融資の肩代わり

 2012-07-12
おはようございます。

雨模様ですが、空気や地面が
洗い流されて綺麗になりますね。

さて、銀行員さんから

「肩代わり融資」や

「融資の一本化」を

提案されることがあります。

これらの融資は

他の銀行の現在の借入金を

返済して、その銀行の借入に
切り換える

という内容のものです。

「金利を下げますよ。」

「毎月の返済額が少なくなりますよ。」

というようなメリットを
言って来ます。

確かに、経営上メリットの
あることでしょう。

しかし、忘れてほしくないのは

乗り替えられた銀行の
立場です。

返済された銀行は

当初予定していた
金利収入の一部を

あきらめることとなって
しまいます。

経営者は、当初、融資を受けた
時のことを

思い出してほしいのです。

その時は、その資金によって

経営が助けられたはずです。

その見返りとして

銀行は利息という収入を
受けるのです。

それがビジネスです。

そういうことを忘れて
ほしくないのです。

経営者としての
生き様としてです。

目先の金利等、多少のメリット
だけを目的に

判断することは
避けてください。

経営者として、ビジネスマン
としての

自分の価値を低くしないために


「無料ニュースレター読者登録」
毎月、財務・税制の情報や、経営に有用な
情報を郵送します。

登録は下記をクリックしてお申込を!
   
 http://form.mag2.com/trutraheph


経営指導が強み!
 三和会計事務所

   http://www.sanwa-ac.com/


スポンサーサイト
カテゴリ :銀行取引 トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫