FC2ブログ

小さい生き方 45

 2018-10-19
かなり早いけど、忘年会をおこなった。勉強会(頭に汗かく
会)の忘年会だ。年末に入ると気持ちがおちつかないので、
毎年、10月に開催させてもらうことにしている。会の最中、
参加者のひとりと、こんな話をした。その方は、私の家内の
ことを「可愛い方ですね」と言ってくれた。思わず、無意識
に「あの笑顔があれば、ほかには、なにもいらない。」と答
えた。初めて、そんな言葉を口にした。自分で言っておい
て、バカみたいだけど、とても心がじんじんと温まった。後
で考えてみたら、笑顔とか、良い言葉というのは、とても価
値のあることだなと、あらためて思った。笑顔には「他に何
もいらない」とまで思わせるパワーがある。良い言葉は、言
った自分の心にまで、良い影響をあたえる。極端なことを言
えば、笑顔で接することと、良い言葉を発することだけを目
標にして、生きていけば、いいのではないかとさえ思う。
話は変わるが、先日、TV番組で、マラソン解説者の増田明美
がこんな話をしていた。「できるだけ選手の良いところを伝
えたい。選手のファンを増やすために。」彼女は、自らの経
験から、日々、過酷なトレーニングに耐えている選手にとっ
て、なによりも励みになるのは、ファンの応援だと知ってい
る。それが、この言葉を生み出しているのだろう。そんな彼
女の解説は、とても人気があるという。その裏側には、コツ
コツと地道な取材活動がある。そして、選手やファンを喜ば
せようという、愛がある。番組の最後には「次の目標は東京
オリンピック、特にパラリンピックの観客数を増やした
い。」と語っていた。私は、番組が終わるやいなや、早速、
アマゾンをクリック、彼女の著書「認めて励ます人生案内」
を買物カゴに入れてしまっていた。著書を買うことで、ささ
やかだが、応援になると思っている。
そういえば、最近読んだ本で、野田あすか著「発達障害のピ
アニストからの手紙」はすごく感動した。著者とその家族
は、著者が20歳をすぎるまで、発達障害とは知らずに生き
てきたという。もしかしたら、そういうことが、自分のみじ
かなところでも、あるのかもしれない。知的障害とか、うつ
病の人は表面に現れにくいから、周りの人は気付きづらい。
本人でさえ気づいていないのであれば、なおさらだ。誰かが
気づくことで、彼らの苦しみが、緩和されるかもしれない。
その誰かは、健常者の方であるべきだと思う。だけど健常者
は、私もそうだが、弱者から目を背けてしまいがちで、関心
が薄い。だから、せめて、ある程度の知識をつけておきた
い。気づくことができるように、感度を高めておきたい。い
つか、どこかで、彼らの役に立つかもしれないから。
さて、忘年会が終わったら、次はクリスマスだ!。思うに、
年々、どこもかしこも、白くなってきて、だんだんサンタに
近づきつつある。お腹も・・・・ヤバいっ、衣替えの前に、
これをなんとかしないと、スーツのズボンが入らないっ。
もし「スーツを新調したい」と家内に言ったら、まちがいな
く、笑顔は消え失せ、悪魔の形相に変わるだろう。

スポンサーサイト



カテゴリ :小さい生き方 トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫