今後は国金より保証協会?

 2007-12-15
創業間もないベンチャー企業でも

銀行からの資金調達が可能です



従前は、創業時や創業間もない企業の

資金調達は、国金がメインでした。今でも

国金は、長期間の返済条件制度もあり

店舗などの建築資金には、非常に役立ちます。

今後も国金は、創業時の資金調達や小規模企業の

資金調達の担い手となっていくでしょう。


しかし、今後、保証協会付融資による資金調達が

見逃せません。

責任共有制度の導入により、保証協会の100%保証が

80%になり、(一部100%保証も残ります)銀行等も

20%のリスクを負うことになりました。


これは、保証協会にとっては負担が軽減されることに

なります。銀行等がリスクを嫌い、保証協会融資を

避けることが予期されれば、保証協会は自己の存続を

図る意味でも、積極的に保証協会付融資をして

もらえるような方向になっていくことが予想されます。


また、ここ最近、銀行等はノンバンクの保証付融資を

積極的に行っています。

保証協会はノンバンクがライバルとも言えます。

ライバルに自己の立場が、取って代わられることは

避けたいはずです。


ですから、創業時や創業間もない企業の資金調達に

際して、国金だけでなく、銀行等からの保証協会付融資

にもチャレンジしみてはと思います。


事実、創業2期目の会社で、まだ十分な売上や利益が

出せていなかったにもかかわらず、保証協会付融資に

よる運転資金の調達に成功した事例も最近ありました。


はげみになります。下記ランキングをクリックお願いします!

       

国金の無担保融資に関心のある方は下記を http://sanwasakamoto.blog119.fc2.com/blog-entry-19.html

財務会計・税金・開業手続・法人設立手続
資金調達・その他事業に関するご相談は

三和会計事務所ホームページ

個人営業の方も法人営業の方もお気軽にご相談ください

ご相談メールは下記をクリック
 http://form1.fc2.com/form/?id=245316
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://sanwasakamoto.blog119.fc2.com/tb.php/46-0c29b530
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫