在庫を担保とした融資

 2009-09-26
食用大豆を在庫担保とした融資を
日本公庫中小企業事業が実施



日本公庫など政府系金融機関や
銀行なども不動産担保に依存しない融資に
取組んでいるところです。

今回、実施された食用大豆を担保とした融資も
在庫管理体制がポイントとなっているようですね。
(日本公庫HP)

適切な在庫管理を行なっていて、流通市場が確立
している物であれば、担保の対象になる可能性が
高いです。

在庫担保融資は、すでに、所有不動産はすべて
担保に入っている企業や不動産を所有しない企業が

長期の運転資金や開発資金の融資を受けるのに
適しています。

将来的に事業の縮小が見込まれる企業が
リストラを行なわずに、存続・発展していく

ためには、新しい事業を模索することや
新しい取組みをして、新たな需要を創りだす
ことが不可欠です。

そのためには、色んなことにチャレンジする
必要があります。失敗も多々あるでしょう。

その過程においては、必ず、資金が必要です。
しかも、失敗を想定する取組みですから
長期の運転資金が必要となります。

在庫担保融資を受けるためのポイントは
市場性と管理体制です。

市場性を有する商品や材料の在庫を多く抱える
卸売業や製造業は、在庫担保融資を受けることも

視野に入れて、在庫管理を強化してみるのも
経営に有効なこととなるでしょう。


「社長さん!」
もっと銀行取引の知識、経営財務の知識をつけませんか?
無料メルマガ登録はこちら

   http://www.mag2.com/m/0000276311.html


財務知識で会社を強くするブログ
          http://kimikoto.ashita-sanuki.jp/

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://sanwasakamoto.blog119.fc2.com/tb.php/195-78207667
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫