FC2ブログ

緊急保証枠を拡充へ

 2009-03-26
ご注意ください。社長さん。

地銀・信金等がさらに保証協会融資
ばかりを中小企業に勧めて来るかも?


「政府・与党は、中小企業の資金繰り対策として
信用保証協会による緊急保証制度を
拡充する方針を固めた。」

「中小企業向け無担保融資に対する緊急保証の上限額
(現在は1社当たり8000万円)を1億円以上に
引き上げることを検討しているという。」

これが実現すれば、確かに、現状保証協会の枠いっぱい
まで借入がある中小企業にとってはうれしい話ですね。


ただ、枠が広がったからといって、それが即座に保証を
付けてくれることになるかというと、そうでもないです。

保証協会が保証を付けてくれれば、おおむね、銀行は
融資を出してくれるでしょう。まして、今回の緊急保証は
100%保証(銀行のリスクがない)なので、なおさらですね。

でも、保証協会も、なんでもかんでも、どんな企業にでも保証を
付けるわけではありません。


保証を付けた企業が返済できなくなったら、保証協会が税金を
使って、銀行に立替払いしなければなりません。

各地域にある保証協会は、自分のところだけが突出して
立替払いが多かったら、メンツが立たないでしょう。

実際、今回の緊急保証にしても、各地域の保証協会に
よって、対応が違うと聞きます。付けてくれやすくなったところ
もあれば、あいかわらずというところもあるようです。

また、今回の保証枠の拡大によって心配なのは
銀行がさらに、保証協会融資ばかりを勧めてくることです。


保証枠は1企業に対して、与えられています。1銀行に
対してではありません。なので、各銀行がなるだけ自分が
多く、その枠を取りたいと思っています。

枠が広がったら、さらにその思惑が強くなりそうです。

借入が困難な状況になっている企業に対して積極的に
なってくれるのなら良いことです。

ですが、困ったことに、優良中小企業にまで保証協会
融資を勧めてくるのです。


保証協会を付けなくても十分融資ができる企業にまで
保証協会融資を勧めてくるのです。

不動産担保の担保余力がある企業にまで保証協会
融資を勧めてくるのです。

ご注意ください。社長さん。甘い言葉に

「社長、この際、長期で借りときませんか
10年までいけますよ。」


このようなアプローチがきたら、保証協会融資の
可能性が高いでしょう。


「社長さん!」
もっと銀行取引の知識、経営財務の知識をつけませんか?
無料メルマガ登録はこちら

   http://www.mag2.com/m/0000276311.html


はげみになります。下記ランキングをクリックお願いします!

       

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://sanwasakamoto.blog119.fc2.com/tb.php/164-a491cbb6
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫