FC2ブログ

無担保融資を増やす

 2009-06-27
融資取引銀行を増やすことで
無担保融資を増やす



成長途上の中小企業は、資金調達の必要性が
高い。

しかし、老舗企業と違って担保となる不動産や
個人資産なども少ないことから、どうしても
無担保融資になります。

無担保での融資となると、保証協会付融資もしくは
日本政策金融公庫での融資でなければ、1年以内の
短期資金になる場合が多い。

しかも、いっぺんに、1銀行から多額の資金調達
となると、大変困難です。


例えば、5千万円の運転資金を、無担保、かつ、
プロパー(保証協会なしの融資)融資を受けたい場合

現実、1銀行で融資は困難な場合があります。

このような場合でも、3行に分散すれば可能な場合が
あります。


もちろん、5千万が必要な根拠を明確に示し、その返済
原資も示せることができれば、可能かもしれません。

決算書の内容や取引実績、売上規模などによっても
銀行の判断は違ってきます。

ただ、銀行員は冒険家ではないから、そうそう簡単に
リスクを取ってはくれません。

また、成長企業の社長は忙しく、銀行に綿密な説明資料など
つくっているひまはないのが現実です。

ビジネスの内容によっては、明確に、5千万円が必要な
訳ではないが、タイムリーなビジネスチャンスを逃さない
ために、余裕資金を持っておきたいということもあります。

成長途上の若い企業は、信用力もまだ弱いため
信用取引も思うようにはできないでしょう。

融資取引銀行が多ければ、資金調達の多様性を図り
リスク回避にもなります。


銀行の事情によって貸せないこともあるからです。

担保を要求されたり、保証協会付融資を勧められたり
することもあります。

しかし、他の銀行ならプロパー融資で出せるというような
ケースもあるのです。


「社長さん!」
もっと銀行取引の知識、経営財務の知識をつけませんか?
無料メルマガ登録はこちら

   http://www.mag2.com/m/0000276311.html


はげみになります。下記ランキングをクリックお願いします!

       


スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://sanwasakamoto.blog119.fc2.com/tb.php/179-bfd8a2c9
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫