FC2ブログ

小さい生き方 23

 2018-05-22
久しぶりに家を出ている娘二人が帰って来た。お姉ちゃ
んは、25歳、妹は23だ。それぞれが私の好きなものを
お土産に買ってきてくれた。姉は「チーズ」妹は「かり
んとう」だった。そして、妹は、早くも父の日のプレゼ
ントを、ついでだからと買って来てくれた。家内を通じ
て伝えておいた「ネクタイピン」だ。いつも私は、安価
な物で、欲しいと思ったら、それを家内に伝えるように
している。自分で直接言うのは、ちょっと照れ臭いとい
うのもあるからだ。それと、欲しい物を自分で買うより
も、娘に買って貰った方が嬉しさが倍増するし、大切に
使って宝物になる。そして、プレゼントは、貰った方も
嬉しいけど、あげた方も、相手が喜んでくれれば、とて
も嬉しい。だから、お互いが欲しい物を自分で買わず
に、相手に買ってもらうようにすれば、幸せが二倍にな
る。特に男性は、相手との関係にもよるけど、女性にア
クセサリーをプレゼントすることが好ましいと思ってい
る。なぜなら、誰だかもう忘れてしまったけど、いつ
か、ある女性が「女性がアクセサリーを自分で買うの
は、はしたない」という話をしていて、女性心理とはそ
ういうものかと思ったからだ。男性にとって、女性のア
クセサリーを選ぶのはとても難しいことだけど、しなけ
れば、いつまでたっても上達しない。だから、男性は、
自分の財布の許す範囲で考えて、工夫し、機会がある毎
に積極的にプレゼントするようにして、しかも、それを
楽しみながら回数をこなして行けばいいのではないだろ
うか。
さて、今夜は、一年ぶりの家族4人での夕食になる。仕
事を終えて、私も何か買って帰ろうと考えてみた。ふた
りの好きな食べ物を思い出してみるが、なかなか「コレ
だ」というものが出てこない。色々と悩んだあげく「切
り花」にすることにした。それが一番、今夜の食事を楽
しくすると思ったからだ。それに、都会で一生懸命生活
している彼女たちを癒やしたいという想いもある。花屋
に寄って、彼女たちの好きな色を考えながら、2種類の
花を選んだ。家に帰り着き玄関のドアを開けると、妹が
出迎えてくれた。「切り花」を渡した瞬間、笑顔になっ
て「カワイイ」と、喜んでくれたようだ。姉も同じよう
に言ってくれた。
夕食は、たわいもない会話に花を咲かせる。最近起こっ
たことや、何回も繰り返してきた昔話、彼女らの近況な
どだ。重い話しはしたくないし、彼女らのことを根掘り
葉掘り問い詰めたくもない。ダメな父親かも知れないが
彼女らが小さい頃から今も、まったく教育するつもりが
なくて、放任主義だ。もちろん、娘たちを全然心配しな
い訳でも、成長を望まないわけでもない。ただ、私は、
あれこれと言って聞かすよりも、心に感じて、考えてほ
しいと思っている。「言ってくれなければ分からない」
ということもあるだろうけど、もし、言うのであれば
「いいところ」だけを言ってあげたい。そして、なによ
りも、自分の生き様を、娘たちが見ているということを
意識することが大事だと考えている。

スポンサーサイト
カテゴリ :小さい生き方 トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫