在庫について

 2012-07-20
おはようございます。

朝から蒸しますね。

くもり空なので日中は
涼しいかも

さて、企業活動を行っていると

滞留在庫が生じることが
あります。

つまり

倉庫などに長期間眠ったままに
なっている

商品・製品の在庫のことです。

これらは会計上

通常は、資産として
計上されたままになっています。

これは、節税対策のうえでは
不利なことなのです。

ですから

決算の際には

滞留在庫は

可能であれば

処分売却を行うことが

節税対策になる可能性が
あります。

もしくは、廃棄処分を
行うことにより

節税を図ることが
できます。

定期的な商品棚卸を
行い

それに、経営者が関わることで

滞留在庫の存在を

把握しておくべきですね。


「無料ニュースレター読者登録」
毎月、財務・税制の情報や、経営に有用な
情報を郵送します。

登録は下記をクリックしてお申込を!
   
 http://form.mag2.com/trutraheph


経営指導が強み!
 三和会計事務所

   http://www.sanwa-ac.com/




スポンサーサイト
カテゴリ :財務対策 トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫