法定福利費とは

 2012-05-30
おはようございます。

涼しくて気持ち良い朝です。

さて、決算書の見方シリーズです。

決算書の中の損益計算書の項目に

「法定福利費」という項目があります。

法定福利費は、人件費のカテゴリーに
含まれるものです。

法定福利費の中身は

厚生年金や健康保険料等の
会社負担額部分

労働保険料の会社負担額

が主なものです。

「法定福利費」は

従業員を採用した場合に
必然的に生じる費用なので

経営努力によりコスト削減
がしにくい費用です。

あえて言えば、パート・アルバイト
を活用することにより

社会保険料の会社負担が
生じないようにすることが
考えられます。

しかし、国の方向性として

パート・アルバイトにも

保険加入を強制する方向に

徐々になってきています。

中小企業の対応としても

社会保険料の負担にも
耐えられる

収益源の確保

コスト構造の構築

に取組むことが

急務と言えるかも
知れません。


スポンサーサイト
カテゴリ :決算書の見方 トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫