小さい生き方 15

 2018-03-28
高松国際ピアノコンクール本選を聴きに行った。本
選は選び抜かれた5人のファイナリストが演奏し、
優勝者が決定される。5人の顔ぶれはロシア男性、
ルーマニア女性、韓国男性、そして日本人女性二人
だ。本選、第1番に演奏したのは、23歳のロシア男
性、スラットしたハンサムで若さが溢れていてカッ
コいい。ピアノとクラシックの雰囲気にとても印象
がマッチする。2番目は27歳日本人女性、わたし的
に、日本人はクラシックの雰囲気に合わない気して
いる。けれど日本人女性の笑顔は、世界最高ではな
いかと思う。その笑顔が審査に影響するのかどうか
は分からないが。3番目は27歳ルーマニア女性、同
じ年齢でもやはり、白人女性は大人のムードがあっ
て、安心感を感じる。ピアノを仕事の道具のように
軽やかに扱っているように見える。4番目は20歳日
本人女性、同じく最高の笑顔だ。その可愛らしさと
演奏の迫力とのギャップが魅力的だった。最後5番
目は21歳韓国人男性、日本人同様、クラシックの雰
囲気にはマッチしない風貌だけど、彼は若くても大
胆不敵な感じがして、経験豊富なプロの演奏のよう
に聴こえてくる。私、音楽的なことや技術的なこと
は、まったく分からないから、見た目の印象と演奏
とを織り交ぜて心が喜んだ順番で勝手に審査させて
もらうとすれば、3番目の女性がトップだった。し
かし、私の審査はみごとに外れ、優勝したのは、4
番目の日本人女性だった。
それにしても、ピアノコンクールを鑑賞するのが、
こんなにも楽しいとは思わなかった。若い出場者た
ちの人生の中間点での努力の集大成とエネルギーが
演奏に込められていて、この本選全体がその一人一
人のストーリーを公開する舞台劇のように感じる。
出場者たちが、どのような経緯を経てここに来たの
かは、まったく知らないが、彼らの態度と演奏だけ
でその物語を感じ取れる気がした。そして、もう一
つ魅力的なのは、さながら競馬のように優勝者を予
想する楽しみがあることだ。これは、単なる演奏会
では味わえない醍醐味と言える。
さて、家のCDで、コンクールで演奏された曲を聴く
と、あの「舞台劇」が思い出されて感動が再来す
る。出来得る限り、素敵な思い出ばかりをリピート
する人生をつくって行きたい。

スポンサーサイト
カテゴリ :小さい生き方 トラックバック(-) コメント(-)

小さい生き方 14

 2018-03-25
三越に行ったら必ず立ち寄るのが美術画廊。ここは
買い物ついでにちょっと時間潰しするのにちょうど
いい広さだ。展示作品も毎回違うので飽きない。
鑑賞していると高い確率で関係者の方が声をかけて
くれる。もちろん販売目的だろうけど、作品や作者
のことをとても魅力的に話してくれて、実はそれを
聞くのも楽しみのひとつだ。知識が上書きされる気
がする。聞けば聞くほど購入意欲を掻き立てられる
が、私の小遣いで手を出せる金額ではない。だから
いつも「冷やかし客」になってしまう。まあ、忙し
いときには私なんかに声はかけないだろうから許し
てもらうことにする。
美術館と違って作品に値段が付いているところが面
白くて「なんでこれがこんなに高いの」と思った時
には、その理由を考えてみる。ただ私のレベルでは
毎回、結論が出ることはない。
話は変わるが、私、家内の買い物に付き合うのが、
わりと好きだ。なぜかというと、家内の行動や嗜好
を観察するのも好きだし、お店や商品、店員のサー
ビスを観るのも楽しいからだ。そして、そこで感じ
たことを誰かと話すのも楽しい。買い物に出掛ける
という行動には、通販には無い価値があると考えて
いて、それは、実物を見る視覚的なもの、匂いや音
を感じること、そして、一番価値が高いと思ってい
るのが、コミュニケーションやマーケティングの能
力が付加されるということだ。だから、仮に通販の
方が価格が安くてもお得だとは思わないし、交通費
がかかっても出掛ける価値があると考えている。
能力を付加しようと思うのであれば、それを意識す
る必要がある。家内の行動を観るのは女性の心理を
掴みたいという意図があるし、なるべく店員さんに
話しかけようとするのは、専門知識を聞くことが出
来るかも知れないし、好感を持たれる話し方を練習
することになるからだ。
考える訓練にもなる。これはマーケティングと言え
るのかどうか分からないが、最近思うことに、コン
ビニのスタッフは、とても外国人が多くなっている
のに対して、スタバやタリーズに外国人は少ないし
後者は、スタッフの定着率も高いのではないかと思
える。また、後者のスタッフの方が「生き生き」と
働いている。この違いは、なんだろう。おそらく時
給はさほど変わらないはずなので、何か他の理由が
あるはずだ。それはイメージ的なものだけではなく
もっと深い、経営力に起因するものがあると思われ
る。それを考えることが、能力を高めることになる
し、誰かと話すときのネタにもなる。
人材確保が困難な昨今、社会の役に立つ能力が付加
されれば幸いだ。

カテゴリ :小さい生き方 トラックバック(-) コメント(-)

小さい生き方 13

 2018-03-20
家内が「鯛めしを食べに行きたい」ということで
愛媛県松山市の「丸水」というお店に行った。
もちろん「鯛めし」を食べたが、私が感動したの
は、なぜか「鯛」よりも「卵」。ここの「鯛めし」
は、分かりやすく言うと玉子ごはんに鯛の刺身を
乗せて食べるという感じなのだが、その玉子ごはん
がとても美味しかった。のちほど検索してみたら卵
にもお店のこだわりがあった。まあ、もしかしたら
ただ「玉子ごはん」が久し振りなので美味しく感じ
ただけなのかもしれないが。でも、ランチタイムは
並ばないと入れない、すごい人気店だった。
食事の後、せっかくここまで来たから県美術館に行
くことにした。企画展示されていたのは「沖冠岳」
という今治出身で江戸後期から明治初期にかけて活
躍した画家の絵だ。作品の中で特に感動したのが、
「虎」を描いた絵だ。どう猛でいかついイメージの
虎を、とても愛らしく描いている。それはマンガの
ような可愛らしさではなく、虎の身体全体はどう猛
に描かれているのだが「目」だけが愛らしく描かれ
ていて、その目による効果で、あたかも虎が何か困
っているような表情になっているのだ。だからこの
虎はとても弱そうに、悲しそうに見える。
「沖冠岳」は京都で修行し江戸に進出。江戸では料
亭で愛好家に酒や料理を振る舞うかたわら、即興で
作品を描いていたという。私の勝手な想像だが「沖」
は人を楽しませるのが好きで愛らしい絵を描いたの
ではないだろうか。虎に限らず「沖」の描く動物は
鳥も猿も愛らしくて、クスッと笑える。そういう絵
が部屋にあったら居る人を和ませるし宴席でみんな
が楽しめると考えたのかもしれない。もしかしたら
全然違うのかも知れないけど、こんな風に解釈した
ら作者を好きになるし作品に対する興味も高揚する。
ああ、だけど長時間車の運転をすると50肩がきつつ
あるのか、チクチクと左肩が痛くなる。近いうちに
温泉にでも浸かってゆっくりしたい。家内が温泉に
行きたくなるよう、明日から作戦を練ることにする。
美術にいっさい興味のない彼女を美術館に連れて行
くよりも簡単に出来そうな気がする。

カテゴリ :小さい生き方 トラックバック(-) コメント(-)

小さい生き方 12

 2018-03-15
「日曜美術館」というテレビ番組が好きだ。
企画が素晴らしく、一人のアーティストや
一枚の名画を深掘りした内容を観ると、絵画
に対する興味がさらにふくらむ。また、作品の
背景にある芸術家の人生や心を知ることができて
作品に対する思い入れが増す。先日観た番組は
印象派の肖像画の中で最も美しい一枚と言われ
ている「イレーヌ」という題名の、ルノワールが
描いた名画の物語だった。「イレーヌ」は裕福な
富豪の令嬢「イレーヌ」の肖像画で、当時まだ
駆け出しだったルノワールは、収入を得るために
描いた。だが、依頼者にあまり評価されず、満足
出来る収入にならなかったうえ、依頼者の邸宅に
飾られることもなかった。その後「イレーヌ」は
戦争によって、ナチスに略奪されるが、奇跡的に
当時74歳の「イレーヌ」本人のもとに帰ってくる。
だが彼女は、理由は明らかでないが「分身」とも
言える「イレーヌ」を手放すのである。
話は変わるが、アートに限らず人が作り出すもの
は芸術であろうが商品であろうが提供者の心が
表現される。良い技術があっても心が曇っていた
ら人を幸せにするものを提供することはできない。
そう考えれば心を美しくすることは、技術を高め
ることに優先する。もちろん両方が一番良い。
「日曜美術館」では全国各地の展覧会情報を紹介
してくれる。気に入った絵画が展示されていれば
観に行きたくなる。「行きたい場所」があるとい
うのは「夢」ができることと同じことだ。
そして実際にその場所に行くために予定を立てれ
ば、夢が叶った気分になって気持ちがウキウキす
る。いつも、なにかしら小さい夢があって、毎日
そのことが頭の片隅にあれば人生は充実するので
はないか。そのためには、実現できそうな夢を
つねに思い描くようにすればいい。
小さい夢を自分で作りながら生きるということだ。
ああ、なんだか無性に「イレーヌ」を観に行きた
くなった。だけど一番近い展覧会でも福岡だから
家内の財布を頼るしかない。「イレーヌ」に会う
ためには、しばらく「ご機嫌とり」の日々が続く
ことになりそうだ。

カテゴリ :小さい生き方 トラックバック(-) コメント(-)

小さい生き方 11

 2018-03-12
花の季節になって少し心が躍る。
だからかもしれないが、気持ちが外に
向いてきて、ハガキを書きたくなる。
必ず出すのが娘二人宛て。何を書けば
彼女たちの心を、明るくするだろうかと
いつも考える。
ハガキを買うときにも、気持ちが晴れやか
になるような、ほっこりするようなデザイン
を選んでいる。ハガキは旅先で買うことが
多い。お土産店では真っ先に絵ハガキを
物色する。旅の思い出になるし、宿で早速
誰かに宛てて書きたくなる。早起きな私は
早朝に時間を持て余すから丁度いい。
旅先でハガキを書くと「坂本龍馬」になった
気になって、ちょっとロマンティックを
感じるから、旅のウキウキ度が高まる。
「龍馬」はたくさん手紙を書いている。
以前、夢中になって関連書籍を買い集め
読み漁ったことがある。高知県にある
「坂本龍馬記念館」に行くと「龍馬の手紙」
の直筆がたくさん展示されていて、見ごたえ
がある。龍馬の文章は、当時にしては堅苦しく
なくて、やさしさを感じるうえに、面白い。
それから切手も明るくて楽しそうなものがいい。
郵便局で良い切手を見つけたときは嬉しい
気持ちになる。
ちなみに、郵便局のホームページに新着切手の
情報が掲載されていて通販で買うこともできる。
さて、今回はどんなことを二人に宛てて書こう。
そう言えばこの前ふたりからプレゼントを
もらったきり、お礼を書いてなかった。その
喜びを伝えることにする。
娘たちに限らず、ハガキでお礼状を書くと
感謝の気持ちが再現されるし、心が納得する。
何かを送ってもらったら、すぐに感謝の言葉を
電話やメールで伝える。それは、届いたこと
を相手に知らせ、安心してもらう意味がある。
そして、のちほど、その贈り物や行為に対する
感激を、ハガキに書く。こうすると
心の喜びを「3回」味わうことができる。
話は変わるが、実はハガキのストックが
あり過ぎるのが悩みだ。安価だからついつい
買いすぎてしまう。このままいけば
「ハガキコレクター」になってしまいそうだ。

カテゴリ :小さい生き方 トラックバック(-) コメント(-)

小さい生き方 10

 2018-03-07
まだ残っている。先日観た映画
「今夜、ロマンス劇場で」の感激の余韻が。
上映中の後半は、ほとんど涙が止まらな
かった。老齢のせいで涙腺がゆるくなって
いるのかとも思ったが、まわりの若い観客
たちからも「ずるずる」と聞こえてきた
から、やはり誰が観ても感動的な映画
なんだろう。エンディング曲の途中で
立ち上がる人も誰一人いなかった。
時々「泣くこと」は気持ちいい。
映画を観て感動すると、その俳優を好きに
なることがある。人を好きになるのは
その相手がどんな関係であれ歓迎すべき
ことだ。それが俳優や歌手なら相手の
気持ちを気にすることなく、ただただ
好きでいればいいから何のストレスも
ないし、どれほど深く好きになった
ところで経済的なことや時間的なことを
わきまえれば誰にも負担をかけることもない。
好きな人は多ければ多いほど素敵なことだ。
ちなみに、この映画ではエンディング曲にも
感激して翌日早速にCDを買った。
これでしばらくの間、あの感動をリピートする
ことができる。この歌手も好きになりそうだ。
しかし、やはり映画はラブストーリーがいい。
中でも「純愛もの」は、心にも体にも歓喜を
与えてくれる。その気持ち良さを言い表すと
まるで胸の奥底に暖かい太陽の光が差し込んで
その優しい熱がじわじわと全身に伝わって
体じゅうが愛で喜んでいるような感じだ。
考えてみれば人生の幸せの量は、愛を感じる
時間の長さに比例する。純愛映画は疑似恋愛的
な愛の恵みを受けることができる素晴らしい
時間になる。
話は変わるが一つだけ後悔していることがある。
CDは新品ではなくて中古かレンタルにすれば
よかった。早く聴きたくて即買いしたが
後で小遣いの心配をするはめになってしまった。
熱は冷まして行動する方がいい。

カテゴリ :小さい生き方 トラックバック(-) コメント(-)

小さい生き方 9

 2018-03-04
最近「ワインの選び方」が定着してきた。
と言ってもレストランのメニューから
選ぶことではなくて、家飲みワインを買う
ときの選び方だ。ワイン選びは、当然
料理とのマリアージュで、とカッコよく
言いたいところだけど残念ながらそうでは
なく、私の基準は「お得感」だ。
近所の酒店の会員になっていて、毎月
ワインのお買得情報などが掲載された
会報誌が送られて来る。そして数ある
おすすめワインの中で、真っ先に目を
向けるのは「値引率」。10%、20%
30%とあれば、当然、30%から先に
品定めする。そして発行者のコメント
を読み、味の好みを確認した上で
購入価格が折り合えば決定。
普段飲みで、3千円を超えるワインは
手が届かないが、出来うる限り
良いワインを飲んでみたい。
高級ワインの世界の入口に一歩
足を踏み入れたい。そんな夢をかなえて
くれるのが30%OFFだ。これなら
手が出せる価格になる。この方法で案外
ハズレはなくて、10本のうち9本は
幸せ感を満喫できる。なにより普段
飲めないワインを飲んでいるという
心の喜びが大きい。
それと、もう一つ、こだわっているのが
「産地」。大きなところでは、やはり
ヨーロッパ、中でもフランス、さらには
ブルゴーニュ、ボルドーということになる。
いかにも初心者が見栄を張っているような
ブランド志向で少し恥ずかしい気もするが
憧れみたいなものがあって心が高鳴る。
考えてみれば、このブランド志向こそが
ワインの魅力の一つと言えるかも知れない。
ワインには異国に対する羨望と
ファーストクラスのようなイメージが
備わっていて、それはCHANELやVITONN
に対して気持ちが高まるのと同様に思える。
話は変わるが、これからワインの世界に
入って行きたいという方がいれば
「図解 ワイン一年生」という本がお勧めだ。
ページの半分くらいが漫画で楽しく読める。
ワインには知的満足感も満たしてくれる
要素があって、書籍などで覚えた知識が
購入時や食事のときに活用できた際には
ちょとした優越感を味わえる。
しかし、思うに私は、ファッションや
アートの世界と同じ感覚でワインを
趣味にしていて「味わう」こと以上に
オシャレと知的欲求を追い求めている。
もう一つ言えば自分をレベルアップ
させようという投資目的もある。
まあそれもワインならではの醍醐味だと
思っているので、しばらくはこの
「ワインごっこ」を楽しみたい。

カテゴリ :小さい生き方 トラックバック(-) コメント(-)

小さい生き方 8

 2018-03-02
先日、26回目の結婚記念日だった。
いや、正確に言うと「結婚した日」
を除けば25回目ということになるの
かも知れない。家内がしきりに
「25回目やね」と言っているのを
聞きながら私の心の中では「26だろ」
と思いつつも今考えてみると「25」で
合っているのだろう。まあ、そんな
ことはどうでもいい。
当日は何処かに出掛けたわけでも
なくて自宅でいつもの夕食。
ちなみに記念日を覚えているのは
いつも私だけで家内はお約束のように
忘れていて、その性格を羨ましく
思ったりしている。結婚記念日には
たいがい何か買って帰るように
しているのだが、今回はなんとなく
二つ買ったので、あることを試みた。
一つ一つ小出しにして家内がいつ
記念日に気がつくか試してみようと。
二つのうちのひとつは
「クローバーの鉢植」
クローバーは、なんとなく幸せの
イメージがある。
後日「クローバー」の花言葉を
ググってみると「私を思って」
や「復讐」という言葉があって
幸せとは逆のイメージもあることが
分かった。まあ、家内がそこまで
知っているはずはないし、調べる
などというめんどくさいことは
する訳もない。
もう一つは「金のスプーン」。
と言っても一本400円の安物だけど
これでシチューでも食せばなんとなく
テンションが上がる気がする。
そして記念日当日、まずは帰宅と
同時に「クローバーの鉢植」を差し出した。
案の定、まったく気づく気配はない。
買ってきた理由を聞いてもくれない。
「可愛いね」の一言でおわり。しかも
どちらかと言えばちょっとオシャレな
「鉢」の方を褒めていた。
それから食事をしながらタイミングを
見計らい「金のスプーン」を差し出す。
もちろん、まだ結婚記念日のことは言わない。
家内は手に取るや否や
「綺麗やね私の好きな金色や、どうしたん?」
ここでやっと異変に気付いたようだが
この時点で我慢できなくなってしまい
とうとうヒントを与えてしまった。
「今日は・・・何の日かな・・」
「ああそうか、結婚記念日や」
やっと出て来たその言葉が。所要時間
1時間半、まあこれで出なかったら
専門医の診断を勧めることになって
いたかも知れない。
そして、この後は冒頭にも話したように
「25回」を連発する家内にちょっとだけ
不満を感じながらも、まあまあ楽しく
記念日の夜は更けていった。

カテゴリ :小さい生き方 トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫