小さい生き方 28

 2018-06-29
手について考えてみた。美容室や歯科クリニックに行っ
た際に、とても気持ちのいい感触の手に出会うことがあ
る。それは、技術的なことではなくて、その人の指その
ものが、神から与えられた特別なもののような気がす
る。指から暖かい癒しのエネルギーが心の中まで伝わっ
て来る感じがするのだ。そして、面白いことに、その人
の見た目や会話を通じて、勝手に頭で思い描いていた人
物像と、指が触れた瞬間に心で感じた感覚とのギャップ
が大きいことがある。例えば、笑顔をあまり見せないク
ールな感じの人だと思っていたら、その指が触れた瞬
間、暖かい優しさを感じるということがある。その人の
心根を現しているのは、いったいどっちなんだろうかと
思う。しかし、本人は自分の指が特別なことを知ってい
るのだろうか。私だけが感じているのであれば知ってい
ても意味はないかもしれない。今度、機会があれば尋ね
てみることにしよう。
ピアノを弾いている手を観ながら聴くのと、観ずに聴く
のとでは、前者の方が感激が大きい。不思議だ。手から
心を伝えることができるのだろうか。
手に、心を込めることは出来る。優しい手の使い方をす
ることで、心も優しくなってくるのではないかと思って
いる。例えば、食事の時には手の所作を意識して、料理
の美しさが損なわないように、食器が傷付かないよう
に、相手に不快を与えないように気をつける。レジで釣
り銭を受け取る時に、両手で受ける。ドアの開け閉めな
ど、何かを動かす時には最小限の力で動かす。物を置く
時は静かに置く。椅子を引く時に音がしないようにす
る。傘を差す時たたむ時に周りに気を配る。運転してい
て道を譲ってもらった時の手振りに感謝を込める。まだ
まだ、たくさんありそうだ。日常のほとんどのことを手
を使ってしている。その一つ一つを意識して優しい使い
方を考えていれば、必然的に人や物や自然を愛おしむこ
とになる。
当たり前のことだが、手紙は、手で紙に書くから手紙と
いうのだろう。パソコンから打ち出したものは、手紙と
は呼べないことになるのかも知れない。気になったので
「手書きの手紙」をググってみた。たくさんヒットし
た。こういう言葉が存在するということは、手紙は手書
きとは限らないということだろうか。まあ、どうでもい
いことだが。ちなみに「パソコンで手紙」でもかなりヒ
ットした。
そう言えば、昔、ピンク電話と呼ばれるダイヤル式の公
衆電話があった。10代の頃、女の子の自宅に電話をかけ
るのに、ダイヤルを回して戻って来るまでの間、心臓を
ドキドキさせながら、最初に何を言おうか、やっぱり掛
けるのをやめようか、などと迷って、結局やめてしまう
こともしばしばあった。震える手でダイヤルするから、
番号を間違えることもしょっちゅうだった。
手は、震えたり、汗ばんだりして、心が現れる。そうで
あれば握手は心を見せ合う儀式のように思えて来る。私
は握手はあまり好きではない。特に初対面で握手を求め
られると、パフォーマンスとしか思えない。だけど、女
性の手が何かの拍子にアクシデントのごとく、触れるの
は大好きだ。

スポンサーサイト
カテゴリ :小さい生き方 トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫