FC2ブログ

デフォルト率の動向

 2009-07-04
21年4月期の企業デフォルト(債務不履行)率
は、前月とほぼ横ばい



RDB(日本リスクデータバンク)が公表している
デフォルト率によると、4月は前月対比0.01%減です。
 http://www.riskdatabank.co.jp/file/200904Rep_RDBEDR_pub.pdf

19ヶ月ぶりの低下となっています。

ただ、全体平均 3.36%は、前年同時期の 2.76%を
大きく上回っていますから、まだまだ高い水準ですね。

デフォルト率が高いということは、企業の倒産確率が
高いということも言えますから、景気判断にもなり得ます。

業種別のデフォルト率で注目されるのは、建設業が前月比
マイナス 0.06%と低下しています。


建設業の倒産ラッシュも一段落する傾向かもしれません。

また、反対に製造業が、プラス 0.04%となっています。

製造業の需要の悪化は、まだ、回復の兆しは見えて
いないようですね。

今後のBKの融資姿勢が気がかりですね。

建設業は、一旦低下したものの、まだまだ、デフォルト率は
他業種に比べて高い水準にあります。

BKの融資姿勢は引き続き、消極的でしょう。

気になるのは、製造業です。他の業種に比べて
デフォルト率は低いですが、今後、徐々に
上がってくる可能性があります。

巷でも、老舗製造業の倒産をよく目にします。

BKの融資姿勢が消極的になれば、さらに倒産が
増加します。


企業が倒産する直接的な原因は、資金繰りの悪化です。

根本的な問題(利益を出すこと)も、当然行なって
いかなければなりませんが、資金繰り対策も必要です。

また、金が無い状態で、利益向上施策を取るよりも
金がある状態で行なう方が、成功確率も高いでしょう。

BKの中小企業への融資は、決算書の内容が8割です。

これを、必ず、頭において置いてください。

経営者なら、次の決算の見通しは付くはずです。

決算書の内容を良くするための施策を取るのは
もちろん、悪化が避けられないのであれば

今のうちに、資金調達しておくべきです。


「社長さん!」
もっと銀行取引の知識、経営財務の知識をつけませんか?
無料メルマガ登録はこちら

   http://www.mag2.com/m/0000276311.html


はげみになります。下記ランキングをクリックお願いします!

       


スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://sanwasakamoto.blog119.fc2.com/tb.php/180-74582d21
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫