FC2ブログ

小さい生き方 38

 2018-08-31
先日、26になる娘(彼氏はいるがまだ独身)が遊びに来
た。お土産に「ミモレット」というチーズを買ってきてく
れた。実は私、このミモレットを、この上なく愛してい
る。ワインとこれがあれば、至極の晩餐になる。ミモレッ
トは、熟成期間が長いほど美味だ。お土産は、22ヶ月もの
で、熟成の証である、なんとも言えない濃厚な香りは、安
ワインを高級ワインと思わせるほどだった。ウキペディア
によると、熟成18ヶ月以上のものは「からすみ」にたとえ
られることも多く、日本酒との相性も良い、ということ
だ。
ふたりの娘は、それぞれ、すでに独立している。会うのは
一年に2回ぐらいだ。もう少し会いたいとは思うが、この
ぐらいが丁度いいのかもしれない。しょっ中、会いたいと
は思わない。娘との付き合い方は、放置playに近い。もう
大人だし、教えることもない。私たち夫婦の関係が良好な
らば、彼女たちはそれを見て、勝手に学ぶと思っている。
父としては、つべこべ言うより、自分の生き方で導きた
い。それよりも、逆に、彼女たちから学びたい。娘に限ら
ず、年長者は、年少者に合わせる方がいい。その方が、カ
ッコいいではないか。圧倒的余裕感を醸し出したいのだ。
そのためには年少者の生態を研究したうえで、彼らの上を
いかなければならない。まあ、えらそうなことを言うわり
には、いとも簡単にミモレットで骨抜きにされているわけ
だが・・・
以前読んだ本に、こんなことが書いてあったのを記憶して
いる。娘は、父親に似た男性で、しかも父親よりも少しだ
け、ランクが下の男性をパートナーに選ぶ。その理由は、
娘は無意識のうちに、そうやって、父親を立てているのだ
という。ということは、娘にとって、父は、結婚相手より
も上の、最高の男ということになるではないか。なんとい
う、とてつもないほどの、プレッシャーだろう。娘をもつ
父というのは、それほどまでに重要な役職なのか。「たの
む!娘たち。父を立てなくていいから、数段格上の男性を
選んでくれ!。」まあ、こんなこと実際、言えるわけもな
いし、彼女たちも、父を立てたりはしないだろうが・・・
ともかく、娘たちには素敵な男性を選んでもらいたい。そ
のためには、やはり、指標である私がランクアップした方
が、よさそうだ。だけど、どのような、カテゴリーでラン
クアップすればいいだろう。金持ちにはなれそうにない
し、何一つ、秀でるものがない。そうだ、一つだけ出来そ
うなことがあった。配偶者を喜ばせることだ。この分野で
かなり上位のランクまで登り詰めれば、ワンランク下の男
性を彼女たちが選んだとしても、幸せになってくれるかも
しれない。でも、どうやって喜ばせよう??。ああっ、そ
うかっ、配偶者が苦手なことを、私がやればいい。うちの
場合、整理整頓、掃除、段取り、記憶、マメさ、事務処
理、まだありそうだがこのぐらいにしておく。しかし、な
んと不思議なことに、けっこう私が得意なことばかりだ。
これなら楽しくできそうだ!
かくして、私の朝は、ゴシゴシと、便所掃除から始まるの
であった。


スポンサーサイト
カテゴリ :小さい生き方 トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫