福利厚生について

 2012-07-27
おはようございます。

蝉の声にも慣れてきました。

蝉くんも朝からがんばっています。
私よりも早くから仕事しています。

さて、今日は従業員に対する
「福利厚生」のお話しです。

中小企業の場合の福利厚生は

一般的に

食事会や旅行というものですね

これらの福利厚生も
親睦を深める意味で

効果のあることでしょう。

他には

というと

なかなか積極的に行っている
中小企業は

少ないのではないでしょうか。

経営者が、そこまで考える
余裕がない

というのも一因でしょう。

では、どんな福利厚生が
効果的なの?

ある企業は

こんな福利厚生制度を
行っていました。

簡単なことです。

一定の目標を達成した
従業員には

「休日」を与える
というものです。

もちろん、これは「報償」とは
別にです。

優秀な従業員に会社を休まれると

損失だという考え方も
あります。

しかし、頑張る従業員
優秀な従業員が

仕事ばかりしていては

その従業員は

幸せとは言えないかも
しれません。

成果を出したビジネスマンこそ

幸せになるべきです。

会社に利益をもたらすため
だけの従業員

という考え方ではなく

従業員が幸せになるために

会社がある。

という考え方で

経営者は、福利厚生を
考えるべきです。

そのような会社が

発展し、継続していける
会社だと思います。


「無料ニュースレター読者登録」
毎月、財務・税制の情報や、経営に有用な
情報を郵送します。

登録は下記をクリックしてお申込を!
   
 http://form.mag2.com/trutraheph


経営指導が強み!
 三和会計事務所

   http://www.sanwa-ac.com/




スポンサーサイト
カテゴリ :経営力を高める トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫