FC2ブログ

小さい生き方 18

 2018-04-17
毎週「NHK短歌」というテレビ番組を観ている。一
般投稿された短歌の中から、選りすぐりの作品を取り
上げて、解釈したり、出演者が感想を言い合ったりす
る。そして、作品の中から最優秀作を選ぶ。なぜ、こ
の番組を観ているかといえば、絶対に出演者を嫌いに
なることがないからだ。程度の差はあるが、ほぼ
100%の確率で好きになる。先日のゲスト出演者は
「井森美幸」さんだった。彼女はポエムが趣味という
だけあって、とても感性が美しい。投稿された作品の
中で、彼女が「イチ押し」だった作品が私の「イチ押
し」と一致したこともあって、最近のゲストの中では
ベストワンに上げれるくらい好感を持った。その「イ
チ押し」の作品は、こんな歌だ。
雪積もる
夜の紅茶に
落ちたのは
南の国の
お砂糖でした
レギュラー出演者の「カン・ハンナ」さんも大好き
だ。彼女は角川短歌賞に入選するほど歌づくりのセン
スがあって、その美しい心と素敵な感性が、番組の中
で作品や言葉に溢れ出てきて、心をじんわり暖かくし
てくれる。
私、自分で短歌を作らないけど、この番組は大好き
だ。それは、短歌が好きで観ているというよりも、短
歌に込められた作者の「想い」と、その「想い」を想
像して読み解く出演者と自分の感性を楽しんでいると
いう感じだ。それから、この番組を観ることで、美し
い言葉や考え方を吸収することができて、それが、自
分が日常に表現する言葉や行動に良い影響をもたらす
と思っている。そして、自分の言葉や行動が、家族や
大切な人たちの心にも、少なからず影響することを考
えれば、さらにこの番組を観る意義が強くなる。
食べ物や飲み物と同じように、心に取り入れるものも
自分で選択するのが人生だ。自分で選んだ結果が身体
や態度に出現して、それによって運命が左右されると
言えば、少し大袈裟かも知れないけど。

スポンサーサイト
カテゴリ :小さい生き方 トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫