従業員負担の経費について

 2012-08-01
おはようございます。

今朝は少し風が吹いて
気持ち良いです。

さて、今日は従業員負担の経費
についてです。

会社がすでに支払をした

ガソリン代や電話料金などで

従業員が個人的に負担する部分
について

その負担部分の金額を、従業員から
会社が受け取った場合に

会計上、どのような処理を
すればよいか

というご質問が時々あります。

この場合は

旅費交通費や通信費などの

マイナス項目として

処理してください。

ただし、会社が利益を上乗せ
していない

ということが前提に
なりますが

例えば、仮に、この金額を
「雑収入」という項目で

処理した場合は

「雑収入」は営業外収益で
あることから

結果として

旅費交通費等が
過大になってしまい

正確な「営業利益」が
算定されないこととなります。

せっかくの「営業利益」を
減らすこととなってしまうのです。

もちろん、最終的な当期純利益は
変わりませんが

また、「雑収入」は

消費税の課税売上項目に
なる場合もあり

「簡易課税制度」を採っている
会社の場合は

消費税の負担上、不利に
なってしまう場合が
あるのです。


「無料ニュースレター読者登録」
毎月、財務・税制の情報や、経営に有用な
情報を郵送します。

登録は下記をクリックしてお申込を!
   
 http://form.mag2.com/trutraheph


経営指導が強み!
 三和会計事務所

   http://www.sanwa-ac.com/


 

スポンサーサイト
カテゴリ :決算・会計 トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫