小さい愛 103

 2016-05-31
メールにするか
電話にするか

微妙に迷うことがある。

考えるべきことは

メールは

相手の気持ちがわかりにくい
ということです。

ある社長さんは、頼みごとを
するときには

メールでなく、必ず電話をくれる。

頼まれる方も

やはり声を聴くと
仕事にやりがいが出る。

スポンサーサイト
カテゴリ :小さい愛 トラックバック(-) コメント(-)

小さい愛 102

 2016-05-29
恋人や配偶者だったら

私を取るか
あの人を取るかという

二者択一の選択肢になる。

でも、経営判断の場合に

取引先から二者択一の選択肢を
求められた場合には

できる限り

両方取るという選択を
した方が良い。

企業は敵が少ない方が
良いと思うのです。
カテゴリ :小さい愛 トラックバック(-) コメント(-)

小さい愛 101

 2016-05-28
久しぶりに感動のビジネス書に
出会いました。

経営と仕事を
とことんやり抜いた人は

話がおもしろい。

頭で読むという感じでなくて

心で読むという感じになります。

「靴下バカ一代 奇天烈経営者の人生訓」
カテゴリ :小さい愛 トラックバック(-) コメント(-)

小さい愛 100

 2016-05-27
先週末、久しぶりに
図書館に行ってみた。

書店に行くと

いつも同じようなジャンルの
本を買ってしまう。

それが、図書館になると

まったく違うジャンルの本を
手にとって読んでいた。

時々、これも必要だと思った。
カテゴリ :小さい愛 トラックバック(-) コメント(-)

小さい愛 99

 2016-05-26
旅行に行くとき、事前に
「お土産」の計画を立てます。

だれに、どこで、なにを
を考えるのです。

「お土産」は
親密になるための

とても素晴らしい
アイテムです。
カテゴリ :小さい愛 トラックバック(-) コメント(-)

小さい愛 98

 2016-05-25
夢や目標があって

計画があり

戦略を実行する。

成功の法則です。

ですが

私の場合は、真ん中の
「計画」がありません。

「達成しなくてもいい」

と考えているからです。

自分にやさしくしているのです。

そして、なるべく楽しく
実行するようにしています。
カテゴリ :小さい愛 トラックバック(-) コメント(-)

小さい愛 97

 2016-05-24
妻はいつも

「してあげる」

「買ってあげる」

「行ってもいいよ」

そういう言い方をする。

ということは
何かしてほしいときには

「命令」でもなく「指示」
でもなく「教える」でも
「諭す」でもなく

「お願い」にすれば

気持ちよく受け入れて
くれるのかもしれない。
カテゴリ :小さい愛 トラックバック(-) コメント(-)

小さい愛 96

 2016-05-23
相手のことを知るために

たくさん話してもらうためには

自分のことも話さないといけない。

ただ、そのさじ加減がむずかしい。

自分のことを話しだしたら
そればかりになってしまう。

相手が少しでも自分のことを
話しだしたときがチャンス。

聞き役に変わるタイミングです。
カテゴリ :小さい愛 トラックバック(-) コメント(-)

小さい愛 95 

 2016-05-22
癒される場所が
たくさんあった方がいい。

なるべくなら

行くところ全部が
そうだったらいい。

笑顔のある場所が
癒される。

そういう場所を
たくさんつくるには

自分が先にたくさん笑顔を
出さないといけない。
カテゴリ :小さい愛 トラックバック(-) コメント(-)

小さい愛 94

 2016-05-21
時計を置かない生活をしている
という人がいた。

それを聞いて
あることを思いついた。

時間を気にしすぎると
心の余裕がなくなって

まわりにも良くない空気を
与えてしまう。

今度、休日を使って

時計を一切見ない1日を
送ってみよう。

時間に対して優位に立つ
訓練になるかもしれない。
カテゴリ :小さい愛 トラックバック(-) コメント(-)

小さい愛 93

 2016-05-20
「花を持たせる」
ということを意識していきたい。

自分でなんでもやるべきではない。

他の人がやった方が

「未来」を考えたときに
ベストな場合があります。

自分でやらなかった場合の
結果を想像して

自分以外の人の
満足感が高まったり

その人の能力が向上
するのであれば

できる限り任せるべきです。

ただし、さりげなくです。
カテゴリ :小さい愛 トラックバック(-) コメント(-)

小さい愛 92

 2016-05-19
マイナスなことがあっても
笑顔でいられるようにしたい。

たとえば

飲食店の店員さんが
オーダーミスをしたときでも

笑顔でスマートな対応が
できるように

なんにもないときでも
頭の中でシュミレーションしておきたい。

とっさのことには弱いので
何でも準備しておきたいのです。

かっこ悪いけど

結果の方を優先したい。
カテゴリ :小さい愛 トラックバック(-) コメント(-)

小さい愛 91

 2016-05-18
心が豊かになれば

何をしても
どこに行っても楽しい。

小さなことでも嬉しい。

人にやさしくなれる。

心を豊かにするためには
「余裕」が必要です。

余裕な心を持つためには

ある程度の「経済力」と
「自信」が必要です。

両方、必要なのです。

経済力は貯蓄ではなくて
「稼ぐ力」です。

自信は、人に認められる
ことです。
カテゴリ :小さい愛 トラックバック(-) コメント(-)

小さい愛 90

 2016-05-17
電話は笑顔が
伝わらない。

だから、少しトーンを上げて
明るく話すといい。

電話では相手の状況が
わかりにくい。

だから、察する感度を
高くしていないといけない。
カテゴリ :小さい愛 トラックバック(-) コメント(-)

小さい愛 89

 2016-05-16
自分が今、輝いているか
人を幸せにしているかどうかは

自分の「目」を観れば
分かります。

「目」が生き生きしているか
ということです。

ただ、それで

生き生きしていないから
ダメということではありません。

生き生きさせることを
意識すればいいのです。

「目」を生き生きさせていれば
行動も素敵になってくるのです。
カテゴリ :小さい愛 トラックバック(-) コメント(-)

小さい愛 88

 2016-05-15
会うたびに
褒めてくれる人がいる。

「全肯定」です。

そうされると

ついつい
自分の考え方を

たくさん話してしまう。

相手のことを知るために
一番いい方法だと思う。
カテゴリ :小さい愛 トラックバック(-) コメント(-)

小さい愛 87

 2016-05-13
「知識」と「知恵」

その違いを
例えて言うと

「知識」は本に書いてあることを
そのまま実行すること

「知恵」は、その知識に
ひと工夫、加えることです。

例えば、ビジネス書で知ったセミナーに
参加しようと思ったときに

普通に参加するのが
「知識」を実行することで

大切な人を誘って参加することは
「知恵」の実行です。

知恵を使うと、人を幸せに
できるのです。
カテゴリ :小さい愛 トラックバック(-) コメント(-)

小さい愛 86

 2016-05-12
会話は

基本的に
楽しむためにあると思う。

だから
相手を喜ばせることを考える。

それは、面白い話をする
ということではなくて

波長を合わせること

一方通行にならないこと

です。
カテゴリ :小さい愛 トラックバック(-) コメント(-)

小さい愛 85

 2016-05-11
相手が何か失敗したときに

ここぞとばかりに

助言や注意を
したくなってしまう。

ただ、そのタイミングでは

相手は感情的に
なりやすい。

素直に受け入れにくいのです。

なので、なるべく間接的に
さりげなく伝えたい。

その相手が

自分自身で
気付いたように

仕向けてあげたい。
カテゴリ :小さい愛 トラックバック(-) コメント(-)

小さい愛 84

 2016-05-10
「沢田知可子」

歌セラピーコンサートに
行ってきた。

音楽は癒しにもなるし
励みにもなる。

なので、生活の中に好きな音楽を
取り入れるようにしている。

そして、好きなアーティストの
言動や生き方は

とても心に響いて
自分を成長させてくれる。
カテゴリ :小さい愛 トラックバック(-) コメント(-)

小さい愛 83

 2016-05-09
「がんばろう!」

「こうしよう!」

と、声かけするのは
あまり好きではありません。

自分に対しては
必要なときもあるでしょう。

人に対しては
さりげなく伝えたい。

感じ取ってほしいのです。

例えば夫婦の間でも

自分の生き方を感じ取って
くれれば

言わなくても

相手も少しづつ同じように
なってきます。
カテゴリ :小さい愛 トラックバック(-) コメント(-)

小さい愛 82

 2016-05-07
毎朝、車で通勤していますが

会社までの最短ルートを
走っていません。

その道路があまり好きでは
ないからです。

遠回りになりますが

朝一番の運転を

気分良く
スタートしたいのです。
カテゴリ :小さい愛 トラックバック(-) コメント(-)

小さい愛 81

 2016-05-06
何かの本に書いてありました。

人間は、男性が女性に
両手でプレゼントを渡すために

二足歩行に進化したという
説があるそうです。

なんか、少し
納得できる。
カテゴリ :小さい愛 トラックバック(-) コメント(-)

小さい愛 80

 2016-05-05
妻の「靴」選びに

2日間、何時間も
付き合った。

女性は「新しい靴」で

テンションが上がる
ものらしい。

靴に興味がわいてきた。

いろいろ調べてみたら
欲しくなってきた。

1つ目標ができた。
カテゴリ :小さい愛 トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫