人は欧米人に比べて
表現力は高い。

この話を聴いて、私は
こんなことを思うのです。

経営者や上司は

日本人の従業員・部下に
対して

直接的な働きかけを
してはいけない。

「会社のために頑張れ」

「売り上げを伸ばせ」

「経費を削減しろ」

「技術を高めろ」

「笑顔で接客しろ」

こんなことは、日本人は
言わなくても

分かっているのです。

従業員や部下が

自発的にそうするように
仕向けるのが

経営者や上司の
仕事なのです。
カテゴリ :経営力を高める トラックバック(-) コメント(-)

人たらし

 2015-04-21
長年、勉強会を主催したり
セミナーの事務局をやっています。

色々な参加者がいます。

主催者として、とても
好感の持てる参加者は

早めに参加申込をしてくれる
人です。

後でキャンセルになっても
いいのです。

まず、予定に入れてくれる
ことが嬉しいのです。

主催者の段取りや準備のことを
考えてくれている。

そう感じるのです。

キャンセルになっても

「大事な要件が入ったんだろう。」

「仕方ないな」

と思うものなのです。

どんな場合でも

自分がどんな立場でも

相手の立場を考えて
行動する人は

人間関係の構築に
優れた人だと思うのです。

他の参加者に好影響を
与えてくれる人だと

思うのです。
カテゴリ :経営力を高める トラックバック(-) コメント(-)

外側から変わる

 2015-04-20
もうワンランク上の
人間になりたい。

心を成長させたい。

案外、簡単にできる方法が
あります。

自分が見る景色を
変えることです。

ボールペン1個でもいい。

5千円程度以上の物を買って
大事に使うことです。

自分が毎日使う物や

行く場所を

少しづつランクを
上げて行く。

これなら出来そうです。

なぜか、見るもの、使う物を
変えれば

心も変わってくるのです。
カテゴリ :前向きな人へ トラックバック(-) コメント(-)

私の個人投資

 2015-04-18
買いました!

「絢香」のニューアルバム

「レインボーロード」

しかも、4,500円くらいする
DVD付を

1万円以上の物は自分で
買えない私にとっては

大枚です。

嬉しくて、目に涙を浮かべながら
車内で聴いています。

1万円以上の物は

奥様に買ってもらうように
しています。

その方が

ふたりで喜ぶことが
できるし

楽しい会話が生まれる
からです。

ただし、奥様は1万円以上の
物も

独断で買っています・・・

カテゴリ :幸せな生き方 トラックバック(-) コメント(-)

楽しむ勉強会

 2015-04-17
第44回 「頭に汗かく会」を
開催しました。

今回の会場は

アリスプラン2階の「コワークングスペース」
で行いました。http://aliceplanblog.com/?page_id=1180

おしゃれなカフェのような会場で

落ち着いて楽しく意見交換することが
できました。

大画面のモニターも設置
していて、とても便利です。

来月もここで開催します。

次回日程 5月22日(金)19時~21時

カテゴリ :頭に汗かく会 トラックバック(-) コメント(-)

大義名分を持たない

 2015-04-14
幸せになるために

とても高いハードルを課し

計画を立て

何かを犠牲にして

我慢して生きて行く。

素晴らしいことです。

そして、これは、何かを

「成し遂げよう」

という生き方です。

もうひとつの生き方が
あります。

自分が不愉快になることを
解決し

近い人との関係を
良好にして

毎日を楽しみます。

手の届く喜びがいつも
頭に浮かんでいます。

これは

「どういう人でありたいか」

という生き方です。


カテゴリ :幸せな生き方 トラックバック(-) コメント(-)

買い物を考える

 2015-04-13
ネット通販も便利で
いいけど

やっぱり、お店で買った方が
いい。

その方が

思い出が残るからです。

あの時「こうだった」
「ああだった」

あの店員さんは
「こうだった」と

話ができるからです。

物が手に入ればいい

というだけではなくて

楽しむために

自分を磨くために

そのプロセスも

考えて行きたいです。
カテゴリ :幸せな生き方 トラックバック(-) コメント(-)

団子より花

 2015-04-11
桜は散ってしまいましたが
まだまだ、花の季節です。

満喫しましょう!

ここのところ、私は
「団子より花」です。

家の中も、花を切らさないように
しています。

食費を1回あたり100円削ってでも
花があった方がいい。

1品削って、ダイエットして
花を買った方がいい。

花があると話題も増えます。

お腹が満腹よりも

心が満腹の方がいい。

だんだん、じじくさくなって
きました。
カテゴリ :幸せな生き方 トラックバック(-) コメント(-)

紹介のテクニック

 2015-04-10
こんな素敵な社長さんが
いました。

その社長は

人を紹介するときに

その人の目の前で

紹介する相手に電話し

その人の良いところを

相手に話すのです。

もちろん、その人は
それを聴いています。

面と向かっては
褒めないけど

間接的に褒めて
いるのです。

その人にとって

こんなに嬉しいことが
あるでしょうか。

かっこいい社長です!

カテゴリ :経営力を高める トラックバック(-) コメント(-)

ショパン

 2015-04-07
最近、ショパンに
はまっています。

毎日、寝る前に
2~3曲聴いています。

心を磨くことだと
思っています。

なぜ、心が磨かれるかは
分かりません。

ただ、聴いていて気持ちが
いい。

何かを好きになることは

心を磨くことになると
考えています。
カテゴリ :幸せな生き方 トラックバック(-) コメント(-)

怒りを正当化しない

 2015-04-04
「怒る」

という感情は、必要でしょうか?

私は必要ないと
考えています。

つきつめて考えれば

原因は自分にある。

だから

「怒る」という感情が
出てきたら

これは、何かを改善する
チャンスだと思えばいい。

そこで、何かを変えれば

自分が変わるチャンス
なのです。

成長するタイミング
なのです。
カテゴリ :前向きな人へ トラックバック(-) コメント(-)

男の授業料

 2015-04-03
男は、なぜ、結婚するのだろう。

結婚しなければよかった。

1人の方が楽しそうだ。

既婚男性の方は

こんなふうに考えたことは
ないでしょうか?

ここだけの話

私はしょっちゅう考えています。

しかし、自分の人生

良い方に考えないと
いけません。

結婚というものが

今の自分をつくって
くれている。

男は修行するために
結婚するのです。

奥さんを超えることが
目標です。

男にとって結婚は

奥さんという

こわーい「先生」を

迎えることなのです。

仕事をして得た生活費は

その授業料なのです。

カテゴリ :幸せな生き方 トラックバック(-) コメント(-)

レポート式勉強会

 2015-04-02
昨日は、事務所の勉強会で
京セラ経営哲学を学びました。

このような勉強会は人間力を
高めるのに有効です。

人間力は仕事力に直結します。

この勉強会も、次回から
さらに人間力を高めるために

一歩踏み込んだ方法で
行います。

その方法とは

「1枚レポートの活用」 です。

「理念と経営」という経営月刊誌を
題材にして

その1冊を全員が読み

中から各自が1つだけテーマを
選んで

勉強会当日までに
A4、1枚にレポートし

発表、意見交換します。

レポートの項目は

・そのテーマを選んだ理由

・解釈と気づき

・このテーマによって、どのように
 自分が実践するか

というものです。

レポートを書くことによって
自分に深く浸透させる

発言することによって
実際の行動を確実にする

みんなの考え方を
知ることができる

このような効果があると
考えています。


カテゴリ :経営力を高める トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫