FC2ブログ

小さい生き方 33

 2018-07-27
読書オタクの私は「栞」に、こだわっている。と言って
も、デザインとか素材とかにこだわっているわけではなく
て、コンサートや美術館に行ったときのチケットを栞とし
て使っている。想い出に浸れるからだ。チケットには日付
けなどの情報がきちんと書いてあって、その頃のことを振
り返るのに都合がいい。普段は時間が経つのが早い気がす
るけど、チケットの日付を見ると、あれからまだ一年しか
経っていないんだ、などと思ってしまう。そんなときに考
えるのは、◯年前に比べて自分は成長したかな、というこ
とだ。大きく成長したとは思えないが、少しはマシになっ
たような気もする。私にとっての成長は、心の成長と行動
の変化だ。心の成長はとても時間がかかるけれど、行動は
1日で変えることができると。そして、行動を変えること
で、心も少しづつではあるけど、成長することが可能だと
思っている。だけど、心が変わる速度は、行動の変化に比
べて、とても遅いし、実感がない。永遠に変わらないよう
に思えてくる。だから、期待はしないで、普段は忘れてお
く方がいい。 時々、思い出して、数年前の自分と今の自分
を比べるくらいが丁度いいだろう。実際、ふだんの行動で
さえ、私の場合、小さなことしか変えられない。たとえば
最近、変えたことといえば、朝食の野菜の量を増やしたこ
と。おかげで、お通じの調子がとても良好になった。レタ
スと胡瓜に感謝だ。これから変えようと思っていることは
「ありがとう」に、ひと言付け加えること。会話でもメー
ルでも、手紙でもメモでも。案外こんな小さなことが、ぜ
んぜん出来ていなかった。例えば「いつもありがとう」と
するだけでも、相手に与える印象が違う。ありがとうのお
礼をする前に、ちょっと間を置いて、どんな言葉を付ける
かを考えることで、言葉のセンスが磨かれるのではない
か。何に対してなのかという感謝の対象を表出させれば、
自分の心にとても響くようにも思える。
心を成長させる行動とは、どんな行動だろう。ひと言でい
えば「誰かに喜ばれること」だ。それは、直接的でも間接
的でもいい。誰かを悲しませないとか、不快な気持ちにさ
せないというような、静かな行動でもいい。大きなことは
出来なくても、毎日意識して、行動に移していくことが、
心を成長させることになると思う。
話は変わるが、現在、成人の4割が、年間に一冊も本を読
まないという。ただ、紙媒体の読書率は落ちているが、電
子書籍の読書率は伸びている。一方で、老眼の進行が
年々、低年齢化しているらしい。電子書籍はとても便利だ
が、大切な目を痛めているのかもしれない。ひとつの試み
として、素敵な「栞」とオシャレなブックカバーなんかを
プレゼントするように心がければ、紙媒体の本の読書率が
向上するかも、そして、それが老眼進行を遅らせること
に、一役買うことになるかもしれない。その意味で冒頭に
話した、チケットの有効活用も紙媒体を応援することにな
るだろう。チケットが無いという方は、ぜひ、美術館に足
を運んで「スマホ時間」を減らしてほしい。大切な目のた
めに。ただ、暇さえあればiPadを開いている私は、どんど
ん老眼が進んでいる。

スポンサーサイト
カテゴリ :小さい生き方 トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫