FC2ブログ

小さい生き方 20

 2018-05-01
とうとう読み終わった。「ショパンの手紙、天才ショパ
ンの心」約600ページ。この本は、ショパンの手紙219
通を紹介しながらショパンの心を読み解き、解説してい
る。あれほど美しくてロマンティックな音楽を創作し、
当時の貴婦人たちの絶大な人気を得ながらも、ショパン
自身の人生は、愛の実り豊かではなかったようだ。しか
しながら、優しく純粋なショパンの手紙を読んでいる
と、あの素晴らしい音楽が生まれる理由が、素人ながら
分かる気がする。美しい音楽は、美しい心から生まれる
と思いたい、という私の願望もあるのだろう。ショパン
が30歳前後の頃、恋人のジョルジュに宛てた手紙の中
に、こんな一文がある。
「貴方のお手紙は僕を昨日大変に幸福にしました。この
手紙は元旦にいつもの甘いお菓子とチーズとマダムドボ
ンショーズのコールドクリームと一緒に、お手許に届く
でしょう。・・・・・・ ただ衷心から貴方のショパン」
この手紙を書いた頃は、実は、ジョルジュの気まぐれに
より、二人の関係は悪化していたのだった。
ショパンの音楽を好きになるにつれ、関係する書籍を読
んで人物像を深く知りたくなる。そして、マイナス面を
知ってもそれには蓋をして、プラス面ばかりを心に入れ
るから、知れば知るほど好きになる。知識を頭に入れた
うえで音楽を聴けば、さらに魅力が増す。
思うに、人物を好きになって、深掘りして行くことは、
何よりも知識の習得や自己啓発になるのではないだろう
か。ショパンを好きになって興味がクラシック音楽全般
に広がって行き、クラシック音楽の知識やショパン以外
の音楽家の知識も得ようとする。また、天才や努力家の
人生を読み辿って行くことで、気づきや感銘が生まれ、
おのずと自己啓発になる。例えば、最近ではピアニスト
の「中村紘子」さんの著書を読んで感激し、彼女の著書
を読み漁った。そのことで、クラシックピアニストの歴
史やコンクールのしくみと楽しみ方を知ることができ
た。そして、気づきと感銘を与えてくれたのは彼女の文
章力だ。その素晴らしい文章のセンスに啓発されて「日
記」を書くきっかけになった。書くことが習慣になった
ら、言葉の意味や使い方を学ぶようになるし、様々な人
が書いたエッセイなどを読んでみたくなる。
「好き」から入って「学び」や「行動」につながって行
くことは自然で無理がないし長続きする。さらに、そう
して学んだことや行動で、人を喜ばせることが出来れ
ば、素晴らしいことを成し遂げたと言えるだろう。自分
が楽しみながら人を喜ばせることは、工夫が必要で、そ
れは簡単なことではないかもしれないけど、とても自然
の摂理に従っていて合理的だと思う。ただ、自分の好き
なことを、相手にダイレクトに、強引に、押し付けるよ
うな方法では、自然とは言いがたい。だから「学んだこ
と」は、相手が望むタイミングを見計らって伝えるよう
にし、相手に行動を促すときは、相手が自然に一歩を踏
み出すようなアプローチの仕方を考えるべきだと思う。

スポンサーサイト
カテゴリ :小さい生き方 トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫