法人税率

 2012-09-20
おはようございます。

今朝は少し曇り空ですが
涼しくて気持ち良いです。

さて、今日は、会社にかかる法人税等の
お話です。

決算書を観たときに

法人税等がいくらかかって
いるのだろう?

と思ったときは

損益計算書の一番下の方の

「法人税等」もしくは

「法人税及び住民税、事業税」

という項目の金額を見てください。

その法人税等が、利益に対して

どのぐらいの割合でかかって
いるの?

と思ったら

上記の「法人税等」の金額を

これも損益計算書の下の方の

「税引前当期利益」の金額

で割ってください。

その割合が、法人税率です。

専門的なことを言えば

法人税申告書の別表四の
所得金額で割るという考え方もあります。

ただし、この方法は無視しても
よいです。

話は戻りますが

法人税率は、中小企業の場合は

おおむね、25%~40%の間ぐらい
です。

利益の金額が大きいほど

法人税率も若干、上がります。

これは、なぜかというと

中小企業の特例として

年間800万円以下の利益部分に
対しては

低い税率となっているからです。

ですから、年間800万円を超える
部分の利益が多いほど

全体でみた法人税率が高めに
なるのです。

なお、過去の赤字(繰越欠損金)が
ある場合の

法人税率の結果は参考に
なりません。

また、「法人税等」は、法人税だけでは
ありません。

法人税、法人県民税、法人事業税
法人市町村民税

の合計が、法人税等の金額なのです。


経営者、起業予定者、後継者、経営幹部
のための経営実践勉強会


 参加者募集中!!
http://sanwasakamoto.blog119.fc2.com/blog-category-15.html


スポンサーサイト
カテゴリ :税金 トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫