求道とは実行である

 2013-11-11
いくら素晴らしい教えであっても

これを実行しなければ

それは絵に描いた餅にすぎない。

例えば、積極心を身につけるに
あたって

感謝の念が重要であることは
よく知っているはずだが

いざとなると
不平不満が先行して

なかなか実行が伴わない。

積極心を本当に絶対的に
したければ

その手始めに、一切の不平不満を
感謝に置き換える努力を
怠らないことである。

(中村天風一日一話より抜粋)


「私見」
不平不満を感謝に置き換えるというのは
言葉にすると簡単だが、実際現実的には
とても難しい。
思いどおりにならなかった時に
感謝の気持ちを持たなければならない
と思っても、なかなかそうは思えない。
その時は、くやしさや情けなさという
感情がとても強いから、それを感謝に
切り替えて、前向きになって、明るく
嬉しいという気分にはなれないのが
実際です。だから私の場合はそういう
時には、その日眠るまでの間は
おもいっきり、落ち込むようにして
翌日に感謝に置き換えるために
前向きに考えるようにしています。
その日は、自分をとことん責めて
どん底まで落ち込ませてから
次の日に立ち直らせて、さらに
自分がレベルアップしたと思える
ようにするのです。

スポンサーサイト
カテゴリ :天風研究 トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫