FC2ブログ

小さい生き方 32

 2018-07-20
「ポゴレリチ」というピアニストのCDを買った。いつも
の私の癖で、突発的に興奮して、購入行動に移ってしまっ
た。今回の興奮の理由は、彼の有名なエピソードだ。その
エピソードとは、彼は第10回ショパンピアノ国際コンクー
ルの本選に落選したのであるが、その審査員の中に、現
在、世界で最も高い評価を受けているピアニストのひと
り、マルタ・アルゲリッチがいた。アルゲリッチはその審
査で、ポゴレリチの落選審査を不服として「彼こそ天才
よ」と言い放ち、審査員を辞退したのである。しかし、こ
れが「ポゴレリチ事件」として話題を呼び、彼は一躍スタ
ーダムに駆け上がったのだ。彼は少年時代から変わった奏
法をしていて、前述のショパンコンクールでも通常とは異
なる奇抜な演奏だったようだ。しかし、考えてみると、私
は音楽はど素人だが、世界最高峰のショパンコンクールに
出場して、ふつう、奇抜なことなどするであろうか。もし
かしたら「目立とう」という狙いもあったのかもしれない
が、そうだとしても、相当な度胸がいるだろう。誰もが考
えるのは、審査員全員の意図を予想したうえで、模範的に
高得点を狙いながら、自分の個性をアピールしていくとい
う方法だと思うのだが。
自分らしい生き方というのは「ポゴレリチ」のような生き
方だろうか。彼には、批判的な声も多かっただろうし、ご
く一部の人達にしか支持されていなかったのかもしれな
い。だが、個人にとっての成功は、必ずしも世間から多く
の支持を得ることではないと思う。かと言って、ひとりよ
がりで好きなことをして、勝手気ままに生きるのも成功と
は思えない。もし、それが、自分らしい生き方だと考える
のなら、それは、人間としての成長が、少し不足している
のではないか。「自分探し」という言葉があるが、これ
は、ただ「やりたいこと」を探すのではなくて、誰かのた
めに役立ったうえで、自分が情熱を込めてやれることを探
すことだと思う。
男性は、持って生まれた明確な役割というものが、神から
与えられていないとも言える。それは自分で考えろという
ことだろう。ポゴレリチは、どのような意志をもって奇抜
な奏法をしているのかは分からない。本人は奇抜だとは考
えていないのかもしれない。ただ、彼は少年時代からのや
り方をやり続けている。アルゲリッチの一件がなかった
ら、奏法を変えていたかもしれない。いや、おそらく変え
ていないだろうと思えてきた。なぜなら、アルゲリッチに
聴いてもらえるというステージまで辿り着いたという事実
は、彼の奏法が世の中に受け入れられているということに
ほかならないからだ。彼に対する最近の評価をググってみ
ると、ステージマナーの悪さや演奏の特異さが、つねに取
り上げられている。しかし、それでも多くのファンを魅了
していることは間違いない。 マナーの悪さを見習おうとは
思わないが、自分が生きて行く分野(仕事)で、常識破り
なことをしようとするポゴレリチの生き方は好きだ。
まあ、理屈はともかく、CDを聴いてみよう。ああ、何で
も理屈から入ろうとするこの癖をなんとかしたい・・・

スポンサーサイト
カテゴリ :小さい生き方 トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫