扶養家族の判断

 2012-10-05
おはようございます。

良い季節ですね。
今朝も爽やかな秋晴れが気持ちいい!

さて、今日は「扶養家族」についての
お話です。

よく質問されることなのですが

子供や定年退職した親が、扶養家族
に該当するのかどうか

という質問です。

私が今からする話はすべて

税務上の「扶養家族」についてですので
社会保険等の「扶養家族」のルールとは

違いますので注意してください。

では、税務上の扶養家族のルールに
ついてですが、以下のように

判断してください。


扶養家族にできる条件

・子供

 16歳以上であり
 給与収入が年間、103万円以下

 給与収入は例えば2ヵ所から給与を
 貰っている場合は2ヵ所の合計金額

 給与収入以外に、事業収入や不動産収入が
 あれば、所得38万円以下という判断に
 なるので、103万円という基準は
 使えません。


・親(年金収入のみ)

 65歳以上であれば、年金収入が
 年間、158万円以下

 65歳未満であれば、年金収入が
 年間、108万円以下


ただし、いずれも、「同一生計」という
ことが条件になっています。

同一生計は、必ずしも、一緒に住んでいる
ということが条件になっているわけでは
ありません。

例えば、県外で就学している子供の
生活費を仕送りしている場合は

「同一生計」となります。


経営者、起業予定者、後継者、経営幹部
のための経営実践勉強会


 参加者募集中!!
http://sanwasakamoto.blog119.fc2.com/blog-category-15.html


スポンサーサイト
カテゴリ :税金 トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫