FC2ブログ

中小企業のM&A

 2008-01-09
後継者のいない中小企業の経営者は

会社を売却することも検討してみては・・・・



先日の新聞にて、次のような記事が掲載されて

いました。


中小企業を中心とするオーナー企業の後継者難が
深刻化するなか事業承継にからむM&A(企業の
合併・買収)に注目が集まっている。
創業者の間で会社を売り買いすることに抵抗感が
なくなってきたうえ、投資ファンドや仲介会社も
新たなビジネスチャンスを狙い案件の発掘を
活発化している。今年は事業承継がM&Aの
キーワードとなりそうだ。


実際のところ、会社を買いたい企業は多いようです。

しかし、売りたい企業の経営者は、その意思を、なかなか

公表しないケースが多いため、表面化していないようです。


会社を手放す経営者の気持ちを考えると、無理もないでしょう。

商品やサービスを売るのとは違い、会社を売るとなると

分からないことばかりで、不安も多いでしょう。


「いったい、うちの会社はいくらで売れるのか?」

そんな疑問もあると思います。

しかも、この手の話は、社内の人間に相談することは

出来ないでしょう。


信頼できる外部の人間に相談することも、良い方法かも

知れません。

それよりも、まず、自分で研究してみるのも良いでしょう。


一部上場企業の日本M&Aセンターのホームページで

簡易な企業評価のシュミレーションが行えます。

一度、自社が、どのくらいの金額で売れるのかという

おおざっぱな目安だけでも調べてみてはと思います。

 https://www.nihon-ma.co.jp/action/simulation/


はげみになります。下記ランキングをクリックお願いします!

       

親族内での事業承継は後継者への
株の集中と遺言の作成が重要

  http://sanwasakamoto.blog119.fc2.com/blog-entry-31.html

財務会計・税金・開業手続・法人設立手続
資金調達・その他事業に関するご相談は

三和会計事務所ホームページ

個人営業の方も法人営業の方もお気軽にご相談ください

ご相談メールは下記をクリック
 http://form1.fc2.com/form/?id=245316
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://sanwasakamoto.blog119.fc2.com/tb.php/54-66b1dba2
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫