地域小企業の資金調達は決算書が命

 2008-05-31
地域小企業の有力借入方法である

保証協会付融資が減っています



香川県保証協会の発表した平成20年3月度の

保証状況によると、保証件数は前年対比 89%

保証金額は前年対比 86%といずれも前年を

割っています。


昨年導入された「責任共有制度」も影響している

と思われますが、私が考えるには、やはり、

地域中小企業の決算書の内容が悪くなっている

ことが、最大の原因だと思います。


ちなみに、「責任共有制度」とは、企業の返済が

万が一滞った場合に、全額、保証協会が負担する

のではなく、貸出を行った銀行等の金融機関も

一部負担するという制度です。


ですから、銀行等も保証協会付融資であっても

融資先の企業の決算書等の内容を、今まで以上

に吟味することになります。


地域の銀行等も、20年3月度は経営成績のかんばしく

ない銀行等が多く、危険なところには

「お金を貸したくない」という姿勢が、今後は今まで以上に

強まってきそうです。


しかし、その反面、貸したい企業には、他の銀行等との

競争に勝って、融資をしたいという姿勢も強まって

くるでしょう。


「貸したい企業」になるためには、決算書の内容を

良くしなければなりません。そのためには

決算書の「純資産の部」がマイナス(いわゆる債務超過)

の企業は、これをプラスにすることが第一です。

債務超過ではないが「繰越欠損」がある企業は

これをゼロにすることが第一です。


売上を伸ばすことも大事ですが、「貸したい企業」

という観点からは、上記の2点がクリアできていない

企業は、これをクリアすることが優先課題となります。


香川県保証協会の発表資料


はげみになります。下記ランキングをクリックお願いします!

       


今後の予測では、小売業・製造業
で資金の借入の困難度が高まる。


財務会計・税金・開業手続・法人設立手続
資金調達・その他事業に関するご相談は

三和会計事務所ホームページ

個人営業の方も法人営業の方もお気軽にご相談ください

ご相談メールは下記をクリック
 http://form1.fc2.com/form/?id=245316
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://sanwasakamoto.blog119.fc2.com/tb.php/118-d047c81e
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫