資金調達先の選択

 2012-05-31
おはようございます。

今朝は少し曇り空ですが
涼しくて気持ち良いです。

最近、新聞より早く事務所に
来てます。

さて、設備投資や出店の際

資金調達が必要になって
きます。

その場合に

資金をどこから調達しようか
迷うところでしょう。

なるべく金利が安い方がいいし

早いペースで返済したい場合も
あれば

ゆっくり長い期間で返済したい
場合もあるでしょう。

基本的に、中小企業や個人事業者の場合

地域の銀行さん、もしくは

日本政策金融公庫(旧国金)さん

からの資金調達となるでしょう。

では、どっちが良いの?

金利については

政策金融公庫さんは

固定的です。

条件をクリアして
有利な制度に合致すれば

安い金利で調達できます。

ほとんど、交渉の余地は
ありません。

これに対し、銀行さん、信用金庫さん
信用組合さんは

企業の信用力や経営者の信用力
などによって

金利交渉の余地があります。

返済期間については

比較的、政策金融公庫さんは

長い期間の制度があります。

したがって、どっちを選ぶかと
いうことになった場合

まず、政策金融公庫さんに
アプローチし

返済期間や担保、保証人の
ことを相談し

金利などの条件がどうなるかを
把握したうえで

お付き合いのある銀行さん等に

アプローチして

比較、検討する手順が

基本的に

ベストな方法になるでしょう。

スポンサーサイト
カテゴリ :資金調達 トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫