日本政策金融公庫 融資制度拡充

 2009-05-09
雇用調整助成金の届出が受理された
企業を対象に優遇融資



日本政策金融公庫が今回追加した融資制度の
拡充は、今、製造業を中心に申込が殺到している
雇用調整助成金の届出が受理された企業に対し
運転資金を融資するものです。

7年間の長期返済が可能で金利も特別利率が
適用されるため、低い。

通常は、運転資金は基準利率が適用される。
現在の利率は、7年返済で基準利率が2.5%
特別利率Aが2.1%(国民事業)です。

詳細はこちら
 http://www.jfc.go.jp/common/pdf/t_news_090508a.pdf

中小企業が日本政策公庫と付き合っておくことは
大変メリットがあります。


基本的に政府系金融機関であっても、金融機関の人間は
一元さんを警戒します。初めての融資になると慎重に
なるのです。

反対に、取引実績があると安心します。それだけ融資が
受けられる確率が高くなるということです。

政府系は銀行での融資が困難になったときに
頼りになります。

また、銀行も企業の決算書に政府系での借入があると
安心するという側面もあるのです。


その分、資金調達の幅が広がるという判断をするのです。

公庫の利用実績がない企業や、長らく公庫を利用していない
という企業は、長期運転資金や設備資金などの調達機会が
ある際に、公庫の利用も検討してみてはどうでしょうか。


「社長さん!」
もっと銀行取引の知識、経営財務の知識をつけませんか?
無料メルマガ登録はこちら

   http://www.mag2.com/m/0000276311.html


はげみになります。下記ランキングをクリックお願いします!

       


スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://sanwasakamoto.blog119.fc2.com/tb.php/172-832d1e55
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫