銀行とのメリットある付き合い方

 2012-09-04
おはようございます。

今朝は曇り空ですが
かなり涼しいですね。

さて、今日は「銀行との付き合い方」
のお話です。

今朝の日経新聞の1面に

「決算読めぬ行員」

「企業育成こそ融資の王道」

という言葉が書かれて
ありました。

そして、最近の実例では

シャープの経営悪化を
見抜けなかった。

オリンパスの粉飾に
気づかなかった。

エルピーダメモリは会社更生法
適用申請を銀行団に直前まで
伏せていた。

などがあるようです。

昨日、私が、中小企業の社長と
話をした中でも

「結局、自店の営業成績のことしか
考えていない。」

というキツ~イ結論で
締めくくっていました。

銀行員さんのすべてが
そうだとは思いませんし

金融庁に縛られている銀行には
それなりの事情もあるでしょう。

では、中小企業経営者は
銀行とどのように

付き合っていけば
良いのでしょう。

「銀行員は分かってくれない。」

と、いくら嘆いても、なんの
メリットもありません。

分かってくれないのであれば

教えてあげればどうでしょう。

プライドの高い行員さんは

自ら「教えてください」とは
言いません。

しかし、経営に関しては
確実に経営者の方が上です。

プライドを傷つけないように
大人になって

上手に接してあげて

経営を教えてあげれば

感謝されることも
あるでしょう。

その中で、逆に、銀行のことを
経営者は教えてもらえば

確実に勉強になるはずです。

双方にメリットある
こんな付き合い方は

いかがでしょうか?


「無料ニュースレター読者登録」
毎月、財務・税制の情報や、経営に有用な
情報を郵送します。

登録は下記をクリックしてお申込を!
   
 http://form.mag2.com/trutraheph



スポンサーサイト
カテゴリ :銀行取引 トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫