国金懇談会

 2007-09-25
話題の国金と中小公庫の統合

先週、国民金融公庫高松支店の懇談会に参加し、上記の統合について

の説明や、支店長のお話しを聞いてきました。


国金と中小公庫等の統合により、来年10月から

株式会社 日本政策金融公庫  として発足することになります。

正確に言えば国金、中小公庫の他にも農林漁業金融公庫と

国際協力銀行も同時に統合されます。


株式会社になるとは言え、すべての株式を政府が所有するので

これまで通り、公共性の高い運営が行われるとの事です。ですから

国金や中小公庫が、企業に対する融資の方針を変えるというような

ことは無いそうです。


国金さんも従来通りのスタンスで

中小企業への融資を行ってくれます。



現在返済中の借入金についても、まったく同じ

条件のまま新公庫へ引き継がれます。



ですから、組織が変わるとは言え、企業にとっては、あまり

心配するようなことはないようです。

ただ、支店長さんは、「統合後は支店長は1名になるだろうから

私は部門長に格下げされるかもしれない。」と、心配されてました。


あと、私の質問に支店長が答えてくれたのですが

国金と中小公庫の顧客情報は、統合後は共有されるそうです。

最後に私の感想は、「移転して最新のビルに入って仕事が出来て

いいなあ。」と思いました。まあ、引越しは大変だったので

しょうけど、、、、、、、、


財務会計・税金・開業手続・法人設立手続
資金調達・その他事業に関するご相談は


三和会計事務所ホームページ

個人営業の方も法人営業の方もお気軽にご相談ください

メールでのご相談は sakamoto@sanwa-ac.com

美容室財務応援ブログも書いています。







スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://sanwasakamoto.blog119.fc2.com/tb.php/10-5afa6086
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫