源泉所得税納付

 2012-06-14
おはようございます。

今朝は曇り空ですが

まだ、涼しくて気持ち良いです。

さて、経営者のみなさんの中には

会社やお手元に、税務署から

「源泉所得税納付期限のお知らせ」

というハガキが

届いている方もいらっしゃると
思います。

従業員や役員の毎月の給与や賞与
から差し引いた

源泉所得税を、7月10日に

税務署に納付しなければ
ならないのです。

ただし、毎月納付している企業の
場合は

この「ハガキ」は
届きません。

常時使用する従業員が10人未満の
企業で

「納期の特例」の適用を受けている
企業が

年に2回、7月と1月に

納付することになっていて
ハガキが届くのです。

従業員数が10名近くいて

半年分を納付するとなると

けっこう、多額な金額に
なることもあります。

資金繰りの中で、貯蓄しておけば

なんら、問題はないですが

忘れていて、突然、納付しなければ
ならないとなると

資金繰りに頭を悩ませることに
なるかもしれません。

そういう事態を避けるために

従業員10人未満の企業でも

毎月、納付している企業も
あります。

年に2回の「納期の特例」は

あくまでも特例ですから

毎月納付に変更することも
可能なのです。


経営指導が強み!
 三和会計事務所

   http://www.sanwa-ac.com/


スポンサーサイト
カテゴリ :税金 トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫