決算書対策

 2009-10-31
銀行から高評価を受けるためには
決算書対策が最も重要



企業は、既に融資を受けている銀行や
新たな金融機関から融資を受ける際には
決算書を提出します。

銀行は受け取った決算書により
企業を格付け評価しています。

原則として、その格付け評価により
次の決算書が出るまでの1年間の
融資方針が決められます。

ですから、企業にとっては、銀行との
融資取引を有利に行なっていくために
決算書の内容は、大変重要なものです。

では、どのような決算書対策があるのでしょう。
さまざまな対策はありますが、その1つを
紹介します。

損益計算書の「税引前当期純利益」が多いほど
良いことは言うまでもありません。

ただし、「税引前当期純利益」が多くなると
税金が多くかかるというジレンマがあります。

しかし、損益計算書の「税引前当期純利益」は
変えずとも、科目の見直しによって、「営業利益」や
「売上総利益」を大きくすることは可能です。

「営業利益」や「売上総利益」を大きくすることは
格付け評価を高めることにつながるのです。

「営業外収益」の中に、「売上高」に該当するもの
がないか、「販売費・一般管理費」の中に

「営業外費用」や「特別損失」に該当するものが
ないか見直してみましょう。

「税引前当期純利益」が同じであれば
税金は変わりません。


「社長さん!」
もっと銀行取引の知識、経営財務の知識をつけませんか?
無料メルマガ登録はこちら

   http://www.mag2.com/m/0000276311.html


財務知識で会社を強くするブログ
          http://kimikoto.ashita-sanuki.jp/


スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://sanwasakamoto.blog119.fc2.com/tb.php/200-9cce1268
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫