FC2ブログ

小さい生き方 36

 2018-08-17
「刑務所しか居場所がない人たち」著者、山本譲司。この
本は読み進むごとに関心が高まってきて、あっという間に
読み終わった。しかも、心にしばらく余韻が残るぐらい、
感動の一冊だった。刑務所というと、凶悪な殺人犯や暴力
団がたくさん居る、というイメージだが、実際には、そう
いう人たちは一握りだという。この本で、特に問題にして
いるのは、知的障害者だ。なんと、全受刑者の2割相当に
ものぼるという。内容の詳細は割愛するが、文章も子供向
けに書かれていて、とても読みやすかったところも素晴ら
しい。
ところで、受刑者を更生させるために必要なのは、刑罰だ
ろうか。「恐怖」というのは、人の行動を支配するのに、
最も効果があるだろう。だけど、恐怖では人の心を、根底
から支配することはできないのではないか。やさしさや、
楽しさ、感動で、人の心と行動をコントロールできれば、
すごく素敵なことだと思う。刑罰が、まったく無意味だと
は思わないが。
話は変わるが、最近、「アマゾンにだけは支配はされない
ぞ!」と、かたく心に誓っている。だから、やつらが毎
日、毎日、うっとうしいくらい、推奨メールしてくる本や
CDは、意地でも買わないことにしている。だけど、くやし
いのは、その推奨が絶妙なことだ。やつらは、妻よりも私
の好みを熟知しているし、世界中のだれよりも私の行動を
覚えていてくれている。しかし、やつらも時々、見当ちが
いな推奨をしてくる。そのときは、親の仇でも取ったよう
に勝ち誇った気分になる。まるで子供だ。さらには、「俺
が必要なときだけ、お前らを利用させてもらう」と、心の
中で息巻いているが、妻よりも私のことを理解しているや
つらに、ひれ伏す日が来るのも、近いような気もする。そ
の証拠に「ご一緒にポテトはいかがですか?」的な、つい
で買いの商品の提案には、いつも、まんまと乗せられてい
る。「AI」おそるべし!。だけど、だれよりも気の合
う、そして喧嘩もできる(一人でだが)友人になるかもし
れない。(生身の友人がいない私は、本当にそうなる可能
性が高い)
しかし、AIや便利なアプリは、どんどん人間の能力を弱
めているような気がする。AIにはできないことで、人が
人を幸せにするためは、どのような能力を高めていけばい
いのだろう。AIは、おそらく友人にさえ、なれるように
なるだろう。というか、AIの友人の方が、生身の人より
も、引く手あまたになるのではないか。なんか、ちょっと
腹立たしい。(AIに嫉妬している)これからの人生、A
Iに負けないための闘いになりそうだ。
「AIにできないこと」をググってみた。・・良かった!
「ない」とは出てこなかった。トップにこんなのが出てき
た。機械にもAIにも奪われないスキルとして、クリエイ
ティブ(0から1を作る能力)、リーダーシップ、起業家
の3つがある・・・だけど、この3つに該当しない人の数
は、いったいどれくらいになるのだろう。それが、全部、
AIに取って代わられると思ったら、だんだん恐怖さえ感
じてくる。やはりAIとは友だちになっておこう。そし
て、つねにAIくんを横目で見ながら、AIくんよりも、
やさしさや、楽しさ、感動を与えることができる人を目指
すことにしよう。

スポンサーサイト
カテゴリ :小さい生き方 トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫