中小製造業の設備投資スタンス 2008年度計画

 2008-06-14
中小製造業の設備投資は

機械の維持・補修、更新が中心



中小公庫より

中小製造業設備投資動向調査
 2008年度当初計画

が公表されています。


調査によると業種別では

「非鉄金属」「鉄鋼業」「プラスチック」が

増加の見通しです。


設備投資内容は

昨年に引き続き、「建物・構築物」のウェイトが

低下する一方、「機械・装置」のウェイトが上昇

しています。


設備投資の目的は

「更新・維持補修」の割合が最も高くなっています。

ちなみに昨年までは、「能力拡充」の割合が

最も高かった。


これらのデータと私の感覚により想像されることは

中小製造業は

「売上高・販売先の拡大」よりも、「コスト競争力」

に注力する傾向がうかがえます。


したがって、中小製造業の今後のテーマとして

「省エネ対策」 「IT化」 「内製化」 「人材育成」

が重要なキーワードになっていくと考えられます。


中小製造業設備投資動向調査


はげみになります。下記ランキングをクリックお願いします!

       


製造業では、電子商取引が売上の
50%を占める企業も、旅館・ホテル業
では、ネット利用客が25%の企業も


財務会計・税金・開業手続・法人設立手続
資金調達・その他事業に関するご相談は

三和会計事務所ホームページ
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://sanwasakamoto.blog119.fc2.com/tb.php/120-d915781a
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫