銀行員がよく来る会社

 2009-09-12
多数の銀行から「借りてくれ」と
言われる会社にしましょう。



基本的に銀行は、「お金を貸して欲しい」と言う
会社には、貸したくありません。

借りる必要のない会社に貸したいのが
銀行です。

では、どうすれば、「貸して欲しい」と
思っている会社が、銀行に「貸したい」と
思わせる会社になることができるのでしょう。

もちろん、業績が良好で、規模が大きいほうが
良いことは言うまでもありません。

しかし、それ以外にも理由はあります。

それは、複数の銀行と付き合っておくこと
です。

銀行は基本的に、担当者が2年~3年で
異動になり、相性の合う担当者にめぐり合った
としても、すぐ居なくなります。

会社訪問の苦手な担当者に当たったら
銀行からのアプローチは少なくなる
ことになります。

しかし、取引銀行が複数あればあるほど
どこかの担当者が、アプローチしてくる確率が
高くなるわけです。

銀行の方からアプローチしてくる頻度が
多くなるほど、こちらの方から「貸して欲しい」
と言わなくて済むことになります。

しかも、同時に複数の担当者から「借りて欲しい」
という依頼があれば、金利など有利な条件で
融資を受けることもできます。

また、複数の銀行と付き合うとともに、担当者が
社長と話しやすいということも、銀行からの
アプローチを増やすことにつながります。

担当者が、会社を訪問しやすい環境を作る
ことが、アプローチの頻度を高めることに
なるのです。

それから、新規銀行がとびこみ営業してくる
会社になるためには、「○国データバンク」の
評価を高めておくことです。

「○国データバンク」の評価を高めるためには
なるべく、○国の担当者に積極的に会社の
情報を開示することです。

○国データバンクの情報をもとに新規営業を
かけてくる銀行員もいるからです。

また、銀行は、企業からの新規融資の申込の
さいにも、○国の情報を参考にします。


「社長さん!」
もっと銀行取引の知識、経営財務の知識をつけませんか?
無料メルマガ登録はこちら

   http://www.mag2.com/m/0000276311.html


財務知識で会社を強くするブログ
          http://kimikoto.ashita-sanuki.jp/

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://sanwasakamoto.blog119.fc2.com/tb.php/193-63d31279
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫