消費税改正にかかる経過措置

 2012-08-06
おはようございます。

少し涼しい朝です。

太陽のまわりの雲が
アートのように綺麗です。

さて、今日は消費税の改正に伴い

経過措置されるものについての
お話です。

その内容は

「建設工事請負契約」と

「不動産等の賃貸借契約」

についてです。

消費税の増税が開始されるのは

平成26年4月1日からですが

上記の契約について

その契約締結日が

平成25年9月30日
(消費税増税スタートの半年前)

までの契約については

増税前の消費税率である

5%の適用となるのです。

なので

例えば

26年4月10日に完成・引き渡しを

受けた店舗で、25年9月30日までに

契約していたものや

26年4月5日に納品された

機械や車両等のリース物件で

そのリース契約が25年9月30日までに

行われたものについては

5%の消費税で済むという

ことになるのです。


「無料ニュースレター読者登録」
毎月、財務・税制の情報や、経営に有用な
情報を郵送します。

登録は下記をクリックしてお申込を!
   
 http://form.mag2.com/trutraheph


経営指導が強み!
 三和会計事務所

   http://www.sanwa-ac.com/


 


スポンサーサイト
カテゴリ :税金 トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫