時は金よりも貴重なり

 2013-11-15
事実を慎重に考察すると

極言すればあくびする時間も
とりかえせないのである以上

瞬間といえども軽々に徒費
すべきでなく

心として有意義に使って
活きるべきだと

厳かに自戒していただきたい。

そしてここに、時は金よりも
貴重なりという真の意義も

はっきりとわかってくると思う。

(中村天風一日一話より抜粋)


「私見」
時間をムダに使うべきでは
ないということは理解できます。
かといって、あくせくと時間を削ることも
ないと思う。
お金と時間をてんびんにかけたときに
時間の方を重視するというのは、どういう
ことかと考えてみると、例えば余裕な
お金があるとして、そのお金を使うことに
よって有意義な時間が過ごせるのにも
かかわらず、その時間を捨てて、お金の
減少を防ぐというのは、時間の方を
重視したことにならない。
また、自分を成長させるためや周りの
人を幸せにするためにお金の使い方を
考えたり経験することは、お金を貯める
ことよりも大きな財産になると思う。
スポンサーサイト
カテゴリ :天風研究 トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫