FC2ブログ

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

小さい生き方 46

 2018-10-26
大相撲高松場所を観に行った。テレビでしか観たことなかっ
たけど、本場所とちがって、コミカルでおもしろい。観客は
老若男女さまざま、外国人もチラホラ見かけた。観客を観る
のも楽しい。お酒やビールを飲んだり、力士を追っかけて、
サインを求めたり、ひたすらスマホで撮影したりと、様々に
楽しんでいる。人気力士が登場したときには、女性客のかけ
声が響く。なかには誰もが声をかけないような、あまり人気
のない力士にばかり声をかける、マニアックな女性もいた。
取組の終わった人気力士が、花道を帰るとき、子供や女性が
手を出して、スキンシップをもとめる。その時に、やさしい
対応をする力士をみると、見ているこっちまでが、微笑まし
くて嬉しくなる。ちなみに私の同行者は、酔っ払いオヤジ
(飲んではいない)のごとく、取組が始まるたびに、誰彼か
まわず声援を送っていた。あれは、たぶん、ただのストレス
解消だとしか思えない。
さて、先日のNHK番組「日曜美術館」は素晴らしかった。巨
大な絵画を描く画家「遠藤彰子」の特集だった。番組の中
で、すごく心に残ったコメントがある。司会者の質問にたい
して、彼女は、巨大な絵の前に立って、こう答えた。「大き
な絵は動きがないといけない、この絵は、このへんから、
グワァーときて、ガーっと行って、ブワーっと来
る。」???。う〜ん、意味不明、はっきり言って、ぜんぜ
ん説明になっていない。だけど、不思議に納得するし、天才
的な感性と情熱を感じる。考えてみれば、ああいうものは、
説明などしない方がいい。逆に言えば、説明が必要なもの
は、作品とは言えないのではないか。観た人が何かを感じる
ことができれば、それが、その作品の価値だと思える。観た
人それぞれに、感じ方は違っていてもいい。もしかしたら遠
藤氏は、先入観を持たせないために、あのようなコメントを
したのかもしれない。だけど、そうされると、なぜか、もっ
と話を聞きたくなる。番組は司会者と遠藤氏の対談の途中で
終了したが、とても名残惜しかった。私の性根がねじ曲がっ
ているのかもしれないが、細かく説明されると、うんざりす
るけど、ひと言で終わってしまうと、もっと聞きたくなる。
そして、そのひと言が魅力的な人は、聞けば聞くほど、好感
度が高まってくる。
じつは私、ほんとうは、相撲はあまり好きではない。だか
ら、取組よりも、力士のキャラクターを楽しんでいる。家内
は、決まり手を覚えるほど、相撲の取組が大好きだ。そし
て、それ以上に、懸賞旗の本数をかぞえるのが好きらしい。
「勝ち」にこだわる世界も素晴らしいけど、勝敗を考えない
世界も素敵だ。勝敗を意識すると、心が苦しくなることが多
い。勝つことにこだわりすぎると、自分本意になってしま
う。相手を喜ばせることを考えると、穏やかな心でいられ
る。相手のことだけを考えて、自分のことは天にまかせるの
が理想的だと思う。
隣からこんな声が聞こえてきそうだ。「なに、ねむたいこと
を言うてるんや!、理屈はええから、サッサと稼いでこんか
いっ、理想でメシが食えるかっ。ああっー、白鵬がまた勝っ
た、すごい懸賞金や!」・・・たしかに、それも一理ある。

スポンサーサイト
カテゴリ :小さい生き方 トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。