FC2ブログ

緩和措置により不良債権の減少効果が

 2009-02-28
条件緩和をしても不良債権にならなかった

中小向け債権が増加!



昨年に金融庁が行なった中小企業向け融資の

金融検査マニュアルの改定

「中小企業向け融資の貸出条件緩和が円滑に行なわれるための措置」

により、不良債権の増加が食い止められています。


これは、中小企業が資金繰りに行き詰まり、銀行等に対して

毎月の返済金額を減らしてもらうなどの条件変更を行なった場合

に、従前は、3年以内に実現可能な経営改善計画がなければ

その中小企業に対する貸出金は、不良債権とされていました。


これが、上記の措置により、5年~10年以内に実現可能な

経営改善計画を提示することに改められました。

その効果が出ているようです。


平成20年10月~12月の実績と、改定前の平成20年7月~9月の

実績を比較すると次のように効果が出ています。


条件変更を行なった中小企業のうち、不良債権にならなかった

企業が、改定前の実績に比べて、平成20年10月~12月の実績が

それぞれ次の割合で増加しています。


・主要行(メガバンクなど) 約 82%
  
・地銀、第二地銀      約  9%

・信金、信組         約 12%


また、全体では、 改定前の平成20年7月~9月の実績では

貸出条件の変更を行なった中小企業のうち約5%が不良債権に

ならなかったのですが、平成20年10月~12月の実績では

約22%が不良債権にならなくて済んでいます。


これは、中小企業だけでなく、銀行にとっても、メリットの大きい

ものと言えます。


年度末を控え、各銀行は、株の評価損や倒産企業の増加により

赤字決算を余儀なくされそうです。


銀行の立場で言えば、中小企業が実現可能性の高い経営改善計画を

提示してくれれば、条件変更に応じた方が、倒産を防止し、不良債権を

増やさずに済むことになります。


資金繰りに窮する中小企業にとっては、無理に返済するのを止めて

実現可能性の高い経営改善計画を立てて、返済条件を緩和

してもらう良い機会と言えるかも知れません。

金融庁の公表資料
  http://www.fsa.go.jp/news/20/20090220-1/01.pdf


中小社長が実戦で使える知識や考え方をメルマガ無料配信しています。

下記をクリックして登録してください。

       http://www.mag2.com/m/0000276311.html



はげみになります。下記ランキングをクリックお願いします!

       

スポンサーサイト



コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://sanwasakamoto.blog119.fc2.com/tb.php/159-3b2544c2
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫